新型【CX-8】マイナーチェンジいつ?2022年12月に大幅商品改良で受注再開、2023年モデル予約受付中、特別仕様車Grand Journey、Sports Appearance追加【マツダ最新情報】デザイン変更ありフロントグリル、前後バンパー&ランプ

CX-8

cx-8-19

CX-8の大幅商品改良モデルが2022年12月下旬に発売されることが、11月2日に発表された。今回のマイナーチェンジに向けて、CX-8はオーダーストップの措置が取られていたが、受注は再開され、予約受付がスタートしている。

「CX-8」の大幅商品改良と特別仕様車の<まとめ>は、次のページ

CX-8がマイナーチェンジ、フェイスリフトで販売継続

CX-8のマイナーチェンジではフェイスリフトが盛り込まれた。フロントグリル、前後バンパー、前後ランプなどでマツダの最新デザインが採用され、2021年にマイナーチェンジを受けたCX-5顔に仕上げられた。ボディカラーでは、マツダ独自の塗装技術「匠塗TAKUMINURI」による「ロジウムホワイトプレミアムメタリック」が追加された。

cx-8-15

グレードラインナップでは、「特別仕様車 Grand Journey」、「Sports Appearance」が追加された。従来の「Exclusive Mode」も進化を遂げて販売継続される。

cx-8-05

新たな機能としては、走行シーンに応じ、スイッチの操作ひとつで任意に走行モードが切り替えられる「MAZDA INTELLIGENT DRIVE SELECT」[略称:Mi-DRIVE]が採用される。特に「Grand Journey」においては、オフロード・モードが設定される。

cx-8-18

3列目乗車時の後方からの追突に対する衝突安全性能の確保に加え、今回新たにアダプティブ・LED・ヘッドライトが進化された。また、クルージング&トラフィック・サポートが採用された。

cx-8-22

マツダのラインアップでは、新世代ラージ商品群の第一弾として新型「CX-60」が発売された。FRレイアウトを採用した新世代SUVが市場投入されていくが、従来商品のCX-8もマイナーチェンジを受けて、販売が継続される。

「CX-8」の大幅商品改良と特別仕様車の<まとめ>は、次のページ

CX-8は2023年モデルで、カタログ落ち販売終了の可能性あり

CX-8は、これまで国内向けフラグシップSUVとしてラインアップされてきた。一方で、マツダは次世代商品群を市販化させていくタイミングに来ている。これらは新開発FRプラットフォームを採用する4車種で、CX-60、CX-70、CX-80、CX-90のラージ商品群と呼ばれるものである。なかでもCX-60は既に2022年9月15日に発売日を迎えている。

新型【CX-60】日本発売いつ?2022年9月15日に販売開始、予約受付中、価格299万2千円から、直4 2.5L/2.5L PHEV/直6 3.3Lディーゼル/3.3Lディーゼルマイルドハイブリッド【マツダ最新情報】
2022/10/17更新【新型CX-60日本仕様2022年9月15日 e-SKYACTIV D搭載車から販売開始、他のパワートレインも2022年内に発売】4タイプのパワートレイン設定「e-SKYACTIV PHEV」「SKYACTIV-D 3.3」「e-SKYACTIV D」「SKYACTIV-G 2.5」【消費税込み車両価格299万2千円から、予約受付中】

ラージ商品群は、プレミアムSUVセグメントへのマツダの挑戦でもあり、車両価格は高くなる。それでも新型CX-60のエントリー価格は、299万2000円と商品内容からは破格の設定となったが、これは3列シート車であるCX-8のエントリーモデルの299万4200円とほぼ同じ。

こういったなか、マツダは従来からの顧客ニーズにも応えていくため、一桁番台の旧SUVモデル、CX-3、CX-5、CX-8、海外向けCX-9も引き続き販売していく可能性を残している。旧SUVモデルを廃止させるタイミングは、今後の販売状況を見ながら市場によって判断されることになる。

cx-8-2020-03

CX-8 2020年

ただしCX-8については、CX-80が登場する時期を境に、生産中止となる可能性が高い。2021年11月10日発表の「2022年3月期 第2四半期決算」の資料によると、CX-3やCX-5については、ラインアップ継続の意思が反映されたものであったが、CX-8とCX-9についてはカタログ落ちを示唆する内容であった。

mazda-suv-lineup

2022年3月期 第2四半期決算 資料より

「CX-8」の大幅商品改良と特別仕様車の<まとめ>は、次のページ

タイトルとURLをコピーしました