car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

デミオ ベースSUV、CX-3の発売は2014年秋に前倒し、1.4Lディーゼルターボ搭載

マツダ・CX-3の発売計画は2014年の秋に

今年2012年のマツダのニュースと言えば、2月発売のCX-5と今月11月にデビューした新型アテンザである。中でもCX-5の人気は世界的なものとなっており、マツダは年間生産計画を23万台に上方修正。クロスオーバーSUVとして大成功と呼べる成果を上げており、未だに多くのバックオーダーを抱えている状況だ。そのCX-5の弟分にあたるコンパクトSUV、CX-3の発売計画が更に具体化してきた。

まず、CX-3の発売時期は2014年の秋頃になりそうである。同じ2014年中頃に発売予定されている次期デミオのプラットフォームをベースにCX-3は開発されているため、早くともその発売は1年後の2015年になるだろうという読みが多かったのだが、これは約1年前倒しされることになる。

(写真はCX-5)
CX-5 パリ2012

CX-3に搭載される新開発スカイアクティブD 1.4L

CX-3のポジションとしては、現行ベリーサを廃しその枠を引き継ぐことになるが、エクステリアデザインはCX-5の流れを汲んだものになる。
そして、CX-3に搭載されるエンジンとして注目されているのが、1.4Lのクリーンディーゼルターボエンジンである。前回のレポートでは、排気量が1.5Lということであったが、これは欧州税制に合わせて1.4Lということになりそうだ。
この他にエントリーグレードとして、既にアクセラに搭載されているスカイアクティブGの直4 1.5Lガソリンエンジンモデルもラインアップされる。
CX-3に採用されるトランスミッションとしてはCVTではなく、6ATとなる可能性も指摘されており、高速巡航性能が重視される欧州市場をメインターゲットとしたコンパクトSUVとなるだろう。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント