car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

マツダ新型CX-8、インテリア エクステリア写真、3列目シートは狭い

新型CX-8が12月発売予定、マツダ国内向け最大のクロスオーバーSUV

マツダのCX-8が2017年12月に正式発売される見込み。既にプロモーション活動がスタートしている。

(写真はマツダ新型CX-8)
CX-8

新型CX-8のパワートレインは2.2LディーゼルのSKYACTIV-Dと6速ATの組み合わせのみが用意される。ボディサイズは全長4900mm×全幅1840mm×全高1730mm、ホイールベースは2930mm。マツダの海外向けラインアップでは、3列シートSUVとしてCX-9もあるが、これより一回り小さい。CX-8の全長と全幅はアルファード/ヴェルファイアとほぼ同じとなっており、日本市場で販売するにあたってこれらを相当意識してボディサイズを調整してきたことが想像できる。

CX-8 マツダ CX-8 リアコンビネーションランプ

インテリアはシンプルで高級感こそ控えめだが欧州車風で安っぽさはない。空間的広さの中にあるシートのホールド感が心地よい。

CX-8 インテリア CX-8 コンパネ

センターコンソールも余裕の大きさ。乗客同士の距離は大きく取られ、多人数乗車時の息苦しさを感じることも少なそうだ。

CX-8 シート CX-8 二列目シート

今回の車両は、2列目キャプテンシート採用の6人乗り仕様である。2列目ベンチシート採用の7人乗り仕様もラインアップされている。

CX-8は大型ミニバンからの乗り換えユーザーを獲得できるか、3列目シートは妥協が必要

Lクラスミニバン並の大型ボディながらも広いキャビンスペースを取りづらいクロスオーバーSUVのため、3列目シートは妥協が必要である。身長170cmの著者が腰掛けるとどうなるか。膝と腰のサポート感を得るため深く腰掛けようとすると、頭が完全にルーフに当ってしまい、首をくの字にしなければならない。頭を納めるには、膝を立て骨盤を倒した姿勢となってしまい、長時間の乗車には耐えれそうにない。

CX-8 三列目シート CX-8 マフラー

ただし、小柄な乗客であれば、シートの質感、クッション性は3列目シートとしてはしっかりしており好印象である。ホイールハウスを利用したドリンクホルダー付きの大型アームレストも使い勝手が良さそうで快適な旅が想像できる。

CX-8 トランク CX-8 シートアレンジ

3列目シートを倒せばほぼフルフラットの荷室となり、これを常用とするユーザーも多くなりそうだ。

#31 匿名さん2017/10/18(Wed)12:48:49
6人乗りだと・・・

ジェイドのことも思い出してあげてください・・・

車格が違うか。
#32 匿名さん2017/10/18(Wed)12:58:36
28、30さん

27、29です
こちらこそいろいろありがとうです

ホンダCR-Vの国内復活は知らなかった
ありがとうございます
昔のホンダCR-Vも良かったなあ

ほんとそうですよねサイズアップと価格アップは勘弁してほしいけど
28、30さんの言うように、そうなってしまうでしょうね

発売近くなれば詳細な情報出てくると思うので、
あまり期待せずに待ちます
#33 ♯282017/10/18(Wed)13:03:14
♯32さん

ホンダのサイトより
東京モーターショー参考出品(市販予定モデル)
http://www.honda.co.jp/motorshow/2017/detail/006/

来年のいつ出るかは現時点で未定
#34 匿名さん2017/10/18(Wed)13:11:13
♯31
忘れてないよ
でもジェイドは「ミニバン」にカテゴライズされてるから
CX-8とはちと違うかな
http://www.honda.co.jp/auto-lineup/

CX-8:3列シート 6/7人乗のSUV
ジェイド:3列シート 6人乗のミニバン(リアドアはヒンジ式)

おっしゃる通り、車格もサイズも違いますね
#35 匿名さん2017/10/18(Wed)15:06:39
33さん

32

ありがとうございます
了解しました
チェックします
#36 匿名さん2017/10/18(Wed)17:16:04
『ミニバンが多くて立腹するのは勝手だが、人のコメントに絡むな!』
↑↑↑
『人のコメントに絡むな!』ですよね
一部投稿者に頭おかしいのがいますね

輩コメ邪魔削除希望退場要請
#37 匿名さん2017/10/18(Wed)17:40:28
また出没!!

