スカイアクティブ アクセラが10月にデビュー

マイナーチェンジで20SKYACTIVが追加

ハイブリッドに迫る燃費性能として、コンパクトカーの話題を独占していたデミオのスカイアクティブ。
ついにアクセラにもスカイアクティブ仕様がデビューする。
デミオは1.3Lエンジンであったが、アクセラは2.0Lエンジンとなる。
これにより燃費は従来比で15%向上し、同時に出力も15%も向上するという。
スカイアクティブ化により生まれたリソースをデミオでは、そのほとんどを燃費向上のために使ったが、アクセラのスカイアクティブ化は燃費、出力ともに向上させ、バランスのいい仕上がりを目指した。
アクセラは走りに拘るユーザーが多いため、単なる低燃費車では商品力に欠けるという判断だろう。
燃費重視設定にしたところで同クラスのプリウスには到底敵わないのだから。
ドライブフィールは現行の20Cとマツダスピードアクセラの中間ぐらいを期待したいが、20Cにプラスアルファしたぐらいが実情か。
車両価格は約215万円を予定。
現行グレードの20Cと比較して約26万円高となる。
20C、20S、そして20SKYACTIVの3つのグレードはi-stop(アイドリングストップシステム)も採用される。
スカイアクティブ・アクセラ

新型SKY-GエンジンとSKY-Drive新型ATの組み合わせ

アクセラに搭載される新型エンジンのSKY-Gは、デミオに搭載されたものと同タイプで、排気量が2.0Lにアップしたもの。
このSKY-Gエンジンの排気量は1.3~2.5Lまで対応できる守備範囲の広いものだ。
マツダ車全体で順次採用されていく。
アクセラの新型SKY-Gエンジンでは、デミオでは見送りになった4-2-1のタコ足排気管が採用されるなど、新技術も盛り込まれる。
理屈はよくわからないが、このタコ足が燃費に効くらしい。

トランスミッションは3速×副変速機で構成される新型6速ATを採用。
このクラスでの6速ATはやや贅沢な構成と言えるだろう。

1.5Lのスカアクティブは見送り

今回のアクセラのマイナチェンジでは、1.5Lエンジンのグレードについてはスカイアクティブ仕様は追加されない。
1.3Lのデミオがスカイアクティブ化したぐらいなので、1.5Lも当然されるのではという噂もあったが、今回は見送りになったようだ。

関連するレポート

[ 2011/08/26 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

次期スカイラインクーペ ハイブリッドのコンセプトモデルが発表、500ps超

トヨタが新型コンパクトクロスオーバーSUVコンセプトをパリモーターショーで公開

アテンザ ハイブリッドがテスト中

トヨタが新型i-TRILをジュネーブモーターショーで発表、i-ROAD後継4輪

アルファード&ヴェルファイアのマイチェン後期型が東京モーターショー出展か

レクサスLS500hがワールドプレミア、ラグジュアリー内装のフラグシップセダン

トヨタ・ハリアーがマイナーモデルチェンジ、3列シート車追加の可能性

メルセデスAMG GTコンセプト画像、4ドアスポーツクーペをジュネーブで提案

スカイライン プロパイロットの発売日は近い、改良型インフィニティQ50発表

日産欧州キャシュカイが後期型へ、新Vモーショングリルとプロパイロット採用

マクラーレン新型720S ジュネーブショー画像、日本価格は3338万3000円から

トヨタ・ヤリスGRMNがジュネーブショーで発表、1.8Lスーパーチャージャー搭載

ボルボ新型XC60画像、ジュネーブモーターショーでワールドプレミア

フォルクスワーゲン新型アーテオンがワールドプレミア、ジュネーブショー画像

フィットがマイナーモデルチェンジ予定、RSで1.0L VTEC-TURBO導入の可能性

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

三菱エクリプス クロスをワールドプレミア、ジュネーブモーターショー画像

ホンダ新型シビックタイプRの量産型が世界初公開、ジュネーブモーターショー

ホンダ新型NSX 米国生産モデルが横浜港到着、日本向け納車スタート

日産、可変圧縮比エンジン搭載のスカイラインクロスオーバーを開発中

NSX後継?ホンダの新型スポーツカー

スバルが新型レヴォーグのティザー画像を公開、インプレッサとの違いは?

ノア、ヴォクシー、エスクァイア三姉妹モデルがマイナーモデルチェンジを計画

新型スバルXVが世界発表、ジュネーブモーターショー2017画像

メルセデスベンツ CLA45 AMGを発表、Aクラス4ドアクーペの高性能モデル

QX50(スカイラインクロスオーバー)がNYショーでマイナーモデルチェンジ発表

トヨタ・ヴィッツハイブリッド発売、マイナーチェンジでフェイスリフト後期型

N-BOXのフルモデルチェンジが今夏予定、ホンダセンシングを軽自動車に初採用

新型V37 スカイラインは2013年発売予定

クラウン アスリート/ロイヤルのフルモデルチェンジは2018年に延期

シビック タイプRが1.6Lターボ搭載で2014年発売、日本導入の可能性高い

新型インプレッサ WRX STIの発売は延期、7月の改変でGR、GV型最終モデルへ

次期ノートは3ナンバーの可能性、8月下旬発売予定

スズキ新型スイフトは、Bセグメントハッチの中で完成度が高い

三菱アウトランダーがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフト画像

ホンダ・シビックタイプR量産型がジュネーブモーターショーで初公開予定

VW新型アーテオンがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

三菱・新型アスレジャーは案外大きい、RVR以上アウトランダー未満の可能性

RVRにプラグインハイブリッドが追加

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.