car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

新型MAZDA3、正式発表遅れるが予約受付は実施中、プレミアム化で価格上昇

MAZDA3は現行アクセラ比で車両価格アップ、マツダの高級化路線

マツダのCセグメント、アクセラの後継となるMAZDA3が予約受付中。実質的な国内セールスが始まっている。正式発売日は2019年5月24日が予想される。

発売時に先行して納車スタートとなるのが、SKYACTIV-G 1.5Lのハッチバックとなる。
次に、8月ごろにSKYACTIV-G 2.0LとSKYACTIV-D 1.8Lのハッチバックとセダン。
そして10月頃、SKYACTIV-X 2.0Lの発売が予想される。

マツダ3 リアコンビネーションランプ

まだ正式発表がされていない。想定価格では約218万円がエントリーとなり、現行アクセラ約182万円~との比較では、価格上昇幅は大きく感じる。

新型MAZDA3のパワートレイン、トランスミッション、駆動方式

新型MAZDA3のトランスミッションと駆動方式は、FFとAWD、6速ATと6速MTが用意される。
ただし、SKYACTIV-G 1.5LはAWDの6速MTの設定は無し。
SKYACTIV-G 2.0LはFFの6速ATのみ。
SKYACTIV-D 1.8Lは6速ATのみと、選択肢に制限がある。
SKYACTIV-Xのみ、すべての組み合わせが準備される。

マツダ3 セダン 東京オートサロン2019

ボディサイズについては、全長は欧州Cセグメントクラスの上限あたりとなる。

セダン     全長4662mm×全幅1797mm×全高1445mm
ハッチバック  全長4459mm×全幅1797mm×全高1440mm
ホイールベース 2725mm

これだけのエクステリアのデザイン性を出しながらも全幅は1.8m未満に抑えてあるというのは、メリットの一つとして挙げてもいいのではないだろうか。

ホイールベースは現行アクセラ比で+25mm。
クロスオーバーとの比較では、CX-30どころかCX-5よりも大きい。
さらに低重心のセダンとハッチバックということなので、直進安定性は期待できそう。

#1 匿名さん2019/04/21(Sun)16:17:31ID:IwMDMxMTWZ
想定218万~か
ハッチバック最安グレードの価格想定だろうから、1.5naの量販グレードは230万か
#2 匿名さん2019/04/21(Sun)18:28:40ID:hiMjU3NTWM
後方の視界がとても悪そう。あまりにもスタイル優先か?
#3 匿名さん2019/04/21(Sun)20:07:32ID:gzYjE0YTTO
プレスラインを入れたい
#4 匿名さん2019/04/21(Sun)20:09:48ID:E5NDQ0MjzY
のっぺりしたハッチバックのリアサイドが気になるが、その内に見慣れてしまうんだろうな。
#5 匿名さん2019/04/22(Mon)17:56:12ID:g3NDAzZTGZ
Cピラーからホイールハウスにかけてのモッサリ感
#6 匿名さん2019/04/22(Mon)19:03:19ID:U5MjM1Y2mM
欧州車のような美しさ。
いや、欧州車を上回る美しさと言うべきか。
レクサスLCと双璧をなす、日本車デザインの白眉とも言える圧倒的な造形美!日本車にこんなデザインをまとった車が出るなんて!
#7 匿名さん2019/04/23(Tue)23:39:26ID:Q0NTQ4Y22Y
ライトで調整できる写真写りはいいけど自然光下では微妙

名前(任意)
コメント

過去記事(2019/03/18)

MAZDA3予約スタート、正式発売の6月頃、SKYACTIV-G 1.5が先行

MAZDA 3 エントリー価格はSKYACTIV-G 15S ハッチバック 218万1000円から

マツダ・アクセラ後継、MAZDA3の話題。まずは、ジュネーブモーターショーの動画からどうぞ。欧州市場では日本より一足先に発売されており、ハッチバックとセダンが複数台出品された。

(動画は新型MAZDA3、ジュネーブモーターショー2019)

そして、日本市場向けには、見積もり&予約受付が始まり、実質的な販売活動がスタートしている。正式発売は6月で、この頃に5ドアハッチバックのSKYACTIV-G 1.5L搭載モデルから納車開始となる見込み。続いて、SKYACTIV-G 2.0LとSKYACTIV-D 1.8Lはハッチバック&セダンが8月頃に姿を現すことになるだろう。

グレード15Sが218万1000円でエントリー価格となる見込み。
ほか、
SKYACTIV-G 2.0が、20Sプロアクティブの247万円~、
SKYACTIV-D 1.8が、1.8XDプロアクティブの274万円~、
SKYACTIV-Xが、Xプロアクティブの314万円~、
といった価格設定が予定されている。

マツダ3

SKYACTIV-Xは遅れる、今秋CX-30と同時デビューの可能性も

トップグレードにポジショニングされる2.0LのSKYACTIV-X搭載グレードは2019年の秋から終盤にかけて発売されることが予想される。

(動画は新型CX-30発表)

次世代ガソリンエンジン技術の火花点火制御圧縮着火と、マイルドハイブリッドを組み合わせたシステムとなり、環境性能、出力パフォーマンスともに期待される。SKYACTIV-Xは、新型クロスオーバーのCX-30にも搭載されることが発表されており、MAZDA3 SKYACTIV-Xとの同時発売となる可能性がある。

過去記事(2019/02/04)

新型MAZDA3は質素なインテリアの低価格モデルもあり、海外仕様価格

マツダ・アクセラ後継MAZDA3は現行価格帯維持の可能性

MAZDA3が東京オートサロン2019で日本初公開となったが、グローバルでは先行して販売準備が進められている。既にいくらかの市場では車両価格が公開されており、特にカナダ仕様は1万8000CADカナダドル(日本円換算約151万円)がエントリー価格となった。

(動画は新型MAZDA3)

日本円換算すると割安に感じるが、現地の従来型2018年モデルとの比較では、新型もほぼ変わらない価格水準となる。

マツダ3 リアコンビネーションランプ

マツダ3ハッチバックはセダンより高額になるだろう

MAZDA3カナダ仕様はセダンが1万8000~3万0400CAD、ハッチバックが2万1300~3万1400CADに価格設定され、ハッチバックの方が高くなった。ハッチバックのリアのデザインは生産現場で苦労があったとしていたから、これが価格にも反映されたのかもしれない。

マツダ3 セダン

グレードはGX、GS、GTの3構成で後方ほど上位となる。カナダ仕様では、GXとGSの一部はSKYACTIV-G 2.0、GSの多くとGTはSKYACTIV-G 2.5を搭載する。

マツダ3 インテリア

東京オートサロンで車内公開されたモデルは、レザー張りのプレミアムなインテリアが話題であった。これは2万8700CADから設定されるGT Premium Packageに相当するだろう。この価格から、さらにレザーシートが追加オプションとなることが予想される。

このほか、GS Luxury Packageではステアリング、シフトノブなど部分的にレザー仕様としたものも用意される。

過去記事(2019/01/21)

MAZDA3から大きく変わるマツダの内装、プレミアムブランド狙う

MAZDA3のインテリアがハイクオリティ、東京オートサロン2019動画

マツダは2019年から「新世代商品」をスタートさせる。その第一弾として、東京オートサロン2019で一般公開された新型MAZDA3が話題となっている。

(動画は新型MAZDA3)

MAZDA3は従来型アクセラシリーズを後継するモデルとなる。マツダブースのステージには5ドアハッチバック、セダンが置かれ、さらにフロアにはALL-NEW MAZDA3 CUSTOM STYLEとして、ドアロックが解錠された車体が出品された。室内の様子をまだ見てないという方は、是非とも映像でご覧いただきたい。

MAZDA3 シート マツダ3 リアシート

中に乗り込んだ多くのファンが驚いたのは、その質感の高さである。プレミアムセグメント車と感じさせるクルマなのである。

MAZDA3 BOSEサウンド

インテリアの質感はレクサスのエントリーモデル、UXあたりは超えている印象で、MAZDA3の車両価格がいくらに設定されるのかが気になった。

MAZDA3のエンジンラインアップは、SKYACTIV-Gが1.5L、2.0L、2.5L。SKYACTIV-Dが新開発の1.8L。そしてHCCI&マイルドハイブリッドのSKYACTIV-Xの2.0Lがグローバルで設定される。エントリーとなるSKYACTIV-G 1.5Lは、おそらく日本仕様にも用意されるはず。そのファブリックシート仕様が従来型アクセラから多少値上げの190万円程度に収まれば、かなりの商品力となりそう。売れ筋は、やはりSKYACTIV-XやSKYACTIV-Dといった上級パワートレインになるだろうか。

MAZDA3 シフトレバー ポリメタルグレーメタリック

エクステリアの新色ポリメタルグレーメタリックも人気となりそう。ただし、内装はショーモデルのようなレッド系ではなく、ブラック系との組み合わせのほうが似合うのではないかと思った。

マツダ3 5ドアハッチバック

新型MAZDA3のエクステリアおよびインテリアの方向性やクオリティは、今後マツダの多くのモデルにおいても水平展開されることになる。

過去記事(2019/01/13)

新型MAZDA 3 動画、東京オートサロン2019公開のアクセラ後継モデル

新型マツダ3を国内公開、セダンと5ドアハッチバック

マツダは新型MAZDA 3を東京オートサロン2019で公開した。アクセラの後継モデルにあたるが、本モデルから国内向け車名をMAZDA 3とし、グローバル共通ネームが採用される。

マツダ3 セダン

新型MAZDA 3は、昨年のLAオートショー2018でワールドプレミアとなっていた。今回は国内のショーデビューということで、多くのファンにその完成車体が披露された。5ドアハッチバックと4ドアセダンの両モデルがステージ上に置かれた。

マツダ3 セダン フロントグリル マツダ3 セダン 東京オートサロン2019

MAZDA 3のエクステリアはキャラクターラインが無い

新型MAZDA 3は、曲面パネルによって表現されたエクステリアが特徴となる。

搭載されるエンジンはSKYACTIV-X、SKYACTIV-Gが1.5L 2.0L 2.5L、SKYACTIV-Dが1.8Lの全5タイプがラインアップされる。SKYACTIV-Xは火花点火制御圧縮着火とマイルドハイブリッド技術を採用した新開発の2.0Lガソリンエンジンとなる。

2019年内の発売が見込まれ、日本市場向けは春頃のデリバリーが予測される。

マツダ3 リアコンビネーションランプ マツダ3 5ドアハッチバック

さらに、発売を前に早くもカスタマイズモデルとしてMAZDA 3 CUSTOM STYLEが出品された。こちらは北米仕様をベースとした左ハンドル車で、車内が公開されており、いち早くMAZDA 3の車内に乗り込むことができる。一応、オートサロンのカスタマイズカーショーという方向性に配慮したのか、簡単なカスタマイズが施されているが、内部はほとんど市販型である。こちらのインテリア映像も動画の編集が出来次第、追って紹介したい。