car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

次期ティーダの日本仕様は発売中止

新型ティーダの日本発売は無し、カタログ落ちへ

2代目ティーダが昨年2011年春の上海モーターショーで公開され、既に中国では一般発売されている。今年2012年9月頃とされてきた日本仕様の発売を楽しみにしているユーザーも多かった思うが、残念ながらこれは中止となりそうだ。

(写真は、現在開催中の北京モーターショーで展示されている新型ティーダ、中国仕様。)
ティーダ
新型ティーダ

次期ティーダはノートと車種統合される

これまで、次期ティーダの日本発売については、2012年秋でほぼ決まりと考えられ、日産では5ナンバー化の検討もされていた。しかし、これらはすべてキャンセル。結局、日本ではティーダは発売されないことになった。

(ティーダ中国仕様。内装の質感はCセグメントクラスとして見ても上出来。)
ティーダ 内装

(リアシートは2代目ティーダも広々。)
ティーダ リアシート

日産は、日本市場向けBセグメントクラスの再編をしていく中で、売上と利益率が良好なノートに重点を置くことを決定した。その結果、日本仕様のティーダはラインアップからはずれることとなった。
日産は、ジュネーブモーターショーで公開したインビテーションをベースにした車種を市販し、ノートの車名で販売する。次期ノートの発売は2012年9月の予定。

また、セダンのティーダラティオも廃止される。日産のコンパクトセダンは、シルフィに統合される。
ハッチバック、セダンともにティーダの車名は、カタログから消えることになりそうだ。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント