スバル新型レガシィ アウトバックがフルモデルチェンジ、日本仕様414.7万円~先行予約スタート

レガシィアウトバック

新型レガシィアウトバック、国内販売店で先行予約を開始

スバルは2021年9月2日に新型「レガシィ アウトバック」(日本仕様)を初公開し、国内のスバル販売店で先行予約を開始した。

アウトバック

新型レガシィ アウトバック

2つのグレードが用意される。車両価格は、X-BREAK EXが414万7000円、LIMITED EXが429万円となる見込み。

なお正式発表は10月に予定されており、これらの仕様と価格も正式に決定される。

アウトバックは新型6代目モデルへ、スバルグローバルプラットフォーム採用

レガシィ アウトバックは、1995年に北米市場で誕生以来、乗用車とSUVの長所を融合させたクロスオーバーSUVとしてその歴史を積み重ねてきた。
歴代モデルを通じ、どこまでも走り続けられるような安心感と快適性、荷物を効率的に積める積載性、質感の高い内装といった、クルマとしての本質的価値を磨き続けることで、乗る人の生活をさらに豊かなものにするパートナーとして信頼を築き上げ、SUBARUのフラッグシップクロスオーバーSUVとして、唯一無二のキャラクターを確立してきた。


今回の新型でも、「知的好奇心を刺激し、新たな発見を促すクロスオーバー」というコンセプトのもと、歴代モデルが培ってきた価値に最新の技術を組み合わせることで、さらなる進化を遂げている。

CB18型 1.8L直噴ボクサーターボを搭載

エンジンは、低回転域から力強いトルクを発生させる1.8L水平対向4気筒直噴ターボエンジンを採用。

またスバルグローバルプラットフォーム+フルインナーフレーム構造等による車体剛性の最適化で、動的質感と衝突安全性能は大幅に向上した。
先進安全装備では、リアルワールドにおける実用性を進化させた「新世代アイサイト」や、3D高精度地図データを採用した高度運転支援システム「アイサイトX(エックス)」を全車標準装備とすることで、新次元のストレスフリーなセイフティドライビングが実現される。

エクステリアは、スピード感のあるシルエットに、厚みを強調したボディパネルや、力強さを表現したクラッディングを組み合わせることで、一目見ただけで感じられるアクティブさとタフさが表現された。

インテリアでは、ハーマンカードンサウンドシステムや本革シート(ナッパレザー)を採用することで、フラッグシップクロスオーバーSUVとしての上質感が演出された。


さらに大型センターインフォメーションディスプレイや、フル液晶メーターで構成されたデジタルコックピットは、運転に必要な情報の認知から操作を、よりスマートにサポートする。

新型レガシィ アウトバック、北米では先行発売中

新型レガシィ アウトバックは、2019年4月にワールドプレミアを迎えた後、同年7月より米国インディアナ工場での生産がスタートし北米発売された。

アウトバック(北米2022年モデル)

アウトバック(北米2022年モデル)

一方で日本市場では、その後しばらく先代型レガシィ アウトバックの販売が継続されていたが、これも2021年1月に販売が終了しており、新型の導入が待たれる段階となっていた。

アウトバック リアコンビネーションランプ

アウトバック(北米2022年モデル)

新型アウトバック日本仕様には、CB18型 DITエンジン搭載

日本市場では、新型アウトバック北米発売から2年以上も待たされる状況になってしまった。しかし、この間にスバルはCB18型 DITエンジンの開発を完了させており、これは既にフォレスター、レヴォーグで導入済み。このCB18型エンジンが新型レガシィ アウトバック日本仕様へ搭載されることになる。

CB18型 DIT

CB18型 エンジン

ちなみに北米仕様アウトバックでは、FB25型NAとFA24型ターボが用意されるが、いずれのエンジンも日本市場では環境性能が合わず導入されないだろう。

アウトバック フロントグリル

アウトバック(北米2022年モデル)

新型アウトバックはSGP採用、ボディサイズは少しだけ拡大

プラットフォームにはSGP(スバルグローバルプラットフォーム)が導入され、ボディ骨格から大きく進化しているが、ホイールベースの値は2745mmで先代モデルと変わらず。

アウトバック ルーフレール

アウトバック(北米2022年モデル)

ボディサイズは、全長4860mm×全幅1855mm×全高1680mm。これらは先代モデルから全長+40mm、全幅+15mm、全高+20mmと拡大傾向にあるが、大型化は最小限に抑えられた印象である。

アウトバック シート

アウトバック(北米2022年モデル)

新型レガシィアウトバック日本仕様には、アイサイトXの装備が予想される

レヴォーグで導入済みのスバル最新の運転支援システム、アイサイトXは新型レガシィ アウトバックにも採用される見込み。

アウトバック インテリア

アウトバック(北米2022年モデル)

従来型アイサイトから、広角化されたVeoneer社製のステレオカメラが装備されるだろう。

アウトバック ホイール

アウトバック(北米2022年モデル)

アウトバック(北米2022年モデル)

アウトバック走行シーン

アウトバック(北米2022年モデル)

アウトバック リアシート

アウトバック(北米2022年モデル)

アウトバック スバル

アウトバック(北米2022年モデル)

アウトバック スバル

アウトバック(北米2022年モデル)

タイトルとURLをコピーしました