car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

アクセラ

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

投稿日:2017/08/14 更新日:

マツダ・アクセラに新開発の安全運転支援システムを先行採用か

前回レポートではアクセラの2019年フルモデルチェンジ予想について報告した。それまでにあと1~2回程度の一部改良が行われることになるが、2017年8月24日発表、9月28日発売のスケジュールが予定されている。場合によっては現行アクセラ最終型ということになるだろう。

(写真は現行アクセラ)
新型アクセラスポーツ

アクセラセダンに1.5Lディーゼルを追加、2019年FMCではSKYACTIV-X採用

アクセラは2016年のビッグマイナーモデルチェンジで後期型となっている。これ以上のエクステリア変更は、目立ったものは実施されないだろう。

新型アクセラ

改良のメインはi-ACTIVSENSEの名称が与えられているマツダの安全運転支援システムとなる。4つのカメラによる全方位認識をベースにした新開発システムが導入される見込み。将来的にはマツダ全モデルへの普及が想定されるが、まずはアクセラからの採用となる。東京モーターショーでも大きくアピールされることになるだろう。

アクセラ リアコンビネーションランプ

パワートレインでは1.5LディーゼルのSKYACTIV-Dがセダンにも登場する。SKYACTIV-D 1.5搭載モデルは、既に5ドアのスポーツでラインアップされており、これと同様の仕様が予想される。

SKYACTIV-X HCCI

2019年フルモデルチェンジの次期アクセラでは、HCCI(予混合圧縮着火)あるいはSPCCI(Spark Controlled Compression Ignition)と呼ばれる新技術が採用されたガソリンエンジンのSKYACTIV-Xが導入される見込み。もちろんSKYACTIV-Dも継続されると思うが、ラインアップの主役はSKYACTIV-Xに移行するだろう。

#1 匿名さん2017/08/20(Sun)12:32:17
まあ、サイズ以外にアテンザとの違いがもっと欲しいわな。
#2 匿名さん2017/08/29(Tue)21:30:07
現行型のデミオ、アクセラ、アテンザ、CX系どれも外見が同じに見えて個性が無い。
デザインに関してはスカイアクティブが本格普及する前の方が良かったな・・・と思うのは自分だけか??

名前(任意)
コメント