car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ソリオのフルモデルチェンジ発売は8月26日、バンディットはヴェルファイア顔

新型ソリオはハイブリッドエンジン搭載、JC08モード燃費は27.8km/Lを達成

スズキの5人乗りコンパクトワゴン車、ソリオのフルモデルチェンジが2015年8月26日実施される見込みとなった。前回レポートでは8月23日と報告したがこれは少し修正となる。

(写真は従来型ソリオ)
ソリオ

新型ソリオはハイブリッド化されるということで話題となっている。1.2Lのデュアルジエットエンジンをベースにインテグレーテッド スターター ジェネレーター(ISG)を装備した簡易型ハイブリッドシステムが搭載される。

新型ソリオのJC08モード燃費は27.8km/Lを達成する。最近発売されたモデルで言えば同27.2km/Lのトヨタ・シエンタを上回ることになる。3列シート車のシエンタとの比較では公平とは言えないが、スズキ初の登録車ハイブリッドということで、最低限クリアしなければならない数値として意識されてきたはずだ。

(写真はトヨタ・シエンタ)
シエンタ 2015年

次期ソリオはワゴンR顔、バンディットはヴェルファイア顔

この他に新型ソリオは、超高張力鋼板の多用などにより大幅な軽量化が実施されており、正常進化を遂げている。ハイブリッド化ばかりが強調されるが、燃費性能向上効果が高いのは実はこの軽量化かもしれない。

高い室内高、後席スライドドア、後席スライドシートといったソリオの特徴的な部分は、新型でも採用される。

(写真はワゴンR)
ワゴンR S-エネチャージ

新型ソリオのエクステリアデザインは現行ワゴンR風で、癖のないシンプルなフェイスとなる。

(写真はトヨタ・ヴェルファイア)
ヴェルファイア フロントグリル

また、上級の専用エクステリアが設定されたソリオバンディットも同時デビューとなる。こちらはトヨタ・ヴェルファイアの顔に近くなる見込みで話題となりそうだ。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント