新型アコードハイブリッドは狭いトランク、高い車両価格、ツアラー無しの三重苦

新型アコードは高性能ハイブリッド搭載、しかし荷室が狭い

ホンダのアコードがフルモデルチェンジし、2013年6月21日に販売が始まった。この新型アコードは新開発の2モーター式ハイブリッドを搭載し、JC08モード燃費は30.0km/Lを達成。これはライバルのトヨタ・カムリハイブリッドの23.4km/Lを大幅に上回る燃費性能ということで話題となった。
アコードハイブリッド
クラスNo1の燃費性能を獲得した新型アコードだが、これが売れるのかというと実はそうは思わない。理由は3つあり、まずはトランクルームの狭さである。写真を見ていただければわかると思うが、バッテリーを積載してるとはいえ全長4915mmのFFセダンとは思えない荷室の狭さ。これがカムリハイブリッドでは荷室容量として440Lを確保しており後席を倒したトランクスルーも可能である。
アコードハイブリッド トランク
アコードハイブリッド トランク1
アコードに採用されたリチウムイオンバッテリーは、カムリ等に使われているニッケル水素バッテリーと比べて一般的には小型化が可能とされるが、このアコードのトランクを見る限りバッテリーユニットは相当大きい。本当にリチウムイオンバッテリーなのか疑いたくなるほどである。

新型アコードは高すぎる、ワゴンは設定されずセダンのみのラインアップ

そして、新型アコード2つ目のダメ出しは車両価格の高さである。アコードは今回から更に大型化しており、従来のインスパイアに相当するボディサイズなのだが、アコードと名が付けばやはり車格はアコードなのである。エンジンサイズはハイブリッドながらも直4の2.0Lであり、カムリハイブリッドの2.5Lよりも車格が上だとは感じにくい。カムリハイブリッドの車両価格は304万円からで、他にこのクラスの人気車種で言えばマツダ・アテンザのクリーンディーゼル搭載モデルが290万円からという価格となっている。新型アコード、365万円スタートの車両価格が随分と割高に思えてしまうのである。
アコードハイブリッド 2013
最後に3つ目の弱点としては、ツアラーの設定が無いことである。現状の日本市場を見る限り、高級ブランド車を除いてセダンの人気はほとんど無い。特に今世紀に入ってからでは、アコードと言えばセダンよりもワゴンのツアラーの印象が強いのだが、なぜか新型アコードにはツアラーの設定が無く、追加ラインアップされる予定も現在のところ無いとのこと。前述の通り、新型アコードはインスパイア後継車でもあるわけで、インスパイアにワゴンモデルが無かったように、新型アコードにもツアラーが設定されないということだろう。
アコードハイブリッド i-mmd
このように新型アコードが販売台数的に成功できるのかについてはかなり懐疑的なのだが、期待したい面もある。それは、この新型2モーター式ハイブリッドの他車種への展開である。特に2014年に計画されているステップワゴンのハイブリッド化は楽しみである。

関連するレポート

[ 2013/06/23 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

次期フェアレディZコンセプトが東京モーターショー2017発表の可能性

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スープラ復活、市販プロトタイプが2017年秋の東京モーターショーに出品予想

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

フォレスターのフルモデルチェンジは2017年秋発表、2018年春発売の予測

後期型アクア、マイナーモデルチェンジで6/19発売、クロスオーバー約206万円

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

CX-3に2.0Lガソリンエンジンモデル追加、JC08モード燃費17.0km/L

次期スカイラインクーペ ハイブリッドのコンセプトモデルが発表、500ps超

スカイライン プロパイロットの発売日は近い、改良型インフィニティQ50発表

日産が次期リーフのティザー画像を公開、2017年後半フルモデルチェンジか

エクストレイルがマイナーモデルチェンジで後期型へ、プロパイロット搭載

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

レクサス新型UXシリーズは2018年春の発売見込み、プレミアムコンパクトSUV

レクサスNX300h、NX200t改めNX300が後期型へマイナーモデルチェンジ

アルファード、ヴェルファイアは今秋マイナーモデルチェンジで2.0Lターボ追加

トヨタが新型カムリ日本仕様を発表、2017年夏の発売を予告、販売強化

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

D-X(次期コペン)、オフロードオープンスポーツが東京モーターショーに出展

N-BOXスラッシュがマイナーモデルチェンジの見込み、新デザインテーマ設定か

トヨタ・マークX実質的後継モデル、2017年1月デトロイトモーターショーで公開

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

次期フォレスターが開発中、2017年秋東京モーターショーでワールドプレミア

新型ミライース発売、フルモデルチェンジでもJC08モード燃費の向上無し

新型ノートにディーゼルエンジン搭載モデルが登場、日本導入の可能性は?

マツダ・CX-3にガソリンエンジン搭載車が追加発売、2017年秋

ホンダ・フィットのマイナーモデルチェンジは6月下旬、ホンダセンシング搭載

ホンダ・N-BOXフルモデルチェンジ画像公開、現行デザイン踏襲

トヨタ・アクアが6月19日マイナーモデルチェンジ、X-クロスオーバー追加

マツダ次期ロータリー車はシリーズ式ハイブリッド、RX-9発売の可能性は

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

新型シビックは今夏発売のスケジュール、4ドアセダン、5ドアハッチバック、タイプR

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.