新型【フリード】価格表 AIR 2,508,000円、e:HEV CROSSTAR 5人乗りは車中泊に完全対応で3,393,500円など【ホンダ最新情報スクープ】フルモデルチェンジいつ?2024年5月9日先行予約スタート、グレード構成、電動パーキングブレーキ採用

フリード

freed-crosstar-005

ホンダのフリードがフルモデルチェンジを迎えました。2024年5月9日には、ティザーサイトが公開され、新モデルの先行予約が開始されました。正式な発売日はまだ明らかにされていませんが、2024年6月に登場予定とされています。

新型フリード グレード別、パワートレイン別 価格表(FF 4WD)

パワートレイン グレード 乗車定員(人) 消費税込み車両本体価格(円) マルチビューカメラシステム+LEDアクティブコーナリングライト
1.5L ガソリン FF AIR 6 2,508,000  
AIR EX 6 2,697,200  
7 2,741,200  
CROSSTAR 5 2,812,700  
6 2,856,700  
1.5L ガソリン 4WD AIR 6 2,739,000  
AIR EX 6 2,928,200  
CROSSTAR 5 3,043,700  
6 3,087,700  
1.5L ハイブリッド FF e:HEV AIR 6 2,857,800  
e:HEV AIR EX 6 3,047,000  
6 3,166,900
7 3,091,000  
e:HEV CROSSTAR 5 3,162,500  
6 3,206,500  
6 3,326,400
1.5L ハイブリッド 4WD e:HEV AIR 6 3,088,800  
e:HEV AIR EX 6 3,278,000  
6 3,397,900
e:HEV CROSSTAR 5 3,393,500  
6 3,437,500  
6 3,557,400

※AIR EX 7人乗りの設定は無し

新型フリード、フルモデルチェンジの<まとめ>は、次のページ

車中泊シートアレンジは、身長1.9m以上でもフルフラットで寝れる

新型フリードクロスターは、車中泊に特に力を入れて対応してきました。

freed-crosstar-018

ほとんどフルフラットになります。わずかにボード厚の段差が残るのみです。

freed-crosstar-006

2列目座面クッションは前方へ逃され、その傾斜面がしっかり残ります。しかし、床面で1.9m程度が確保されており、余裕をもって車中泊に対応します。さらにマットレスなどを敷くことで底上げされると2.0m程度まで有効長が伸ばされます。

freed-crosstar-007

その他測定データ

  • フロアボードの下の深さ 387mm
  • フロアボードを外し、バックドア上フレームから床面の高さ 1296mm
  • フロアボードの下の先細り奥行きの中間地点での横幅 704mm
  • 5人乗車時の荷室奥行き 961mm

新型フリード、フルモデルチェンジの<まとめ>は、次のページ

FREED AIRは2列目キャプテンシートを装備

新しいフリードは「FREED AIR」と「FREED CROSSTAR」の2つのスタイルで提供されます。FREED AIRには、3列シートで6人乗りと7人乗りのオプションがあり、FREED CROSSTARでは、2列シート車の5人乗りと3列シート車の6人乗りが選択できます。e:HEVは、4WD車の設定もあります。

freed-air-004

安全装備においても、新型フリードにはさまざまな機能が追加されました。ホンダセンシングの新機能として、ブラインドスポットインフォメーション、トラフィックジャムアシスト(渋滞運転支援機能)、近距離衝突軽減ブレーキ、渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール(ACC)、オートハイビーム、パーキングセンサーシステム、急アクセル抑制機能、アダプティブドライビングビーム(タイプ別メーカーオプション)、後退出庫サポートが含まれています。

freed-air-002

2024年5月11日からは、全国168箇所で新型フリードの先行展示会が予定されており、実車を直接確認できる機会が提供されます。

新型フリード、フルモデルチェンジの<まとめ>は、次のページ

フリード AIR 画像 2024年5月

freed-air-007 freed-air-008 freed-air-006 freed-air-004 freed-air-003 freed-air-002 freed-air-001

