新型【ロッキー】マイナーチェンジいつ?2022年11月一部改良で1万円値上げ【ダイハツ最新情報】新たなOEM車種が追加されるがハイブリッドも4WDも無し

ロッキー
ROCKY  Premium ver

ROCKY Premium ver. 東京オートサロン2022

ダイハツのコンパクトSUV、ロッキーが一部改良を受けて、2022年11月1日に発売された。2021年11月にe-SMART HYBRIDを搭載するハイブリッド車をラインアップに追加してから1年が経過するタイミングとなる。法規対応と値上げが主な内容となる。

「ロッキー」一部改良、マイナーチェンジの<まとめ><新価格表>は、次のページ

rocky

また、ロッキーとほとんど同じエクステリアが与えられた姉妹車種「レックス」がOEM生産され、スバルから2022年11月11日に発売された。レックスは1.2L NAエンジン搭載の2WDモデルのみが設定される。ハイブリッドモデルや1.0Lターボ車は設定されない。

新型【レックス】スバルからコンパクトSUV発売、ダイハツ生産ロッキー/ライズOEMモデル、大きな違いはパワートレイン選択肢、e-SMART HYBRIDと4WDターボは無し
2022/11/11更新【レックス発売、スバルの新型コンパクトSUV】ダイハツ生産OEMモデル【ロッキーのエクステリアを採用】1.2Lガソリン FFのみがラインアップ、e-SMART HYBRIDの設定無し、ターボ4WDの設定無し

小型SUVロッキーに新開発e-SMARTハイブリッドシステムを搭載、ダイハツ独自開発、2021年11月

小型車を中心にラインアップを展開するダイハツであるが、大きな課題とされてきたのが電動化であった。シリーズ式ハイブリッドのe-SMART HYBRIDを新開発し、人気SUVのロッキー/ライズに搭載し発売させた。

ロッキー e-SMART HYBRID

ロッキー e-SMART HYBRID

ロッキーシリーズの月間販売目標台数は2000台で、そのうちe-SMART HYBRIDが700台を占める。生産はダイハツの滋賀工場にて行われる。

ロッキー X HEV

ロッキー X HEV

「ロッキー」一部改良、マイナーチェンジの<まとめ><新価格表>は、次のページ

 

 

ロッキーだけじゃない、e-SMART HYBRIDは他モデルにも展開、軽自動車版も予定

ダイハツがシリーズ式ハイブリッドの開発に意欲的であることは、かつてより特許出願の状況から予想がついていたが、ようやく市販車搭載として実用化に至った。また、トヨタグループの技術とノウハウが活用されたことも公式に発表されている。

さらにe-SMART HYBRIDは軽自動車へ採用拡大していくことが予告されている。今回ロッキーに採用された発電専用エンジンの排気量は1.2Lであったが、軽自動車向けの660cc未満のシステムが存在するようだ。

ロッキー e-SMART HYBRID 構造

e-SMART HYBRID

新開発のe-SMART HYBRIDは、ガソリンエンジンで発電し、その電力を使用してモーターで走行するシリーズ式ハイブリッドが採用された。他メーカーでは日産がe-POWERとして採用しているシステムと近い。

新型ロッキーのラインアップ

新型ロッキーのエンジン、駆動方式に組み合わせによるパワートレインラインナップは3種類となる。

  • 1.2L HEV e-SMART HYBRID(FF)
  • 1.2L NA ガソリン(FF)
  • 1.0L ターボ(4WD)

新型ロッキー 1.2L HEV e-SMART HYBRID(FF)

ロッキー e-SMART HYBRIDで提供される駆動方式はFFのみとなる。100%モーター駆動による走行の特徴は、レスポンスの良い加速性能と高い静粛性となる。

ロッキー PremiumG HEV インパネ

ロッキー PremiumG HEV インパネ

また環境性能も優秀で、発電と充放電を最適に制御することで、コンパクトSUVクラストップレベルの低燃費と低価格が実現された。

ロッキー PremiumG HEV シート

ロッキー PremiumG HEV シート

エンジンは発電専用に最適化し新開発された直列3気筒1.2LのWA-VEX型で、最高出力82 PS、最大トルク105 Nmのスペックとなる。

新型ロッキー 1.2L NA ガソリン(FF)

ロッキー L

ロッキー L

一方で、より低価格なガソリンエンジン車もラインアップされるが、そのFFモデルには新開発の直列3気筒 1.2L エンジンのWA-VE型が搭載され、最高出力87 PS、最大トルク113 Nmのスペック。同タイプエンジンとしては高い燃費性能が実現された。低回転時のエンジントルクが高められ、日常の走行シーンで使いやすい性能に仕上げられている。

新開発1.2L WA-VE型エンジン

新型ロッキー 1.0L ターボ(4WD)

従来の1.0Lターボエンジンは4WD車に限り、採用が継続される。

ロッキー プレミアム G

ロッキー プレミアム G

新型ロッキー e-SMART HYBRIDの便利な機能、装備

スマートペダルを装備、ブレーキ踏み込み頻度を減らす

スマートペダルとして、アクセルペダルの踏み込みの強弱による加減速機能が備わったことで、ブレーキペダルの使用頻度を減らした車速コントロールが可能となった。

スマートペダルは特に加減速を繰り返す走行パターンで、アクセルとブレーキの踏み変え頻度を下げることになり、ドライバーへの負担が軽減される。こういったアクセル操作の特徴も日産のe-POWERに近いと言えるだろう。

スマートペダルをOFFにすることで、従来車通りの運転フィールを継承した走行も可能となる。

ロッキー L リアコンビネーションランプ

ロッキー L

また、力強い発進加速を特徴とする「ノーマルモード」と燃費に優しい「エコモード」が選択可能となる。低速ではクリープ走行を残すことで、街乗りや駐車時の扱いやすさは従来のAT車が再現されている。

最新のステレオカメラを採用、スマートアシストが進化

ダイハツ車で最多となる19個の予防安全機能が搭載された。
衝突警報機能、衝突回避支援ブレーキ機能が夜間の歩行者検知に対応。標識認識機能は、最高速度と一時停止の標識認識種類が増やされた。路側逸脱警報機能、ふらつき警報機能も追加された。

電動パーキングブレーキ(オートブレーキホールド機能付)採用

電動パーキングブレーキの採用により、全車速追従機能付ACCに停車保持機能が追加された。自動運転化技術のなかでも実用性の高い機能のため、最近は注目しているユーザーも多い。

CTA(コーナリングトレースアシスト)搭載

コーナリング時に車両が外側に膨らんでいることを検知した場合、内輪にわずかな制動力を加えることで旋回方向が補正される。コーナリングを安定化させる機能が追加された。

災害時でも使える100V 1500Wの外部給電機能

停車中であればスマートフォンの充電や、万が一の時に合計1500W以下の電気製品が使える外部給電機能が搭載された。

「ロッキー」一部改良、マイナーチェンジの<まとめ><新価格表>は、次のページ

 

 

タイトルとURLをコピーしました