♯36=『荒らし』
#38 匿名さん2017/10/18(Wed)21:11:12
自分だけかもしれんが、3列シートよりもスライドドアが便利だったりする。
車高高い車は、新車時はまだいいが、ちょっとへたると揺れが苦手。
セダンとかハッチバックのスライドドアってなんで無いんだろ。
#39 匿名さん2017/10/18(Wed)21:39:26
♯38さん

>セダンとかハッチバックのスライドドアってなんで無いんだろ。

答え
①デザイン的にスライドレールを設置する場所がないから(セダン)
②市場にそのようなニーズがないから(セダン/ハッチバックともに)

そもそも、仮にセダンとスライドドアを採用できた場合、
ドアが開いた際、相当不格好に感じるが、いかがだろうか?

なお、トヨタポルテ/スペイドは左側が大開口スライドドア
を採用しています。
#40 匿名さん2017/10/18(Wed)21:47:37
今のマツダデザインも良いが個人的に
MPVとプレマシーの復活を期待してます。
CXシリーズ以外にも力を入れて欲しいな!
#41 匿名さん2017/10/18(Wed)21:51:10
♯38さん
スライドドアをこよなく愛するのは日本人だけだそうです。
欧米では「商用車を連想する」ため「ダサい」のだそうです。
下記記事はあくまでも参考です。(ダサいの記事)
http://autoc-one.jp/mazda/cx-5/special-3388388/

ドア開口部が大きいためボディ剛性も低くなり、操縦性・乗り心地は悪化。
バン的なイメージで生活臭も感じる。
スライドドアは、利便性と引き換えに様々な弱点が存在します。

スライドドア・ミニバンは日本固有の文化であることを
知っておく必要があると考えます。
#42 匿名さん2017/10/18(Wed)21:54:24
♯40さん
残念ながらそれはもうあきらめるしかないよ
なぜなら「売れない」から
マツダは、海外で売れない車種はもう生産しないから
「スライドドア車は他社で買ってくれ」という考え

潔い!
#43 匿名さん2017/10/18(Wed)22:07:34
日本の道路、駐車場等を考えると、北米や欧州とは明らかに異なるニーズがあるよな。
日本は駐車場が狭い所が多いからスライドドアは便利だ。
CX-8のメイン市場は、北米なんだろうな。最近、国産メーカーも海外仕様の車を国内を飛び越え販売する中、マツダは偉いのかもな…
ある意味リスクを背負って販売してくれているのだから…
#44 匿名さん2017/10/18(Wed)22:10:08
詳しくはわからんが、「電動」スライドドアっていうのが日本メーカーしかマトモに作れないんじゃないかな ←低価格、高信頼性という意味で

だから欧州では、いつまでたってもスライドドアは手動が当たり前のダサい物
#45 匿名さん2017/10/18(Wed)22:21:22
♯44
ごめん否定するわけじゃないんだけど

欧州はスライドドアが「手動だからダサい」んじゃなくて、
「スライドドア」そのものがダサいんだって。
更に、欧州ではスライドドアを採用する必然性もない。

ボディは重くなるし、やわやわになるし
↑このあたりは、特にドイツ人が最も嫌うとこ。
#46 匿名さん2017/10/18(Wed)22:24:14
CX-8は日本以外は、中国・欧州市場をメインに投入される
北米市場には、すでにより大型の「CX-9」が導入されているため
投入されないとのこと
#47 匿名さん2017/10/18(Wed)22:52:59
『』で囲む「荒らし」が来ないから、まあ平和だこと
この平和よ、永遠なれ
#48 匿名さん2017/10/18(Wed)22:56:42
♯47
ミニバンだからなw
#49 匿名さん2017/10/18(Wed)22:59:01
『』乙!
#50 匿名さん2017/10/18(Wed)23:15:29
ビアンテ・プレマシーともに12月で生産終了とのこと
ミニバン市場からの撤退は大英断
CX-8は決して多くは売れないとは思うが、
仕方なくミニバンを購入していた層からは受けるはず。

このクルマの発売でマツダのブランドイメージは
更に向上することだろうな
#51 匿名さん2017/10/18(Wed)23:24:37
マツダが「ブランディング」の手法を取り入れて
ここまでイメージアップできるとは思いませんでしたね

マツダ車のデザイン・カラーリング・CMなどのマーケティング・・・
どれも洗練されていると感じます
新技術をどんどん投入する姿勢も素晴らしいです
#52 匿名さん2017/10/19(Thu)00:07:53
♯47、♯49

そう言っているアナタ荒らしでは??
#53 匿名さん2017/10/19(Thu)00:38:33
また出没!!

#52=『荒らし』
#54 匿名さん2017/10/19(Thu)02:16:19
#53

人の真似しか出来ない能無し野郎#53
#55 匿名さん2017/10/19(Thu)06:09:28
哀れな奴らだな
せめてクルマ関連のコメントくらい
していったらどうだ
#56 匿名さん2017/10/19(Thu)06:26:52
#55へ

オマエも同じじゃねえかよ

せめてクルマ関連のコメントくらい
していったらどうだ
#57 匿名さん2017/10/19(Thu)06:37:02
マツダ車は値段の割に物の質が良いと思う
#58 匿名さん2017/10/19(Thu)07:00:37
♯55さん

複数のターゲットにケンカをふっかけた
あなたの負・け・

あなたが反撃すると荒らしも報復
=無限ループ&フルボッコよ!

そろそろやめたほうがいいんじゃないかしら

ウフッ、キャハッ
#59 匿名さん2017/10/19(Thu)07:01:25
♯56発狂さん

複数のターゲットにケンカをふっかけた
あなたの負・け・

あなたが反撃すると荒らしも報復
=無限ループ&フルボッコよ!

そろそろやめたほうがいいんじゃないかしら

ウフッ、キャハッ
#60 匿名さん2017/10/19(Thu)07:09:34
朝から大変だねー
クルマに興味無いんなら
ほかでやってくださいな

♯54さん
先に手を出したあなたが悪い

ちなみに私はプロシードマービーが好きです

#61 匿名さん2017/10/19(Thu)07:16:31
♯58、♯59、♯60
キモい、人間の世界からいなくなれ
#62 匿名さん2017/10/19(Thu)07:18:48
三列シートのSUVが今後増えてきそうだね
来年1月?レクサスRXにも追加されると聞いた
ミニバンを選ぶ層に響くかな?
#63 匿名さん2017/10/19(Thu)07:21:27
人間の世界

哲学的だな
じわじわくる

#64 匿名さん2017/10/21(Sat)22:42:25
マツコネのナビ&オーディオ強制は本当にやめてほしい
2DINはおろか1DINサイズのスペースすら確保されてないから社外品付けるの苦労する。数十年前の外車だって1DINサイズのスペースあったのに。
利益の為に自社製品強制してるだろこれ
#65 匿名さん2017/10/22(Sun)00:31:44
#64 さんへ

同感です

現行アテンザの後期型を
買おうとしたが
オーディオレスが出来ないから
購入対象から外しました
#66 鉄血斑鳩隊2018/02/23(Fri)12:49:11
2018年2月23日
ビアンテ・プレマシーの販売が終了となった。
同時にマツダのウェブサイトから、「ビアンテ」・「プレマシー」の
ページが削除された。

2車の販売終了により、同社の自社開発ラインアップは、全て
フル「SKYACTIVテクノロジー」を採用した車種のみとなった。

海外、特に欧米で全く評価されない「ミニバン」からの撤退は、
同社のブランドイメージ向上を図る上でも「大英断」であった。

「ミニバン」を廃止したことで、マツダは真の「プレミアムブランド」へまた一歩近づいたことになる。
#67 匿名さん2018/02/23(Fri)15:24:56
3列目、いらないから、ボディとホイールベースをもっと短くしてほしい
マジで
#68 匿名さん2018/02/23(Fri)21:45:03
cx5とcx8
ぱっと見差が分からん

狭い三列目を無理に作らなくてもええんとちゃうか?
荷室狭過ぎるって
#69 匿名さん2018/02/23(Fri)21:50:39
それでも、3列シートが欲しいっていう人がいるから、作ってます
#70 マジレス仮面見参❗️2018/02/23(Fri)22:18:33
※67
それ、CXー5だと思われ
#71 匿名さん2018/02/23(Fri)22:22:31
いや、CX-3だろ
#72 匿名さん2018/02/23(Fri)22:26:32
71は無能、意味不明
#73 匿名さん2018/02/24(Sat)01:00:07
アテンザってネーミングやめませんか。
大人用紙おむつの商品名と間違われて、嫌な思いをしたことがあります。
アルファベット2文字ー数字 に統一しましょうよ。
ロードスターはMX-5だし。
デミオって人名みたいでいまいちだし。
#74 匿名さん2018/02/24(Sat)01:02:13
プレミアムブランドを目指すなら、現行車種のネーミングは「マツダ地獄時代」の名残をイメージさせるのでよろしくない
「デミオ」・「アクセラ」・「アテンザ」・「マツダロードスター」
これらのネーミングは世界中で日本だけ
「ローカル感」がハンパない
海外市場統一ネーミングである「マツダ2」・「マツダ3」・「マツダ6」・「マツダMX-5」への変更が良いと思う
「安物感」・「値引き販売感」が無くなり良いと思う
「CX-3」・「CX-5」・「CX-8」との統一感も生まれるし
#75 匿名さん2018/02/24(Sat)06:46:25
デミオ、アクセラの初期の頃は、安っぽい新聞チラシに激安セールしてたな
あれは、良くない
最近は田舎のディーラーも改装したところはブラック内装、なんちゃらレッドで統一して照明当てて、センスいい
飽きも早そうだけど
#76 匿名さん2018/02/24(Sat)09:56:26
いつまで経っても野暮
#77 匿名さん2018/02/24(Sat)13:26:36
「マツダ地獄」とか「安売り」を引き合いに出す層は高齢者
おじいちゃんがどんどんいなくなれば(ごめん)、マツダのイメージも
どんどん向上していきます
あと5~6年、地道に「ブランド」化を進めていってください
#78 匿名さん2018/02/24(Sat)23:42:42
マツコネレス希望
#79 匿名さん2018/04/12(Thu)08:04:56ID:U2MTZiMTTZ
4月25日より開催の北京モーターショーで、海外初お披露目!
やはり国内市場専用車ではなかった!
#80 匿名さん2018/04/12(Thu)16:41:04ID:M3NDViMDmZ
マツダSUVデザイン見飽きてきた

名前(任意)
コメント

過去記事(2017/08/22)

新型CX-8にマツダ版アラウンドビューモニタが搭載、2017年内発売

マツダCX-8が年内発売、10月東京モーターショーの車体公開に期待

マツダでは、開発中の3列シートクロスオーバーSUVのCX-8が完成間近となっており、その2017年内の発売計画についても発表があった。これには新開発の全方位モニタが装備される予定となっている。

(写真は新型CX-8)
CX-8

マツダi-ACTIVSENSEに全方位モニタ機能が追加、CX-8とアクセラで先行導入

近年、燃費性能に加えて、車両購入時に注目されるのが安全運転支援システムである。マツダでもi-ACTIVSENSEとして、クルーズコントロールやプリクラッシュセーフティなどの機能が提供されてきたが、これに全方位モニタ機能が追加される。アクセラと新型CX-8で先行して採用される予定となっている。

CX-8 インテリア

全方位モニタは日産のアラウンドビューモニター、トヨタのパノラミックビューモニター、ホンダのマルチビューカメラシステムなどメーカ各社が採用済みであり、マツダもようやくこれらに追従することになる。

(写真はSKYACTIV-D 2.2)
スカイアクティブ-D 2.2L

新型CX-8に搭載されるエンジンはSKYACTIV-D 2.2、トランスミッションは6速ATとなるのはこれまで報告してきた通り。ただし、今後の展開としてはガソリンエンジンモデルの追加ラインアップも考えられる。

(写真はSKYACTIV-G 2.5T)
スカイアクティブG 2.5T

マツダは、海外向けCX-9で搭載中の2.5L 直噴ガソリンターボエンジン、SKYACTIV-G 2.5Tの採用車種拡大を公言している。CX-9とボディサイズが近くなる新型CX-8がその対象になる可能性は十分にあるだろう。

新型CX-8、まずは10月開催の東京モーターショーでの完成車両公開が期待される。

過去記事(2017/07/29)

マツダ新型CX-8のエクステリア画像を公表、プレマシー生産中止へ

新型CX-8の外観ティザー画像、KODOコンセプトがベースの3列シートSUV

マツダでは、新型CX-8として3列シートクロスオーバーSUVモデルが開発中となっている。今回は新たに、エクステリアに関するティザー画像が公開された。

(写真は新型CX-8)
CX-8

新型CX-8は2017年内の発売がマツダから公式に予告されている。発表については9月にも実施される見込みで、この段階で車両価格、詳細スペックが明らかとなるだろう。10月の東京モーターショーで車体公開となることは間違いないが、これより先行して9月のフランクフルトモーターショーで公開される可能性もあるだろう。

CX-8 インテリア

新型CX-8、マツダ曰く3列目シートも大人がしっかり座れる

新型CX-8のボディサイズは全長4900mm×全幅1840mm×全高1730mm、ホイールベースが2930mmとなる。海外向けにはこれより大きいCX-9もあるが、日本向けラインアップとしては最大サイズでありフラグシップモデルとなる。

3列目シートはホイールハウスの影響により二人掛けとなることが想定される。2列目ベンチシートの7人乗り仕様、2列目キャプテンシートの6人乗り仕様の2タイプがシート設定される見込み。マツダが「3列目まで大人がしっかり座れる」としている通り、前後長は比較的余裕があるようにエクステリアからも判断できる。

(写真はプレマシー)
premacy

この新型CX-8の登場と引き換えに、3列シートミニバンモデルとして2010年から販売していたプレマシーを年内にも退役させる計画である。OEMモデルの日産・ラフェスタハイウェイスターもカタログ落ちとなる。プレマシーのようにCX-8を日産へOEM供給することはまず無いだろう。

過去記事(2017/06/11)

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

CX-8がまもなくデビュー、マツダの3列シートクロスオーバーSUV

マツダの新型CX-8が2017年秋発売されるということであったが、早ければ8月下旬にも完成車体が発表される見込み。実質的な販売開始となる先行オーダーも同時期から受付されることが予想される。

(写真は新型CX-8、ティザー画像)
CX-8 インテリア

ティザー画像からもわかる通り、新型CX-8は3列シートが装備される。ボディサイズは全長4900mm×全幅1840mm×全高1730mm。設計のベースとなるのはCX-5であるが、ホイールベースは+230mm、全長は+355mmの延長を受けており、キャビンスペースは大きく増やされる。

(写真はCX-5)
CX-5 マツダ

CX-8はSKYACTIV-D 2.2を搭載、アルヴェルが独占するミニバン市場がターゲット

クロスオーバーSUVのカテゴリで3列シートの設定がある車種では、日産・エクストレイル、三菱・アウトランダーなどが代表的であるが、新型CX-8はこれらのモデルより一回り大きい。また、トヨタ・ハリアーが2017年6月8日のマイナーモデルチェンジで3列シートモデルが追加発売されるという噂があったが、これは実現されなかった。

(写真はアルファード)
トヨタ アルファード

新型CX-8はボディサイズの大きさからも、ホンダ・オデッセイ、トヨタ・アルファード/ヴェルファイアといったミニバン勢とも競合するモデルとなる。単純な居住性の比較ではアルファード/ヴェルファイアが優勢であるが、走りやスタイリングの部分ではCX-8を選ぶユーザーが多くなるのではないだろうか。

新型CX-8はクリーンディーゼルのSKYACTIV-D 2.2を搭載。車両価格は350万円程度になることが予想される。

過去記事(2017/04/30)

CX-8の2017年内の日本発売が確定、マツダ社長が決算発表会で言及

新型3列シートクロスオーバーSUVのモデル名はCX-8、2017年内発売

マツダ新型CX-8の日本発売が2017年内にスケジュールされていることが、2017年4月28日に開催された同社の決算発表で公表された。

(写真は新型CX-8のインテリア)
CX-8 インテリア

マツダの新型3列シート車について、以前のレポートではCX-6なるモデルが2017年秋に発売されると書いたが、これはCX-6ではなくCX-8が正しいということになるだろう。

CX-8はCX-5からホイールベースを200mm延長、3列目シートの居住性も期待

新型CX-8のボディサイズは全長4900mm×全幅1840mm×全高1730mm、ホイールベースは2930mmとなる。

(写真はCX-5)
CX-5 マツダ CX-5 リアコンビネーションランプ

現在マツダのクロスオーバーSUVラインアップは海外向け製品も含めて、CX-3、CX-5、CX-7、CX-9とある。この内、CX-7については2005年のデビューで、以降にKODO世代のフルモデルチェンジを受けていない。CX-7の3列シート版がCX-8ということになるべきなのかもしれないが、旧製品がベースになるとは考えにくく、やはりCX-5のロングホイールベース版がCX-8ということになるだろう。CX-5のホイールベースは2700mmであるから200mmの延長を受けることになる。また全幅については、CX-5とCX-8は共通サイズの1840mmで、フロント部分のエクステリアも共通化される可能性がある。

(写真はCX-9)
新型CX-9

マツダでは3列シートクロスオーバーSUVのCX-9が北米向けに販売されているが、そのボディサイズは全長5065mm×全幅1969mm×全高1716mm、ホイールベースは2930mmとなる。CX-8はCX-9に迫るホイールベースということで、良好な居住性能が期待できる。全長および全幅については、CX-9は日本市場ではサイズオーバーであるが、CX-8ではマッチする。CX-8の登場により、日本でCX-9を求める声はほとんど無くなるのではないだろうか。

(写真はSKYACTIV-D 2.2)
スカイアクティブ-D 2.2L

CX-8に搭載されるパワートレインは、人気の高いSKYACTIV-D 2.2と6速ATとなる。車両価格は300万円台前半が予告されている。2017年10月の東京モーターショーでは市販型の姿を見ることができるはずだ。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先