新型【ステップワゴン】フルモデルチェンジは2022年春、ホンダ狭山工場閉鎖へ

ステップワゴン

ホンダ・ステップワゴンのフルモデルチェンジが2022年春にも実施される見込みとなっている。

ステップワゴン スパーダ

現行ステップワゴン スパーダ

ステップワゴンを生産してきた狭山工場が2021年度内に閉鎖

2015年にデビューした現行型の5代目ステップワゴンは、販売7年目を迎えるモデル末期車種である。これまで狭山工場で生産されてきたが、同工場は2021年度内の閉鎖が決まっており、これに伴い現行型ステップワゴンが販売停止となることが確定的となっている。

2022年春の次期型6代目へのフルモデルチェンジ発売を待たずして、2021年末にも現行型ステップワゴンは生産終了となる見込み。数ヶ月の間、ホンダのラインアップから姿を消すことになる。

オデッセイアブソルート後期型

オデッセイ

さらに、同じ狭山工場で生産されてきたミニバン車種としてオデッセイもあるが、これも受注終了となる。

こういった状況下で、国内のミニバン需要に対して優先的に開発が進められているのが次期ステップワゴンで、これは最新設備を整える寄居工場で生産されることになる。

2022年は国内ミドルクラスミニバンの競争が激化、各社が新型を販売

新型ステップワゴンのデビューよりもひと足早い2021年末のタイミングで、トヨタ・ノア/ヴォクシーのフルモデルチェンジが実施される見込み。

さらに2022年秋には日産・セレナもフルモデルチェンジ予定となっている。

2022年は、ホンダvsトヨタvs日産のミニバン戦争の勃発が避けられない状況となっている。

ノア

現行型ノア

次期ステップワゴンは国内需要に応え、5ナンバー継続の可能性

次期ノア/ヴォクシーは、グローバルプラットフォームであるTNGA-Cの導入により、全幅1.7m以上の3ナンバーサイズとなる公算が高い。さらに、セレナも次期型ではグローバルプラットフォームのCMF-C/Dが導入され、3ナンバー化される可能性がある。

セレナ e-POWER

現行型セレナ

そんななか次期ステップワゴンは、5ナンバーサイズの継続が予想される。

これまでステップワゴンを生産してきた狭山工場は、他にレジェンド、オデッセイ、クラリティといった比較的大きなサイズの車種を生産してきた。

そして、次期ステップワゴンは寄居工場で生産されることになるが、この寄居工場はホンダの最新技術が導入されてはいるものの、国内向けメインの中小型車種に特化された生産設備となっている。

ホンダ寄居工場

ホンダ寄居工場

これまで寄居工場で生産されてきたのは、CR-V、フリード、インサイト、Honda e、先代シビックといったモデル。寄居工場では現行型ステップワゴンすら、ボディサイズが大き過ぎるという問題で生産が難しいほどである。次期ステップワゴンが大型化される可能性は低い。

また、次期ステップワゴンは現行型プラットフォームを改良して開発が進められてきた。

こういった理由から、ボディサイズは5ナンバーサイズが維持されるのではと考えられる。

ステップワゴン スパーダ リアコンビネーションランプ

ノア、セレナが3ナンバー化するなか、5ナンバーを維持したステップワゴンが選ばれるというケースも出てくるだろう。

しかし、ライバルよりワンクラス下の車種に見られてしまうリスクもある。そのためスパーダでは、しっかりとワイド感のあるエアロにより上級イメージが高められる。

ステップワゴン モデューロX リアコンビネーションランプ

次期ステップワゴンは、昨今のデザイントレンドを反映し、全高を少し抑えたスポーティーなイメージに仕上げられる。ミニバン車種が居住性重視でキャビン容積を拡大してきた流れは、一旦休止となりそう。

ステップワゴンはフルモデルチェンジでリアデザイン大幅改良、わくわくゲート廃止で不人気車種を脱却

現行型ステップワゴンの昨年2020年度の販売台数は36,091台となった。ライバル車種らを見てみると、ノアが46,755台、ヴォクシーが71,903台、セレナが65,302台という状況で、ステップワゴンの人気の低さを改めて確認する結果となった。

ノア/ヴォクシーの次期型についての記事はこちら
ヴォクシー/ノア フルモデルチェンジ最新情報 2021年末、エスクァイア統合

ステップワゴンはフルモデルチェンジで「わくわくゲート」が廃止される

現行型ステップワゴンが不人気車である原因と考えられてきた一つが「わくわくゲート」である。

ステップワゴン スパーダ

ステップワゴン スパーダ

一般的にミニバンのバックドアは大きく、後方スペースの狭い駐車場では開閉が難しかった。これを解決するため、ステップワゴンにはバックドアに一回り小さい開き戸が装備された。しかし、後方スタイルが左右非対称デザインとなってしまい、その見た目が悪いと酷評されてきたのが現行型である。

次期ステップワゴンではオーソドックスな跳ね上げ式バックドアの採用となり、見た目もスッキリ。余計なコストも抑えられることになるだろう。

ステップワゴン スパーダ フロントグリル

フルモデルチェンジにより、ステップワゴンはハイブリッド車が充実される

また不人気の原因は、パワートレインにもあったと考えられる。

2.0Lハイブリッドのe:HEVは、従来型ではエアログレードのスパーダにしか用意されておらず、時代のニーズと合っていない。次期型では、2.0L e:HEVは通常モデルにまで採用が広がる。改良も盛り込まれ、燃費性能の向上も果たされる。

また市場がほぼ国内に限られるなかで販売規模を維持するためにも、低価格なガソリンエンジンモデルの継続も望まれる。ただし、電動化が叫ばれるこのご時世に、新開発のコンベンショナルエンジンを新規に導入するのは難しく、現行の1.5L VTEC-TURBOがキャリーオーバーとなるだろう。

ステップワゴン モデューロX

次期セレナは第二世代e-POWERを搭載
セレナ フルモデルチェンジ2022年秋
タイトルとURLをコピーしました