新型フリード、フルモデルチェンジの<まとめ>は、次のページ

フリード CROSSTAR 画像 2024年5月

freed-crosstar-001 freed-crosstar-003 freed-crosstar-019 freed-crosstar-006 freed-crosstar-018 freed-crosstar-005 freed-crosstar-004 freed-crosstar-017 freed-crosstar-016 freed-crosstar-020 freed-crosstar-015 freed-crosstar-014 freed-crosstar-013 freed-crosstar-012 freed-crosstar-011 freed-crosstar-010 freed-crosstar-008 freed-crosstar-009 freed-crosstar-007 freed-crosstar-002

新型フリード、フルモデルチェンジの<まとめ>は、次のページ

新型フリードの画像がリーク、イオンモールの展示会告知

freed-leak2

新型フリードについては、ティザーサイト公開の前日に、エクステリアデザインがリークされていました。

新型フリードは正式発表後、全国各地で展示会が開催される予定です。その一環として、イオンモール浜松市野での展示会も計画されています。しかし、同モールが公式サイトで告知した際に、まだ公開してはいけないと思われる新型フリードの写真が掲載されてしまいました。

freed-leak

新型フリード、フルモデルチェンジの<まとめ><テストカー動画>は、次のページ

新型フリード、テストカーもスパイショットされてきた

新型フリードは通算3代目モデルとなる。

freed-testcar

新型フリード テストカー スパイショット(画像提供 Twitter@torusa8874 様)

テストカーのスパイショットは、2023年秋頃と2024年3月頃の2つの期間で多くの報告があり、ホンダセンシングなどの進化も期待される。

freed-100

新型フリード テストカー スパイショット(画像提供 Twitter@LillianneMoo 様)

リアコンビネーションランプのデザインに関しては、シンプルな縦並びが推測される。ブレーキランプの点灯シーンも多く報告されてきた。

freed-104

新型フリード テストカー スパイショット(画像提供 Twitter@LillianneMoo 様)

高速道路でのテスト走行が捉えられており、その動画からは車線変更や追い越しのシーンも確認される。

freed-06

新型フリード テストカー スパイショット(画像提供 Twitter@yoshiHR417E 様)

そのなかでは、フロントのウィンカーの点灯パターンがシンプルであることも確認できる。つまりシーケンシャルウインカーは採用されていないことが判明した。なお、デイタイムライトと切り替わるダブルファンクションウインカーの採用であることは2023年秋のスパイショットでも明らかとなっていた。

freed-03

新型フリード テストカー スパイショット(画像提供 Twitter@yoshiHR417E 様)

太陽光が当たる高速道路での走行シーンからは、平面的な外板パネルが印象的である。現行の2代目モデルはサイドの曲線的なキャラクターラインが強調されたものであり、これとは一線を画す。新型フリードは、2022年にフルモデルチェンジを受けたステップワゴンに近いデザインコンセプトが与えられていそうだ。

freed-05

新型フリード テストカー スパイショット(画像提供 Twitter@yoshiHR417E 様)

テスト車両の仮ナンバーの発行地が、2023年秋は所沢、2024年3月は熊谷となっていた点も興味深い。

新型フリード、フルモデルチェンジの<まとめ><テストカー動画>は、次のページ

「FREED AIR」が商標出願、予想グレード構成

新型フリードの開発車両であることが想定されるテストカーについては、2023年秋頃から目撃情報があり、これまでに多くのスパイショット画像の提供をいただくことができた。

freed-spy-shot-front

新型フリード スパイショット(画像提供 Twitter@LDH31503150 様)

これによると、ボディ骨格を含めた完全な新設計であることが確認できる。水平基調のデザインが採用され、箱型イメージを強めてきそうだ。

new-freed-face-z

新型フリード スパイショット(画像提供 Twitter@tiN2kk57964 様)

グレード構成は、商標出願が確認された「FREED AIR」をベースに、上級の「FREED AIR EX」が設定される見込み。SUVテイストの「CROSSTAR」も設定が継続されることになりそう。

freed-z

新型フリード スパイショット(画像提供 Twitter@offcourseyass 様)

また、従来「FREED +(プラス)」は廃止となるが、2列シート5人乗りの設定は「CROSSTAR」で用意されることになる。

現在のところ想定されているグレード構成と乗車定員は以下の通りとなる。

  • 「AIR」ベースグレード(6/7人乗り)
  • 「AIR EX」上級グレード(6/7人乗り)
  • 「CROSSTAR」SUVテイスト(5/6人乗り)
freed-001

従来型フリード

なお、従来型フリードについては、2024年4月に生産が終了する見込み。

新型フリード、フルモデルチェンジの<まとめ>は、次のページ

「FREED AIR」が商標出願、「CROSSTAR」グレード継続か

ホンダから「FREED AIR」として新たな商標出願があったことが、2023年12月26日の公開日で確認された。

freed-air

ステップワゴン同様にベースグレードに相当するであろうシンプルデザインのモデルには「AIR」の呼称が使われることになりそう。また、従来の「CROSSTAR」もSUVブームが継続されるなかでは、欠かせないグレードとなるだろう。

新型フリード、フルモデルチェンジの<まとめ>は、次のページ

新型フリードのスパイショット画像、フルモデルチェンジ開発車両リーク

新型フリードのスパイショット画像からは、ステップワゴン似のフロントデザインが確認できる。このショットでは、左右ヘッドライト間がステップワゴンよりも寝かされていることが確認できる。

freed-spyshots-732

新型フリード(右) スパイショット(画像提供 Twitter@abcelvo 様)

また、ヘッドランプユニットの擬装シール開口部の横幅は、上段が狭く、下段が広くなっているが、これは発光部分を反映しているかもしれない。

freed-spyshots-733

新型フリード スパイショット(画像提供 Twitter@abcelvo 様)

バックドアの開口幅は、現行型よりも広く直線的となっているのが確認できる。荷物の出し入れはやりやすくなっていそうだ。

freed-spyshots-734

新型フリード スパイショット(画像提供 Twitter@abcelvo 様)

撮影場所は、草津パーキングエリアということで、関西エリアにまでテスト走行している。これまで関東地方で撮影されたスパイショットは、「所沢」の仮ナンバーが装着されていた。新型フリードの開発拠点は、鈴鹿製作所ではなく、生産拠点でもある埼玉製作所が中心となっていることが予想される。

新型フリード、フルモデルチェンジの<まとめ>は、次のページ

新型フリード、フルモデルチェンジでダブルファンクションウインカー採用

新型フリードの斜め前方からのスパイショットでは、ヘッドランプユニットの形状が確認できる。直線の帯で左右ヘッドランプが繋げられ、ステップワゴンよりもさらにシンプルにした印象だ。

freed-spy-shot-front

新型フリード スパイショット(画像提供 Twitter@LDH31503150 様)

発光パターンは上段にデイタイムライトが点灯しているのがわかる。他に擬装の隙間は、デイタイムライトのすぐ下しか空いておらず、ここにメインのヘッドライトが配置されていることが予想される。

new-freed-face-z

新型フリード スパイショット(画像提供 Twitter@tiN2kk57964 様)

正面からのショットでは、ダブルファンクションウインカーの採用が確認できる。この短い横幅であれば、シーケンシャルではないことが予想される。後ろにもう一台の迷彩柄のテストカーがある。複数の方から提供いただいたテストカーのナンバーは、「所沢・・・1」「所沢・・・7」の二種類があるようで、その2台かもしれない。

freed-side-z

新型フリード スパイショット (奥のモデル)(画像提供 Twitter@gure595 様)

手前にあるのは初代モデルであるが、フロントガラスの傾きは、同程度に見える。

freed-z

新型フリード スパイショット(画像提供 Twitter@offcourseyass 様)

「所沢」の仮ナンバーは、これまでのホンダのテストカーでも使われてきた。このスパイショットの車両は、さいたま市内のコンビニエンスストアに駐車されている状況となっている。同県にはホンダに関連する事業所が多く、これまでフリードシリーズが生産されてきた寄居完成車工場もある。テストカーは、ホンダの開発車両であり、ボディ形状からフルモデルチェンジが迫っているフリードの次期型と考えて間違いないだろう。

新型フリード、フルモデルチェンジの<まとめ>は、次のページ

新型フリードのフルモデルチェンジ、ボディ骨格から新設計

freed-highway

新型フリード スパイショット(画像提供 Twitter@makozo0023 様)

