エクリプスクロスにPHEV追加、全長+140mmの大型化

エクリプスクロス

エクリプスクロスがマイナーモデルチェンジ、PHEVも追加される

三菱自動車はエクリプスクロスのマイナーモデルチェンジ版の予約受付を2020年10月15日に開始した。

2020年12月には正式発売を迎える予定で、これにはPHEVモデルが新たに加わる。

エクリプスクロス

新型エクリプスクロス

エクリプスクロスの大型化で、三菱のSUVラインナップに整合性がとれた

エクリプスクロスは海外仕様が2017年、翌2018年には国内仕様が導入されたモデルである。まだ、発売から時間が経っていない状況ではあるが、今回のマイナーモデルチェンジは、全長が140mmも延長されるという非常に大掛かりなものとなった。そしてこのことで、三菱のSUVラインナップの方向性が見えてきた。

エクリプスクロス PHEV

新型エクリプスクロス

これまで三菱のSUVラインナップは、

  • RVR 全長4365mm
  • 従来型エクリプスクロス 全長4405mm
  • アウトランダー 全長4695mm

という関係性であった。

RVRと従来型エクリプスクロスのボディサイズが近く、この2モデルを同時ラインナップさせる必要性については、2018年のエクリプスクロス発売当初からの疑問でもあった。

RVRについては2010年発売のモデルであり、販売期間9年が経過するタイミングでマイナーモデルチェンジを受けて、大幅なフェイスリフトが実施された。相当古いモデルながらも、あと数年は現行型RVRの販売を継続させるつもりなのだろう。

RVR 三菱

RVR

エクリプスクロスの大型化により、RVRとの差別化が成された

そんななか、今回の外形だけでなく中身もストレッチされた新型エクリプスクロスが登場したというわけである。

  • RVR 全長4365mm
  • 新型エクリプスクロス 全長4545mm
  • アウトランダー 全長4695mm

これによりRVR、エクリプスクロスの役割分担、存在意義がはっきりとした。

RVRはCセグメントSUVクラスど真ん中で、トヨタ・C-HR、マツダ・CX-30らと直接対抗するモデルである。新型エクリプスクロスは、いわゆる北米向け中型SUVよばれるカテゴリで、トヨタ・RAV4、ホンダ・CR-Vがライバルとなる。

トヨタ新型RAV4

トヨタ RAV4

アウトランダーはフルモデルチェンジが近い

一方で、エクリプスクロスとアウトランダーとの間のサイズ差が縮まってしまったが、アウトランダーはフルモデルチェンジが迫っており、これは大型化するのではと考える。というのも三菱のフラグシップ、パジェロが国内向けには販売を終了させているものの後継モデル導入時期が定かではない。エクリプスクロスの大型化に倣うだけでなく、パジェロの空白を補完するためにも、次期アウトランダーが大型化される可能性はある。

アウトランダー PHEV

アウトランダーPHEV

エクリプスクロスに新たに導入される2.4L PHEV

新型エクリプスクロスに追加されるPHEVは特に注目度が高い。2.4Lエンジン、フロント1+リア1の2モーターシステムで、アウトランダーPHEVのシステムをエクリプスクロス向けに最適化したものとなる。エクリプスクロスはアウトランダーよりも小さな車体ではあるが、実際の重量差はほぼ変わらずということで、燃費性能や航続距離に大差は無い仕上がりになる。

新型エクリプスクロス インテリア

新型エクリプスクロス

全長+140mmの延長は、中身も大きくなっている

全長が140mmも延長される新型エクリプスクロスであるが、これはバンパーなどエクステリア変更だけによる大型化ではない。フロントは+35mm伸ばされるが、2.4L PHEV搭載に対応したエンジンルームにするためにも必要であった。ちなみに、通常ガソリン車も同様の変更を受けている。

リアは+105mmの延長で、これはラゲッジスペースの拡大が含まれる。

エクステリアはダイナミックシールドの最新型デザインを採用

エクステリアを見てみる。フロントはダイナミックシールドの最新型で、デリカD5調のフロントグリルが導入された。ヘッドランプはシャープになり、前述の通りエンジンルームが伸ばされているのでボンネットパネルも新デザインである。

エクリプスクロス リアコンビネーションランプ

新型エクリプスクロス

リアウィンドウは、従来型は上下分割型の2枚ガラスのデザインであったが、新型では一般的な1枚ガラスとなった。2枚ガラスはエクリプスクロスの特徴的なエクステリアの一つであった。これが無くなったことでリアビューの印象が弱くなりそうであるが、リアコンビネーションランプの三方に伸びるシャープなラインが強くなり、より現代的な主張になった。

車両価格は消費税込みで、PHEVモデルが約385万円~約450万円、ガソリンモデルが約255万円~約335万円と発表されている。

タイトルとURLをコピーしました