car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

MAZDA3から大きく変わるマツダの内装、プレミアムブランド狙う

MAZDA3のインテリアがハイクオリティ、東京オートサロン2019動画

マツダは2019年から「新世代商品」をスタートさせる。その第一弾として、東京オートサロン2019で一般公開された新型MAZDA3が話題となっている。

(動画は新型MAZDA3)

MAZDA3は従来型アクセラシリーズを後継するモデルとなる。マツダブースのステージには5ドアハッチバック、セダンが置かれ、さらにフロアにはALL-NEW MAZDA3 CUSTOM STYLEとして、ドアロックが解錠された車体が出品された。室内の様子をまだ見てないという方は、是非とも映像でご覧いただきたい。

MAZDA3 シート マツダ3 リアシート

中に乗り込んだ多くのファンが驚いたのは、その質感の高さである。プレミアムセグメント車と感じさせるクルマなのである。

MAZDA3 BOSEサウンド

インテリアの質感はレクサスのエントリーモデル、UXあたりは超えている印象で、MAZDA3の車両価格がいくらに設定されるのかが気になった。

MAZDA3のエンジンラインアップは、SKYACTIV-Gが1.5L、2.0L、2.5L。SKYACTIV-Dが新開発の1.8L。そしてHCCI&マイルドハイブリッドのSKYACTIV-Xの2.0Lがグローバルで設定される。エントリーとなるSKYACTIV-G 1.5Lは、おそらく日本仕様にも用意されるはず。そのファブリックシート仕様が従来型アクセラから多少値上げの190万円程度に収まれば、かなりの商品力となりそう。売れ筋は、やはりSKYACTIV-XやSKYACTIV-Dといった上級パワートレインになるだろうか。

MAZDA3 シフトレバー ポリメタルグレーメタリック

エクステリアの新色ポリメタルグレーメタリックも人気となりそう。ただし、内装はショーモデルのようなレッド系ではなく、ブラック系との組み合わせのほうが似合うのではないかと思った。

マツダ3 5ドアハッチバック

新型MAZDA3のエクステリアおよびインテリアの方向性やクオリティは、今後マツダの多くのモデルにおいても水平展開されることになる。

#1 匿名さん2019/01/22(Tue)06:08:06ID:NmZGU5YT2M
私はレクサスオーナーですが、確かに内装の質感は写真で見る限りUXを超えていますし、私が所有しているNXにも匹敵するのではないかと思います。

マツダがこれだけ頑張ってくればレクサスもうかうかしてはおれないでしょうし、お互いに磨き合って良い車を造っていってもらえればと思います。
#2 匿名さん2019/01/22(Tue)11:59:41ID:liMDQ0OTGY
かなり価格上がりそう。あとマツコネな時点で無理
#3 匿名さん2019/01/22(Tue)13:31:41ID:Q5OGIwZGzO
マツダがプレミアムブランド狙うってw
いくらマツダの内装が良くても値段が同じならレクサス買うよね
あくまで「お値段以上 ○○○」っていう隙間セグメント狙うしかない

ただモノづくりで割安なモノなんて無い
安ければ見えない所がそれなり(でなきゃ儲からない)
#4 匿名さん2019/01/22(Tue)15:43:45ID:I3ZDIzMTzN
車名の命名法
CM、ウェブサイト、カタログでの統一したイメージづくり
内外装のデザインと質感
ディーゼル車中心のラインアップetc.・・・
マツダはレクサスと並んで、日本車の中で最も欧州プレミアムブランドに近いクルマ造りを推進中!
アンチの声など気にするな!
日本で売れなくても気にするな!
やっちまえ!マツダ!
#5 匿名さん2019/01/22(Tue)21:21:19ID:M1NmU0NTWM
内装のテーマに統一感があって好感が持てるな!ただメーター類がゴチャゴチャしていて…残念だな。
MZ-3でも良いんでは?某社長みたいだけどww
#6 匿名さん2019/01/23(Wed)06:15:54ID:c4OTk3Nj2N
価格次第。
相応に高くなったら意味が無い。
#7 匿名さん2019/01/23(Wed)13:32:05ID:U0MmQyNmGY
ステアリング中央のデザインが残念過ぎ
#8 匿名さん2019/01/23(Wed)15:27:39ID:ExYjkwNWzN
デミオ消えないとプレミアムブランドにはなれないように思える。
CX-3とかSUVならまだしも、コンパクトカーでプレミアムとか
言われてもなあ。
車種を厳選しないと無理なんじゃ?
CX-3もデミオをベースに・・・とか言われるとイメージする値段も
それに引きずられる。

トヨタとレクサスみたいにブランドを分離したほうが戦略として良いような。あ、そうするとマツダが消滅にww
#9 勇介2019/01/23(Wed)17:44:49ID:U5ZDZkY2DN
かっこええです!
#10 匿名さん2019/01/23(Wed)19:11:06ID:g3YjlhMzjN
♯8みたいな人(失礼!)が存在するため、車名変更は必須条件。
デミオもいずれ「マツダ2」に変わるので無問題。
Bセグ車があるとプレミアムじゃない?
アウディにA1/S1、Q2がありますが何か?
ミニは全車がBセグの「コンパクトカー」(笑)ですが、自他ともにプレミアムブランドと認識されていますけど、何か?
#11 匿名さん2019/01/24(Thu)00:46:59ID:VlZjhlOWjZ
車種名変わって今まで売ってた値段より急激に上げられても
マツダの名称でイメージついてるからプレミアム路線は難しい
アウディ、ミニはそれなりに価格帯が確立されてたブランドが
出しているのイメージ。逆は難しいと思うけどな。
#10のように『何か?』とかトゲがある書きかただなあ。
自分の意見と違うから腹立つという気持ちはわからなくもないが
突っかかりすぎ。
反対意見を排除したい方向の意思表示は良くないと思うのね。
普通に意見交換したいだけどなぁ。
#12 匿名さん2019/01/24(Thu)01:59:01ID:JjY2I4NWmO
マツダ=「プレミアム」ってイメージに疑念を抱く人はまだまだ沢山いると思う。でも、マツダの自社開発で最も安価なデミオでも、現行モデルはプレミアムの道を歩んでいる、と感じる。
販売台数的には競合にやや劣っていても決して安売りグレードを出してこない。特別仕様車は、他社のようにお買い得感を訴求せず、専用内装色&本革インテリアの採用で、かえって高めの価格設定にしたりする。
こうした地道な取り組みが、将来のマツダのプレミアムブランド化につながっていく、と信じてる。
#13 匿名さん2019/01/24(Thu)13:32:56ID:lkMjlmYzTY
#12
キモっ
マツダがプレミアムなんてあんた以外思ってないよ
デミオも現行になって販売数は落ちてる
販売台数が競合に「やや劣ってる」?
半分以下なのにしれっと嘘をつく

2018年販売台数
デミオ:48,182
ノート:136,324
フィット:90,720
ヴィッツ:87,299
#14 匿名さん2019/01/24(Thu)14:31:48ID:NjZDE0NmzZ
プレミアム目指す前に1.5D&2.2D全車リコール
#15 匿名さん2019/01/24(Thu)17:59:00ID:M3MTlhZTmY
13
ヒマな奴w

名前(任意)
コメント

過去記事(2019/01/13)

新型MAZDA 3 動画、東京オートサロン2019公開のアクセラ後継モデル

新型マツダ3を国内公開、セダンと5ドアハッチバック

マツダは新型MAZDA 3を東京オートサロン2019で公開した。アクセラの後継モデルにあたるが、本モデルから国内向け車名をMAZDA 3とし、グローバル共通ネームが採用される。

マツダ3 セダン

新型MAZDA 3は、昨年のLAオートショー2018でワールドプレミアとなっていた。今回は国内のショーデビューということで、多くのファンにその完成車体が披露された。5ドアハッチバックと4ドアセダンの両モデルがステージ上に置かれた。

マツダ3 セダン フロントグリル マツダ3 セダン 東京オートサロン2019

MAZDA 3のエクステリアはキャラクターラインが無い

新型MAZDA 3は、曲面パネルによって表現されたエクステリアが特徴となる。

搭載されるエンジンはSKYACTIV-X、SKYACTIV-Gが1.5L 2.0L 2.5L、SKYACTIV-Dが1.8Lの全5タイプがラインアップされる。SKYACTIV-Xは火花点火制御圧縮着火とマイルドハイブリッド技術を採用した新開発の2.0Lガソリンエンジンとなる。

2019年内の発売が見込まれ、日本市場向けは春頃のデリバリーが予測される。

マツダ3 リアコンビネーションランプ マツダ3 5ドアハッチバック

さらに、発売を前に早くもカスタマイズモデルとしてMAZDA 3 CUSTOM STYLEが出品された。こちらは北米仕様をベースとした左ハンドル車で、車内が公開されており、いち早くMAZDA 3の車内に乗り込むことができる。一応、オートサロンのカスタマイズカーショーという方向性に配慮したのか、簡単なカスタマイズが施されているが、内部はほとんど市販型である。こちらのインテリア映像も動画の編集が出来次第、追って紹介したい。