次期フリードについては、プラットフォームがキャリーオーバーされた、実質フルスキンチェンジである可能性も一部で予想されてきた。しかし、テストカーを見る限り、基本骨格の大幅な変更が確認できる。従来型2代目モデルは後方にかけてサイドのプレスラインが上がっていく流線的なデザインが特徴であった。

現行型フリード リアコンビネーションランプ

現行型フリード

次期型は、水平基調のプレスラインが確認できる。これに合わせてサイドウィンドウの形状も水平基調のデザインに変更されている。現行の2代目モデルはフロントサイドの三角窓が大きく設定されていたが、開発車両は初代型よりも小さくなっている。

freed-side

新型フリード スパイショット(画像提供 Twitter@gure595 様)

ルーフラインは平坦で、新型ステップワゴンのような箱型のボックスカーらしいシェイプが採用されている。

freed

新型フリード スパイショット(画像提供 Twitter@offcourseyass 様)

当該駐車場の白線枠をGoogleマップで確認したところ、一般的な全長5m程度のパーキング枠であることが推定される。スパイショット画像からは、現行型の全長4,295mmが、ほぼ維持されているように見える。新型フリードのテストカーは、箱型基調を強めたことで、やや大柄に見えるが、寸法的には極端な大型化は行われていないのではないか。全長4.8mの上位車種 ステップワゴンとの差別化も継続されそうだ。

freed-highway-z

新型フリード スパイショット (外環を走行中とのこと)(画像提供 Twitter@makozo0023 様)

また、三列シート部分の窓、リアクォーターウィンドウが擬装シールで埋められているのも気になるところ。ここは嵌め殺しで開くことはなく、ステッカーやスモークフィルム貼り付けでも車検に通る箇所であるから、擬装シールを貼っても公道走行で問題が無いはず。まさか、かつてのフリードスパイクのように窓が無いということは商品力の面でも考えにくい。

freed-spy-shot-rear

新型フリード スパイショット(画像提供 Twitter@LDH31503150 様)

freed-rear-high

シャークフィンアンテナ採用。テールゲートスポイラー風の出っ張りは無しか。 (画像提供 Twitter@offcourseyass 様)

これは擬装パターンに騙されている可能性があるが、リアクォーターウィンドウは大きなルーローの三角形に近い形状に整えられているようにも見える。従来型のリアクォーターウィンドウを発展させたようなシェイプでもあり、フリードらしさが表現されるのではないか。

freed-rearlamp

リアコンビネーションランプはシンプルな縦並びを採用。太陽十字のデザインはダミー? (画像提供 Twitter@offcourseyass 様)

三代目となる新型フリードは、名実ともにフルモデルチェンジと呼ぶに相応しいモデルとなるだろう。この時期の完全新設計であれば、将来的にBEVのバリエーションも視野に入れ、最適化されていることが予想される。

FREED 006

2023年10月25日より開幕するジャパンモビリティショーで、ホンダは7台の四輪車を展示予定。しかし、この中に新型フリードらしきモデルは含まれておらず、エクステリアの公開は、あと少し先になりそう。

新型フリード、フルモデルチェンジの<まとめ>は、次のページ

フリードのフルモデルチェンジは2024年中盤予想、採用が期待されるホンダの最新技術

FIT CROSSTER CUSTOM 004

FIT CROSSTER CUSTOM 東京オートサロン2022

ホンダのコンパクトカークラスのフルモデルチェンジは、2020年2月発売の「フィット」と、2021年4月発売の「ヴェゼル」が先行している。これらに採用されたホンダの最新技術が、新型フリードへ採用されることになりそう。

新型フリードはフルモデルチェンジで電動パーキングブレーキの装備が予想される

フリードのフルモデルチェンジで期待されている装備の一つが、電動パーキングブレーキである。マイナーチェンジや一部改良のタイミングでも、装備が期待されてきたが、未だに装備が実現されていない。

一方で、ライバルのトヨタ新型シエンタは、2022年8月にフルモデルチェンジを受けたにもかかわらず、電動パーキングブレーキは装備されていない。

電動パーキングブレーキ関連の装備は、トヨタよりもホンダのほうが積極的で、フリードより低価格帯であるフィットや軽自動車のN-BOXなどでも、採用済みとなっている。フルモデルチェンジを受けた新型フリードでは、電動パーキングブレーキ、オートブレーキホールド、全車速対応で渋滞追従機能付きACCなどの装備が予想される。

新型フリード、フルモデルチェンジの<まとめ>は、次のページ

フルモデルチェンジ 新型フリードに搭載されるエンジンは「1.5Lのe:HEV」と「1.5LのL15Z型」を予想

VEZEL Modulo X CONCEPT 001

VEZEL Modulo X CONCEPT 東京オートサロン2022

2021年には小型SUVの新型ヴェゼルがフルモデルチェンジ発売された。そこでも採用された、新世代パワートレインの「1.5L e:HEV」と「1.5L コンベンショナルガソリンエンジン L15Z型」を採用していく流れは、3列シート装備のコンパクトミニバンの次期フリードでも同様であることが予想される。

さらに、フィットのマイナーチェンジが2022年10月に実施されたが、そこでもガソリン車にL15Z型が採用された。電動化が進められるなか、ガソリンエンジンの集約化も大きな流れとなっている。ホンダは小型車クラスのガソリン車で、L15Z型を採用していくようだ。

フリードのフルモデルチェンジ発売は2024年中盤の予想

フリードのフルモデルチェンジ実施時期は、2024年中盤頃が予想される。現行型の2代目フリードは2016年9月に発売されたモデルで、販売期間は8年目に突入する。

FREED 004

2023年は、特別仕様車 CROSSTAR BLACK STYLEが6月に発売された。実質的には、カラーバリエーションの追加という、比較的軽微な販売のテコ入れと見ることができ、2024年中盤のフルモデルチェンジ時期の予想に変更は無い。

freed-crosstar-black-style-04

FREED CROSSTAR BLACK STYLE(新色)ソニックグレー・パール

ライバルのトヨタ・シエンタは、2022年8月にフルモデルチェンジを受けて新型に切り替わった。

sienta-25

トヨタ 新型シエンタ

2023年こそはフリードのフルモデルチェンジの実施が期待されたがこれは実現することはなく、2024年まで待たされることになりそう。

ホンダ現行型フリード

現行型フリード+

2023年10月は、ジャパンモビリティーショーの開催が予定されているが、ここで次期フリードが参考出品されることも、タイミング的に難しい状況である。

新型フリード、フルモデルチェンジの<まとめ>は、次のページ

現行型フリードの生産状況と納期

ホンダが発表した2024年1月22日時点の工場出荷時期目処によると、フリードおよびフリード+のガソリン車は1ヶ月程度、ハイブリッド車も1ヶ月程度としている。

ホンダ寄居工場

ホンダ寄居工場

また、フリードの生産を担う寄居完成車工場においては、通常稼働が行われており、大規模な稼働停止は実施されていないようだ。

新型フリード、フルモデルチェンジの<まとめ>は、次のページ

フリード フルモデルチェンジ前の特別仕様車 CROSSTAR BLACK STYLEが2023年6月発売

現行型フリードに特別仕様車「CROSSTAR BLACK STYLE」が2023年6月9日に発売となった。

これまで販売されてきた特別仕様車「BLACK STYLE」は、通常Gグレードをベースにしたモデルで、2022年6月に発売されたものであった。今回、追加された特別仕様車「CROSSTAR BLACK STYLE」は、クロスオーバーSUVスタイルのCROSSTARをベースに、ブラックのアクセントにより、より上質で洗練されたスタイルに仕上げられた。

