新型【ステップワゴン】フルモデルチェンジは2022年春、ホンダ狭山工場閉鎖へ

ステップワゴン

ホンダ・ステップワゴンのフルモデルチェンジが2022年春にも実施される見込みとなっている。

ステップワゴン スパーダ

現行ステップワゴン スパーダ

ステップワゴンを生産してきた狭山工場が2021年度内に閉鎖

2015年にデビューした現行型の5代目ステップワゴンは、販売7年目を迎えるモデル末期車種である。これまで狭山工場で生産されてきたが、同工場は2021年度内の閉鎖が決まっており、これに伴い現行型ステップワゴンが販売停止となることは確定的となっている。

オデッセイアブソルート後期型

オデッセイ

また、同じ狭山工場で生産されてきたミニバン車種としてオデッセイもあるが、これも受注終了となる。つまり、ホンダのラインアップでは2つのミニバン車種を失うことになる。

こういった状況下で、国内のミニバン需要に対して優先的に開発が進められているのが次期ステップワゴンで、これは最新設備を整える寄居工場で生産されることになる。

次期ステップワゴンは国内需要に応え、5ナンバー継続の可能性

繰り返しとなってしまうが、新型ステップワゴンのデビュー時期は、2022年春である。これとほぼ同じタイミングで、ミドルクラスミニバンの王者であるトヨタ・ノア/ヴォクシーにもフルモデルチェンジが実施される見込み。ホンダvsトヨタのミニバン戦争となることは避けられないだろう。

ノア

現行型ノア

次期ノア/ヴォクシーは、グローバルプラットフォームであるTNGA-Cの導入により、3ナンバーサイズとなる公算が高い。

対する次期ステップワゴンは、現行型プラットフォームを改良して使っていく可能性が高く、ボディサイズは5ナンバーサイズに収められるのではと考えられる。

ステップワゴン スパーダ リアコンビネーションランプ

ステップワゴンはフルモデルチェンジ後もわくわくゲートを継続か、リアデザイン大幅改良で不人気車種を脱却

現行型ステップワゴンの昨年2020年度の販売台数は36,091台となった。ライバル車種らを見てみると、ノアが46,755台、ヴォクシーが71,903台、セレナが65,302台という状況で、ステップワゴンの人気の低さを改めて確認する結果となった。

ステップワゴンはフルモデルチェンジで「わくわくゲート」が廃止される

ステップワゴンが不人気車である原因と考えられてきた一つが「わくわくゲート」である。

ステップワゴン スパーダ

ステップワゴン スパーダ

一般的にミニバンのバックドアは大きく、後方スペースの狭い駐車場では開閉が難しかった。これを解決するため、ステップワゴンにはバックドアに一回り小さい開き戸が装備された。しかし、後方スタイルが左右非対称デザインとなってしまい、その見た目が悪いと酷評されてきたのが現行型である。

ただし機能的な部分に限って言えば、便利だという意見も多く、次期ステップワゴンでも残される可能性が高い。デザイン面での大きな進化を期待したい。

ステップワゴン スパーダ フロントグリル

フルモデルチェンジにより、ステップワゴンはハイブリッド車が充実される

また不人気の原因は、パワートレインにもあったと考えられる。

2.0Lハイブリッドのe:HEVは、従来型ではエアログレードのスパーダにしか用意されておらず、時代のニーズと合っていない。次期型では、2.0L e:HEVは通常モデルにまで採用が広がる。改良も盛り込まれて、燃費性能の向上も果たされるだろう。

低価格なガソリンエンジンモデルも継続される。ただし、新開発のコンベンショナルエンジンを電動化が叫ばれるこのご時世に新規導入されるわけもなく、現行の1.5L VTEC-TURBOがキャリーオーバーとなる可能性が高いだろう。

ステップワゴン モデューロX

次期セレナは第二世代e-POWERを搭載
セレナ フルモデルチェンジ2022年秋

ステップワゴンはフルモデルチェンジ後も5ナンバーサイズを維持

前述の通り、次期ステップワゴンのボディサイズは、現行型と大きく変わらない見込み。特に全幅は1.7m未満の5ナンバー車としての存続が期待される。

ライバル車種は、ノア/ヴォクシーがTNGA(GA-C)、セレナがCMF-C/Dといったグローバルプラットフォームを次期型では採用し、全幅1.7m超えの3ナンバー車となる可能性が高い。そんななか、大型化を嫌うユーザーがステップワゴンを選ぶ、というケースも出てくるだろう。

逆に言えば、ライバルよりワンクラス下の車種に見られてしまうリスクもある。そのためスパーダでは、しっかりとワイド感のあるエアロにより上級イメージが高められる。

ステップワゴン モデューロX リアコンビネーションランプ

次期ステップワゴンは、昨今のデザイントレンドを反映し、全高を少し抑えたスポーティーなイメージに仕上げられる。ミニバン車種が居住性重視、キャビン容積拡大へと変化してきた流れは、一旦休止となりそう。

タイトルとURLをコピーしました