car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

新型MAZDA 3 動画、東京オートサロン2019公開のアクセラ後継モデル

新型マツダ3を国内公開、セダンと5ドアハッチバック

マツダは新型MAZDA 3を東京オートサロン2019で公開した。アクセラの後継モデルにあたるが、本モデルから国内向け車名をMAZDA 3とし、グローバル共通ネームが採用される。

マツダ3 セダン

新型MAZDA 3は、昨年のLAオートショー2018でワールドプレミアとなっていた。今回は国内のショーデビューということで、多くのファンにその完成車体が披露された。5ドアハッチバックと4ドアセダンの両モデルがステージ上に置かれた。

マツダ3 セダン フロントグリル マツダ3 セダン 東京オートサロン2019

MAZDA 3のエクステリアはキャラクターラインが無い

新型MAZDA 3は、曲面パネルによって表現されたエクステリアが特徴となる。

搭載されるエンジンはSKYACTIV-X、SKYACTIV-Gが1.5L 2.0L 2.5L、SKYACTIV-Dが1.8Lの全5タイプがラインアップされる。SKYACTIV-Xは火花点火制御圧縮着火とマイルドハイブリッド技術を採用した新開発の2.0Lガソリンエンジンとなる。

2019年内の発売が見込まれ、日本市場向けは春頃のデリバリーが予測される。

マツダ3 リアコンビネーションランプ マツダ3 5ドアハッチバック

さらに、発売を前に早くもカスタマイズモデルとしてMAZDA 3 CUSTOM STYLEが出品された。こちらは北米仕様をベースとした左ハンドル車で、車内が公開されており、いち早くMAZDA 3の車内に乗り込むことができる。一応、オートサロンのカスタマイズカーショーという方向性に配慮したのか、簡単なカスタマイズが施されているが、内部はほとんど市販型である。こちらのインテリア映像も動画の編集が出来次第、追って紹介したい。

#1 匿名さん2019/01/13(Sun)22:50:30ID:RiNjlmMzjO
セダンがすごくロングノーズに見える
まぁこうでもしないとエンジン補機類が収まらないんだろうけど
#2 匿名さん2019/01/14(Mon)11:35:13ID:M4N2U2NzWZ
ハッチバックの後ろ、丸っ!!
#3 匿名さん2019/01/14(Mon)14:25:59ID:QwYWRhZmzZ
欧州Cセグメント市場において、欧州勢と闘える真の日本車が登場したって感じ!
デザインと「SKYACTIV-X」を実用化した熱意は◎
実際の走りは・・・今後に期待!
#4 匿名さん2019/01/14(Mon)15:35:34ID:hkMzA1YT2O
マツダでもセダンのデザインはいまいちだなぁ。ハッチバックが本命かと
#5 匿名さん2019/01/14(Mon)16:18:20ID:RjMzllNzzN
作る側はセダンを性能でみてほしいんだろうけどステータスシンボル的な扱いになってるからなぁ。日本じゃ人気でないよな。
ハッチバックはさらオシャレな外観になってて良いね。黒かグレー系なら更に渋くなる。
#6 匿名さん2019/01/14(Mon)16:57:39ID:I2YzgxZmWN
以前から思っていたんだが、このフロントマスクは笑うセールスマンのイメージなんだけど、メーカーやディーラーの人はそう感じないのかな?
#7 匿名さん2019/01/14(Mon)18:30:50ID:E2OGM5MjjM
セダンのトランク部分の寸詰まり感が残念。もっと伸ばせないの?
#8 匿名さん2019/01/14(Mon)19:52:33ID:AyN2VjZjTY
内装の質感が完全にプレミアムメーカーだよね、後席のドアトリムまでソフトパッドふんだんに使ってある。マツダの価格帯、生産規模でここまで物量投入できるのはなぜなんだろ?魅せ方上手いだけなのか現行にないような上級グレードなのかな?
#9 匿名さん2019/01/20(Sun)11:43:26ID:UyNWQ1OTTY
マツダは統一規格化してるから、特にドア部には車種間で同じものを使えるからじゃないか、と予想してみる。
それぞれの車種に全く違うドアトリムを設計するのではなく、全車種が同じかそれに近くなるようにして、パーツひとつの単価を下げている、的な?

名前(任意)
コメント