car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

アクセラのフルモデルチェンジ発売は2014年、1.3Lハイブリッド搭載

アクセラのフルモデルチェンジは2014年上半期、ハイブリッド搭載

マツダではアクセラのフルモデルチェンジに向けた開発が進められている。

新型アクセラのエクステリアは、現行2代目モデルのバンパーむき出しの大きく開いたグリルは廃止され、新型アテンザのような五角形グリルが採用される。
(写真は新型アテンザ)
アテンザワゴン 2012
日本国内向けとしては、直4 1.5Lガソリンエンジンモデルが引き続きメインとなるだろう。現行アクセラでは2.0Lエンジンしかスカイアクティブ化されていないが、次期アクセラでは1.5Lエンジンもスカイアクティブ仕様となるということで、燃費性能と出力パフォーマンスの大幅向上が望める。また、上級グレードとしては、CX-5とアテンザに採用されてきた2.2Lターボディーゼルエンジンの搭載も期待されている。
そして、注目のハイブリッド仕様は、マツダとトヨタの合作システムになる。エンジン排気量として1.5L案と1.3L案があったが、最近の情報では1.3L案が有力になりつつある。
まとめると、ガソリンエンジンがスカイアクティブ化した1.5Lと2.0L、ディーゼルエンジンが2.2L、ハイブリッドが1.3Lという4タイプが想定される。

新型アクセラにも装備されるスマートシティブレーキサポート

装備面では、CX-5から始まったスマートシティブレーキサポートが次期アクセラにも採用されるだろう。4~30km/L走行時に前方の障害物を赤外線レーザーで認識し、ブレーキングをサポートする機能で、最近になって普及が進む技術の一つだ。このSCBSと名付けられているマツダのシステムは、ローコストで装備できるということで、近い将来に全車標準装備が検討されている。

(写真は現行MAZDA3)
MAZDA3 アクセラ

新型アクセラの発売は2014年の上半期となる見込みで、2013年3月のジュネーブモーターショーあるいは、2013年11月の東京モーターショーでは、新型アクセラを予告するコンセプトモデルの発表があるのではと期待されている。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント