car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

次期フィットの発売は2019年、ダウンサイジングターボとi-MMDハイブリッド

次期フィットに1.0Lターボあり、フリードターボは実現ならず

ホンダは新世代ターボエンジンとしてVTEC-TURBOを発表している。ハイパフォーマンス型の2.0Lユニット、燃費重視型の1.5Lユニットが市販車への導入を果たしているが、残る1.0Lユニットについては未だ開発段階となっている。

(写真はステップワゴンの1.5L VTEC-TURBO)
1.5L VTEC-TURBO

1.0L VTEC-TURBOは、2016年内のフルモデルチェンジが予定されている次期フリードで市販車搭載が実現されるものと考えられていたが、これは計画変更により無くなった。1.0L VTEC-TURBOの開発が遅れているというよりも、熟成が進んだ1.3L NAエンジンと高性能のSport Hybrid i-DCDの間に挟まれ、存在価値を見いだせないというのが実情だろう。

そして、次の1.0L VTEC-TURBOの市販車搭載のチャンスは2019年頃が想定されるフィットのフルモデルチェンジということになる。

(写真は現行フィットハイブリッド)
フィット ハイブリッド

次期フィットは1.0Lターボと1.5L i-MMDハイブリッドの二本立て

現行フィットは2013年に発売された3代目モデルである。2017年にはマイナーモデルチェンジが計画されており後期型に移行。販売は2019年まで続けられることになる。

(写真はアコードのSport Hybrid i-MMD)
アコードハイブリッド i-mmd

4代目となる次期フィットは、1.0L VTEC-TURBOに加えて、Sport Hybrid i-MMDもパワートレインラインアップに加わる見込みとなっている。ホンダの現行ラインアップではアコードおよびオデッセイに2.0LのSport Hybrid i-MMDが採用されているが、このシステムをベースにエンジン排気量を落としたバージョンが加わる見込み。これが次期フィットハイブリッドとして採用されることになる。

(写真は1.0L VTEC-TURBO)
1.0L VTEC TURBO

つまり、次期フィットは1.0Lターボとおそらく1.5LのSport Hybrid i-MMDの2種類のパワートレインラインアップとなるだろう。

#1 匿名さん2018/01/27(Sat)16:04:58
普通のNAはもう出ないのか( T_T)
#2 匿名さん2018/01/30(Tue)22:05:14
1.3 NAモデルで十分って人も一定数いると思うんだがな・・というか、近年は取りあえずハイブリッドカー売っとけば良いって感じで面白くないね。

#3 匿名さん2018/01/30(Tue)22:16:29
2年も前の記事をワザワザあげて、あーだこーだ、どうしたのさ?

フィットの次期型の話なんて当分先
なんにも決まってない

ああ、NAは廃止だが
#4 匿名さん2018/01/30(Tue)22:36:37
現行デビュー当初、HVのRSを評論家は絶賛しました
しかし一般人が試乗していく中で、DCTの不具合によりスポーティーとはかけ離れた現実が浮き彫りとなり、レビューへの疑問が相次ぎました
その後、評論家は信用失墜に焦ったのか継続記事でその点を指摘したものが増え、中には乗ったプロトタイプと市販版は違うと言い出す人も出ました

これらは実際起こったことです
脊髄反射の前に、当時の記事を漁り直してください
評論家が乗りもしない車を絶賛する記事を飛ばしたのか、ホンダが試乗会専用の車を用意したのか、真実はどちらなのでしょう
#5 匿名さん2018/01/30(Tue)22:48:58
ふ~ん
参考にはなるが、真相は闇の中

ひとつ言えることは、DCTの不具合→リコールが、販売に多大なダメージを与えたこと
カタログスペックでは圧勝だったはずのT社アクアに完敗

現行フィットは「3代目」
ホンダ車は「奇数代がヒットする」という法則があてはまらなかった
稀有な例
#6 匿名さん2018/01/31(Wed)13:22:53
N社は試乗専用の車(R33)を用意してボロ糞叩かれていましたね。だいぶ昔の話ですが。
#7 匿名さん2018/01/31(Wed)17:22:59
デュアルクラッチトランスミッションは、フォルクスワーゲングループのシステムがベスト!
無理して自社で開発した結果がこれ!

ホンダとヒュンダイグループの合併の話は進んでいるかな
先進的な韓国車の技術と、美しいデザインは、ホンダにはマネできないな
#8 匿名さん2018/01/31(Wed)18:03:07
韓国の車なんざぁ死でも乗らねぇ。
#9 匿名さん2018/01/31(Wed)18:13:47
意識が、いつか悲劇を生む

ヒュンダイはWRCで大活躍
ホンダはF1で「走るシケイン」と化している
ホンダは、いつまで単独で事業を続けていけるのかな?
#10 匿名さん2018/01/31(Wed)21:12:48
※4
HVのRSって何?
フイット3のHVには、RSというグレードはないのだが。
#11 匿名さん2018/01/31(Wed)21:42:58
♯4
確かに

ニワカ知識をひけらかすと、こうなる
#12 匿名さん2018/01/31(Wed)22:09:36
※7
「デュアルクラッチトランスミッションは、フォルクスワーゲングループのシステムがベスト!」って、渋滞の多い国だとリコール出まくりで未だに解決してないだろ!

「無理して自社で開発した結果がこれ!」って、シェフラーという会社と共同開発したこと知らないの?
#13 匿名さん2018/01/31(Wed)22:13:37
♯12
馬鹿が!

「無理して自社で開発した結果がこれ!」
↑リコール出しまくりのホンダのことだよ!
読解力ねーな、ボケ!
#14 匿名さん2018/01/31(Wed)22:58:29
#13
馬鹿はあんただろ!
自社で開発はしていないんだっていってるだろ!
シェフラーという会社と共同開発したって書いているだろ!

日本語が読めないのか!このハゲ!
#15 匿名さん2018/02/01(Thu)16:19:57
どっちにしろ、ホンダが採択して大衆向け市販車に載せたDCTは、最悪。製品未満。

不具合認識しながらも発売を強行し、β版テストを市場で行った。
そして2年半もの長い間、意見を無視し顧客を蔑ろにし続け、仕様だと言い張り続けた。
この事実は変えられない。覆すには、信用を一から築いていくしかない。
#16 匿名さん2018/02/01(Thu)16:37:49
♯14
う〜ん、部品メーカー出されてもな

ホンダとして売ってんだから、ホンダが無能なだけだわな

あと、その表現は良くないね
相手の気持ちも考えなきゃ、さ
#17 匿名さん2018/02/01(Thu)18:00:40
自社で開発していない
しかし、シェフラーと共同開発はした

♯14の投稿

結局、自社で開発しているじゃんね
無能のメーカーを好む輩は、やはり無能、か
#18 匿名さん2018/02/14(Wed)00:18:46
お前等、小学生のケンカかよ
#19 匿名さん2018/02/14(Wed)07:43:00
次期モデルは、現行の松ぼっくりみたいなスタイルを何とかしてほしい。
#20 匿名さん2018/02/17(Sat)06:34:23
3気筒のフィールはなかなか良いらしいね
#21 匿名さん2018/02/17(Sat)07:09:28
ドイツ市場向け「シビック用」のデータ
1.0L 直3直噴ターボ 95kW (129PS) /180Nm
6MTとCVT

名前(任意)
コメント