car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

日産ノート・メダリストの販売が好調、後期モデルのハイブリッド化に期待

日産・ノートのメダリストが予想を超える販売台数に

昨年2012年9月に日産から発売された新型ノートの受注が好調である。月販1万台ペースで売れており、ハイブリッドを除く登録車で販売台数ナンバーワンの座をキープしている。
ノート メダリスト
この新型ノートで特に注目したいのが上級グレードのメダリストである。当初日産では、全販売台数の10%程度しか売れないのではと予想していたが、実際は20%を超える台数を占めており、高級コンパクトのニーズは意外にも高いようだ。
ノート メダリスト 2012
ノート メダリスト シート

ノート・メダリストがティーダ後継車のニーズを受け持つ

元々は高級コンパクトというコンセプトで開発された車種としてティーダがあったのだが既に販売を終了している。ティーダは2011年に中国市場でフルモデルチェンジを果たしたものの日本市場への導入には至っていない。先代ティーダはマーチベースの5ナンバーハッチバック車ということで日本市場でジャストなサイズであったのだが、現行ティーダは全長、全幅ともに大型化しており日本市場でのニーズと合わなくなってしまった。さらにノートと競合する問題があり、今後も販売される見込みは少ない。
こういった事情のなか、高級志向のノート・メダリストは旧ティーダからの乗り換え需要をしっかりカバーしているようだ。
ノート メダリスト コンパクトカー
日産ノート メダリスト インテリア
さらに今後のノートについて注目すべきなのが、ハイブリッドグレードが投入される可能性があることである。日産のCOO志賀俊之氏の昨年の発言によれば、ノートハイブリッドに相当する車種の開発計画を意味するものがあった。3~4年後あたりと思われる後期モデルへのマイナーチェンジのタイミングでノートハイブリッドが登場するのではと予測する。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント