car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

CX-3ガソリン版が今夏発売、1.5Lは発売されず、2.0Lのみ

マツダはCX-3 SKYACTIV-G 2.0搭載モデルを今夏より販売するということであった。その発売日が2017年7月21日にスケジュールされている。

(写真は現行CX-3)
マツダCX-3

ガソリン版CX-3は車両価格が安くなるものの、まだライバルモデルよりは高い

CX-3はマツダのエントリークロスオーバーSUVとして2015年より販売されるモデル。国内仕様についてはクリーンディーゼルエンジンのSKYACTIV-D 1.5を唯一のパワートレインとしており、同クラスのコンパクトSUVよりもプレミアムなポジションが与えられてきた。車両価格はXDの237万6000円がエントリーでやはり高額な印象である。

CX-3 マツダ CX-3 リアコンビネーションランプ

CX-3シリーズに新たに追加ラインアップされるSKYACTIV-G 2.0搭載モデルは、現行のSKYACTIV-D 1.5搭載モデルから約20万円程度安い価格設定が想定され、エントリー価格は207万円前後にまで引き下げられることになる。

CX-3 フロントグリル CX-3 バックドア

ただし、CX-3のライバルモデルとされるホンダ・ヴェゼルのエントリーモデルは1.5L NAガソリンエンジン搭載で192万円となっている。単純な価格競争力ではヴェゼルの方がまだ有利な状況は続く。

(写真はホンダ・ヴェゼル)
ヴェゼル ハイブリッド

そもそもCX-3程度のボディサイズであれば、1.5Lエンジンモデルが国内向けの主力グレードとして設定されることが多い。本当にユーザーが求めているのは、2.0Lではなく、1.5LのSKYACTIV-Gではないだろうか。

#1 匿名さん2017/06/24(Sat)21:22:25
2Lで207万円なら安いと思う、、、。
#2 匿名さん2017/06/24(Sat)23:03:31
今までのディーゼルのみの価格から考えると、2Lで207万からだったら充分に競争力はあると思う。
でも確かにデミオベースなら、1.5Lで190万を切る価格から設定してもよさそうな気もする。
#3 南 貴仁2017/06/25(Sun)16:58:59
2Lは安くならないデミオベースなら1・5Lにしたほうがいいじゃないか
#4 匿名さん2017/07/03(Mon)21:47:18
CR-3の車重で1.5のガソリンは走りが厳しいという判断でしょう。
#5 サーフィス2017/07/17(Mon)09:42:02
せめてソリオとイグニスの兄弟車も販売して欲しいと思います。
#6 匿名さん2018/02/01(Thu)16:46:57
1.5Lディーゼル搭載車の16万台リコール
デミオ・CX-3・アクセラ
煤つまり問題・・・

早期に解決して!
ユーザーに極力負担をかけずに、対処して!
安心して乗れるようなクルマを作ってくれ!
#7 南 貴仁2018/02/03(Sat)18:58:31
1・5ℓガソリン車を格安で販売してほしい
#8 匿名さん2018/02/03(Sat)19:17:57
そういう安っぽい売り方、
今のマツダはしないぜ
な、南さんよ!
#9 匿名さん2018/02/04(Sun)19:18:34
マツダはディーラーの値引きも急激な転換で、既存オーナー達は振り回されてるが
新規顧客だと、そういうもんかと納得してしまうようだ。歴史や状況への知識の大切さを感じる

まぁかなり極端な情弱でなければディーゼルは選択せずスカイ-Gの方を買うわけで
新規で且つ業界知識がなく且つ頭は悪くないという普通の人なら、問題なく平和に物言わぬ消費者になれるだろう
#10 匿名さん2018/02/04(Sun)22:33:12
今回のリコール問題で、開発部隊は上層部から相当きつく言われたかもしれない。でも、すみやかにリコールを届け出る対応をとっているし、今後の開発に生かせればいい。
#11 匿名さん2018/02/06(Tue)14:18:12
まぁディーゼルのみで売り出した車に次々ガソリンモデル追加せざるを得なくなったのは
商売的には失敗ではあるな。ディーゼル版の売上的にも

しかし逆に捉えると、いくら日本人でもそこまで盲目じゃなかったって安心材料でもある
レビューだけなら無責任に絶賛できるが、さすがに自分が買うとなったらちゃんと勉強と認識しようとするか
#12 いつ、次々とガソリン車を追加したのか問いたい2018/02/06(Tue)14:46:26
♯11
>ディーゼルのみで売り出した車に次々ガソリンモデル追加せざるを得なくなった
↑ウソを書くのは「ネガティブキャンペーン」の手段として最も卑劣。
知らない人が読んだら、信じてしまうようなニセ情報の流布は慎むべき行為。

モデル途中で「ガソリン車」を追加したのは「CX-3」と「デミオ」のみ。
アテンザ、アクセラなどは、♯11のウソ情報とは逆に順次ディーゼル車のラインアップを拡充している状況。

●アテンザ
途中、2.2ディーゼル車のみ「6MT」車「4WD車」を追加。
ガソリン車のラインアップ追加は無し。
●アクセラ
途中、2.2Lに加え、1.5ディーゼル車を追加。アクセラスポーツのみの設定だったディーゼル車は、順次セダンにも拡大設定。
ガソリン車のラインアップ追加は無し。
●デミオ
途中、1.5Lガソリンエンジン搭載「15MB」を追加。但し、本グレードは競技車両ユースであり、一般ユーザー向けではない。
●CX-3
昨年6月、2.0Lガソリン車を追加。
●ロードスター・ロードスターRF
当初からディーゼル車は未設定。
●CX-8
ディーゼル車のみ
#13 匿名さん2018/02/06(Tue)15:09:31
ソース提供感謝します
確かに、誤った情報を流されるとこちらも迷惑ですので
以下、販売側の主張です
CX-3は当初予測よりも、販売が伸び悩んでいました
価格設定が他社さんの競合車より高めだっとメーカー側は判断し、安価なガソリン車を追加し、選択肢を広げる策を講じました
ディーゼル車の不具合発生は事実ですが、ガソリン車の追加と関係はありません
#14 匿名さん2018/02/06(Tue)17:33:42
マツダは安っぽい売り方をしないと誰かが言っていたが。
#15 匿名さん2018/02/06(Tue)17:53:50
言ってたね、
値引きはしないのよ
はい、以上
#16 匿名さん2018/02/06(Tue)18:17:47
確かにマツダネガキャン、ひどいね
しかも文章がわかりにくい
#17 匿名さん2018/02/07(Wed)08:00:30
一時期は値引きに頼った販売をしていたのに180度転換できたのは凄いと思うけど、営業マンは大変だろうな。。。

名前(任意)
コメント