car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

CX-8

新型CX-8にマツダ版アラウンドビューモニタが搭載、2017年内発売

投稿日:

マツダCX-8が年内発売、10月東京モーターショーの車体公開に期待

マツダでは、開発中の3列シートクロスオーバーSUVのCX-8が完成間近となっており、その2017年内の発売計画についても発表があった。これには新開発の全方位モニタが装備される予定となっている。

(写真は新型CX-8)
CX-8

マツダi-ACTIVSENSEに全方位モニタ機能が追加、CX-8とアクセラで先行導入

近年、燃費性能に加えて、車両購入時に注目されるのが安全運転支援システムである。マツダでもi-ACTIVSENSEとして、クルーズコントロールやプリクラッシュセーフティなどの機能が提供されてきたが、これに全方位モニタ機能が追加される。アクセラと新型CX-8で先行して採用される予定となっている。

CX-8 インテリア

全方位モニタは日産のアラウンドビューモニター、トヨタのパノラミックビューモニター、ホンダのマルチビューカメラシステムなどメーカ各社が採用済みであり、マツダもようやくこれらに追従することになる。

(写真はSKYACTIV-D 2.2)
スカイアクティブ-D 2.2L

新型CX-8に搭載されるエンジンはSKYACTIV-D 2.2、トランスミッションは6速ATとなるのはこれまで報告してきた通り。ただし、今後の展開としてはガソリンエンジンモデルの追加ラインアップも考えられる。

(写真はSKYACTIV-G 2.5T)
スカイアクティブG 2.5T

マツダは、海外向けCX-9で搭載中の2.5L 直噴ガソリンターボエンジン、SKYACTIV-G 2.5Tの採用車種拡大を公言している。CX-9とボディサイズが近くなる新型CX-8がその対象になる可能性は十分にあるだろう。

新型CX-8、まずは10月開催の東京モーターショーでの完成車両公開が期待される。

#1 匿名くん2017/08/23(Wed)12:07:27
大中小とどれも同じデザインのSUV作って 全く魅力がない。
コンセプトが馬鹿の一つ覚え。
#2 匿名さん2017/08/24(Thu)09:45:33
いまどきどこも統一デザイン
#3 匿名さん2017/08/24(Thu)14:49:05
マツダは統一じゃなく固執。しかし、宣伝が非常にうまい

スカイアクティブ初採用で注目されまくったデミオは実燃費がカタログの半分以下の上に圧縮比上げすぎでレスポンス最悪だったが
どちらも常にやり玉に挙げられるのはホンダやトヨタのHVだけ。うまい宣伝による洗脳の賜物

ディーゼルに至っては、先進技術の様に宣伝し、実際触媒使わないシステムは他類なかったが
そのせいで一回エンジンかけると最低30分は走り続けないとカス溜まりでパフォーマンス低下が著しく
たった数年でエンジン不調まで出るという、日常使用を全く無視した開発の独り善がりディーゼルと判明
CX-5を始めとして出てほんの数年なのに不具合でた個体が次から次へ溢れんばかり。メーカーも短距離使用するなという常軌を逸した注意喚起する事態

今回のアラウンドビューも日産が10年前に実現してるものと実益は大差ないが、宣伝で先進に見え、盲目に買い漁るだろう
#4 匿名さん2017/08/24(Thu)15:51:04
そう、さもディーゼルを革新的技術みたいに言ってるけどただ単に売り方が上手いだけなんさよなぁ
#5 匿名さん2017/08/24(Thu)21:14:43
いやスカイアクティブDは革新的技術だろ
そこは認めてやれよ誰もやらなかったんだから
ただ欠陥品なのが最大の問題
#6 匿名さん2017/08/26(Sat)08:06:35
ここのコメントはまともな視点で驚いた
それだけ偏向してない場が数少ないってことだが……
#7 匿名さん2017/08/27(Sun)03:56:53
試作車を市販すべきではない
#8 匿名さん2017/09/19(Tue)17:09:30

名前(任意)
コメント