新型フリード、フルモデルチェンジの<まとめ>は、次のページ

フリード 特別仕様車「CROSSTAR BLACK STYLE」の特徴

特別仕様車「CROSSTAR BLACK STYLE」は、スタイリッシュかつ洗練された特性を持つ。モノトーンの装飾品とエクステリアが印象的な外観を形成している。この新型車は、クールな魅力を引き立てる多数の特徴を持っている。

freed-crosstar-black-style-05

まず、フロントグリルガーニッシュはブラッククロームメッキを採用し、フロントグリルはマットグレーで仕上げられている。これらは、車のフェイスを洗練されたものにし、シャープな印象を与える。

freed-crosstar-black-style-07

リアライセンスガーニッシュもブラッククロームメッキを特徴とし、洗練された後部デザインを強調する。美しいクリスタルブラック・パールのドアミラーとアウタードアハンドルも見逃せない。これらのブラックトーンが全体のユニークなスタイリングを引き立てる。

freed-crosstar-black-style-06

インテリアでは、専用ステッチ(シルバー)が施されたコンビシートにより雰囲気を一層引き立てる。

freed-crosstar-black-style-12

足回りには、CROSSTAR専用デザインの15インチアルミホイール(ブラック)が奢られる。

freed-crosstar-black-style-08

LEDハイマウント・ストップランプ(クリアタイプ)も装備している。さらに、フロントロアースポイラーとフロントロアーガーニッシュはガンメタリック塗装、リアロアースポイラーとリアロアーガーニッシュも同じくガンメタリック塗装を施しており、ボディ全体でコーディネートされる。

freed-crosstar-black-style-11

最後に、ブラックのルーフレールが、特別仕様車「BLACK STYLE」の強烈な個性を際立たせる。

freed-crosstar-black-style-03

ボディカラーは、新色のソニックグレー・パール、トワイライトミストブラック・パール、シルバーミストグリーン・メタリック、プラチナホワイト・パールの合計4色が用意される。

新型フリード、フルモデルチェンジの<まとめ>は、次のページ

FREED CROSSTAR BLACK STYLE 価格表

タイプ エンジン トランス
ミッション
駆動 乗員 価格
(消費税10%込み)
HYBRID CROSSTAR
BLACK STYLE
1.5L
アトキンソン
DOHC i-VTEC

i-DCD
7速DCT FF 6人乗り 3,033,800円
4WD 3,198,800円
CROSSTAR
BLACK STYLE
1.5L 直噴
DOHC
i-VTEC
CVT FF 2,703,800円
4WD 2,868,800円

新型フリード、フルモデルチェンジの<まとめ>は、次のページ

FREED+ CROSSTAR BLACK STYLE 価格表

タイプ エンジン トランス
ミッション
駆動 乗員 価格
(消費税10%込み)
HYBRID CROSSTAR
BLACK STYLE
1.5L
アトキンソン
DOHC i-VTEC

i-DCD
7速DCT FF 5人乗り 3,050,300円
4WD 3,215,300円
CROSSTAR
BLACK STYLE
1.5L 直噴
DOHC
i-VTEC
CVT FF 2,720,300円
4WD 2,885,300円

新型フリード、フルモデルチェンジの<まとめ>は、次のページ

現行型は2023年4月に値上げ実施

フリードおよびフリード+の各モデルについて、2023年4月21日(金)より価格改定が行われ、値上げが実施された。新価格は、一律で55,000円(消費税10%込み)の値上げとなった。なお、福祉車両については、消費税非課税のため、50,000円の値上げとなった。

FREED 006

フリードシリーズの新価格帯は、エントリーモデル「FREED G(FF):2,297,900円」から、最上級モデル「FREED HYBRID Modulo X(FF):3,333,000円」となった。

新型フリード、フルモデルチェンジの<まとめ>は、次のページ

フルモデルチェンジ待ちのユーザーが多い中、現行型フリードの販売は好調

2016年の発売でモデル末期となっている現行型「フリード」であるが、販売は好調で、2022年暦年では、国内でミニバン販売台数で首位の61,963台を記録した。(2列シート車の「フリード+」を含めたシリーズ合計の販売台数は79,525台。)

freed-black-style

フリード 特別仕様車「BLACK STYLE」

ライバルの「トヨタ・シエンタ」は、2022年8月のフルモデルチェンジにより新型発売されたが、「フリード」はこれを上回る販売実績となっている。とは言え、「フリード」と、新型となったばかりの「シエンタ」を比較した場合、特に燃費性能などにおける商品力の差は目立っている。次期型フリードでは、ホンダの最新ハイブリッドシステム「e:HEV」の搭載が見込まれており、期待は大きい。

現行型フリード+リアコンビネーションランプ

現行型フリード+

新型フリード、フルモデルチェンジの<まとめ>は、次のページ

フリードの納期は3ヶ月程度に短縮、フルモデルチェンジが近くてもセールス好調

フリードシリーズ、累計販売台数100万台を突破

ホンダはフリードシリーズの累計販売台数として、2021年6月末時点で100万台を突破したことを発表した。その後さらに、2022年(1月~12月)の販売台数として61,963台(2列シートのフリード+除く)となり、国内3列シートミニバンで最も売れた車種であったことを発表した。

現行型フリード リアコンビネーションランプ

現行型フリード

フリードシリーズは2008年に初代モデルがデビュー。2016年のフルモデルチェンジで二代目が登場した。現行型は最後のフルモデルチェンジから時間が経ってはいるものの、2019年のマイナーモデルチェンジでリフレッシュされ後期型となっている。

現行型フリード 3列目シート

現行型フリード

セールスが好調であることからも、フリードがフルモデルチェンジでコンセプトを大きく変えることは望まれないだろう。エクステリア、インテリアに関しては、新型ステップワゴンで示された最新デザインルールの採用が予想される。

フリードのフルモデルチェンジは2024年中盤頃の予想、新型ライバル車が先行販売中

フリードのフルモデルチェンジは2024年中盤頃の実施が予想される。通算2代目の現行型フリードは、2016年9月に発売されており、販売7年目となっている。一方で、直接的なライバル関係にあるトヨタ・シエンタは、2022年8月にフルモデルチェンジ発売され、一足早く新型に切り替わった。

sienta-25

フリードのライバル、新型シエンタ

フリードがフルモデルチェンジ前の最終モデルに、2022年6月の一部改良と特別仕様車

ホンダ・フリードに一部改良の実施と特別仕様車「BLACK STYLE」が設定され、2022年6月24日に発売となった。フリードのフルモデルチェンジは2024年中盤頃が予想されており、今回の改良型が現行型フリードの最終モデルということになるだろう。

さらに「フリード Modulo X」についても2022年7月に新商品に切り替わった。

国内の小型ミニバンのセグメントでは、トヨタ・シエンタが2022年8月にフルモデルチェンジが実施された。シエンタは新型車ということで納期の長期化が予想されるが、そんななかフリードが従来型ベースの改良によって、どれだけの受注を獲得することができるのかも焦点となっている。

フリードの一部改良、主な内容 2022年6月

フリードは、5ナンバーサイズの扱いやすいコンパクトなボディーながらも、広い室内空間と多彩なシートアレンジを実現した使い勝手の良さが特長となっている。

今回の一部改良では、フリードらしい「親しみやすさ」はそのままに、人気装備の運転席・助手席シートヒーター、コンフォートビューパッケージ、ロールサンシェードなどを標準装備としたことに加え、シート表皮には撥水撥油加工が施された「FABTECT(ファブテクト)」が新たに採用され、標準装備となった。

ボディーカラーには、フリードとして新色となるプレミアムクリスタルブルー・メタリック、フィヨルドミスト・パール、トワイライトミストブラック・パールが追加され、商品の魅力がより一層高められた。

エントリーモデルとなる1.5L NAガソリン車の「G(FF/6人乗り)」は2,275,900円から。また、ハイブリッド車は、「HYBRID G(FF/6人乗り)」の2,633,400円からラインアップされる。

一部改良 新型フリードの<画像>は、次のページ

フリードの特別仕様車「BLACK STYLE」、主な内容 2022年6月

フリードの特別仕様車「BLACK STYLE」は、通常フリードのGグレードをベースに、エクステリア・インテリアともにブラックをアクセントにすることで、より上質で洗練されたスタイルが目指された。

エクステリアには、クロスオーバースタイルのCROSSTARのフロントグリルが採用され、15インチアルミホイールやアウタードアハンドル、ドアミラーなどはブラックで統一された。インテリアもインストルメントパネル各部がブラック化されるとともに、シートの色にもブラックが採用され、より引き締まった印象に仕上げられた。

車両本体価格は、1.5Lガソリン車の「G BLACK STYLE(FF/6人乗り)」が2,413,400円からとなる。またハイブリッド車の「HYBRID G BLACK STYLE(FF/6人乗り)」は2,699,400円から用意される。

特別仕様車「BLACK STYLE」の主な装備内容

  • フロントグリルガーニッシュ(ダーククロームメッキ)&フロントグリル(マットグレー)
  • リアライセンスガーニッシュ(ダーククロームメッキ)
  • ブラック ファブリックシート&ブラック インテリア
  • ドアミラー(クリスタルブラック・パール)
  • アウタードアハンドル(クリスタルブラック・パール)
  • 15インチアルミホイール(ブラック)
  • LEDハイマウント・ストップランプ(クリアタイプ)

特別仕様車「BLACK STYLE」の<画像>は、次のページ

自動車リサーチ 記事リスト

 

新型フリード モデルチェンジ まとめ

まとめ更新日: 2024/05/12

新型フリード 2024年  フルモデルチェンジ予想

  • 2024年5月9日 ティザーサイト公開、先行予約の受注スタート
  • フルモデルチェンジ先行展示会、イオンモールが画像リーク
  • 従来型2024年4月に生産終了の見込み
  • 「AIR」ベースグレード(6/7人乗り)予想
  • 「AIR EX」上級グレード(6/7人乗り)予想
  • 「CROSSTAR」SUVテイスト(5/6人乗り)予想
  • 「フリード+(プラス)」廃止で、「CROSSTAR」で2列シート車が継続予想
  • 福祉車両は「CROSSTAR」の2列シート車がベースとなる予想
  • 開発車両スパイショット報告多数
  • 水平基調、箱型イメージを強めてデザイン変更
  • ボディ骨格含めた完全な新設計
  • グレードにより、5ナンバー/3ナンバー混在の予想
  • ダブルファンクションウィンカーを採用
  • シーケンシャルウィンカーは不採用
  • 電動パーキングブレーキの装備予想
  • パワートレインは新型ヴェゼルから流用予想
  • 「1.5L e:HEV」と「1.5L NAガソリン L15Z型」の採用予想

新型フリード 画像 2024年5月

freed-crosstar-008 freed-crosstar-007 freed-crosstar-006 freed-crosstar-005 freed-crosstar-004 freed-crosstar-003 freed-crosstar-002

freed-crosstar-001 freed-air-008 freed-air-004 freed-air-003 freed-air-002 freed-air-007 freed-air-006 freed-air-005

新型フリード スパイショット動画 2024年3月

現行型フリード、2023年は値上げ実施、さらに特別仕様車

  • 2023年4月21日、現行型は消費税込み55,000円の値上げ
  • 特別仕様車 CROSSTAR BLACK STYLE 2023年6月9日に発売

フリード CROSSTAR特別仕様車「BLACK STYLE」の画像  2023年6月

freed-crosstar-black-style-17 freed-crosstar-black-style-16 freed-crosstar-black-style-15 freed-crosstar-black-style-14 freed-crosstar-black-style-13 freed-crosstar-black-style-11 freed-crosstar-black-style-12 freed-crosstar-black-style-10 freed-crosstar-black-style-09 freed-crosstar-black-style-08 freed-crosstar-black-style-06 freed-crosstar-black-style-07 freed-crosstar-black-style-05 freed-crosstar-black-style-04 freed-crosstar-black-style-03 freed-crosstar-black-style-02 freed-crosstar-black-style-01 freed-crosstar-black-edition

フリード一部改良モデルの画像  2022年6月

freed-20220623-16 freed-20220623-15 freed-20220623-14 freed-20220623-11 freed-20220623-12 freed-20220623-13 freed-20220623-10 freed-20220623-09 freed-20220623-08 freed-20220623-05 freed-20220623-06 freed-20220623-07 freed-20220623-04 freed-20220623-03 freed-20220623-02 freed-20220623-01

特別仕様車「BLACK STYLE」の画像

freed-black-style freed-black-style-interior

タイトルとURLをコピーしました