新型アコードハイブリッドは狭いトランク、高い車両価格、ツアラー無しの三重苦

新型アコードは高性能ハイブリッド搭載、しかし荷室が狭い

ホンダのアコードがフルモデルチェンジし、2013年6月21日に販売が始まった。この新型アコードは新開発の2モーター式ハイブリッドを搭載し、JC08モード燃費は30.0km/Lを達成。これはライバルのトヨタ・カムリハイブリッドの23.4km/Lを大幅に上回る燃費性能ということで話題となった。
アコードハイブリッド
クラスNo1の燃費性能を獲得した新型アコードだが、これが売れるのかというと実はそうは思わない。理由は3つあり、まずはトランクルームの狭さである。写真を見ていただければわかると思うが、バッテリーを積載してるとはいえ全長4915mmのFFセダンとは思えない荷室の狭さ。これがカムリハイブリッドでは荷室容量として440Lを確保しており後席を倒したトランクスルーも可能である。
アコードハイブリッド トランク
アコードハイブリッド トランク1
アコードに採用されたリチウムイオンバッテリーは、カムリ等に使われているニッケル水素バッテリーと比べて一般的には小型化が可能とされるが、このアコードのトランクを見る限りバッテリーユニットは相当大きい。本当にリチウムイオンバッテリーなのか疑いたくなるほどである。

新型アコードは高すぎる、ワゴンは設定されずセダンのみのラインアップ

そして、新型アコード2つ目のダメ出しは車両価格の高さである。アコードは今回から更に大型化しており、従来のインスパイアに相当するボディサイズなのだが、アコードと名が付けばやはり車格はアコードなのである。エンジンサイズはハイブリッドながらも直4の2.0Lであり、カムリハイブリッドの2.5Lよりも車格が上だとは感じにくい。カムリハイブリッドの車両価格は304万円からで、他にこのクラスの人気車種で言えばマツダ・アテンザのクリーンディーゼル搭載モデルが290万円からという価格となっている。新型アコード、365万円スタートの車両価格が随分と割高に思えてしまうのである。
アコードハイブリッド 2013
最後に3つ目の弱点としては、ツアラーの設定が無いことである。現状の日本市場を見る限り、高級ブランド車を除いてセダンの人気はほとんど無い。特に今世紀に入ってからでは、アコードと言えばセダンよりもワゴンのツアラーの印象が強いのだが、なぜか新型アコードにはツアラーの設定が無く、追加ラインアップされる予定も現在のところ無いとのこと。前述の通り、新型アコードはインスパイア後継車でもあるわけで、インスパイアにワゴンモデルが無かったように、新型アコードにもツアラーが設定されないということだろう。
アコードハイブリッド i-mmd
このように新型アコードが販売台数的に成功できるのかについてはかなり懐疑的なのだが、期待したい面もある。それは、この新型2モーター式ハイブリッドの他車種への展開である。特に2014年に計画されているステップワゴンのハイブリッド化は楽しみである。

関連するレポート

[ 2013/06/23 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

三菱自動車、新型エクリプス クロスの日本販売計画有り、2018年の発売

新型BMW 5シリーズ ツーリング、ジュネーブモーターショー2017画像

レクサスがスピンドルグリルに見切り、次期モデルから新型グリルデザインの可能性

次期スカイラインクーペ ハイブリッドのコンセプトモデルが発表、500ps超

アウディ・Q8スポーツコンセプトのワールドプレミア画像、新型クーペSUV提案

トヨタが新型コンパクトクロスオーバーSUVコンセプトをパリモーターショーで公開

アテンザ ハイブリッドがテスト中

トヨタが新型i-TRILをジュネーブモーターショーで発表、i-ROAD後継4輪

アルファード&ヴェルファイアのマイチェン後期型が東京モーターショー出展か

レクサスLS500hがワールドプレミア、ラグジュアリー内装のフラグシップセダン

トヨタ・ハリアーがマイナーモデルチェンジ、3列シート車追加の可能性

メルセデスAMG GTコンセプト画像、4ドアスポーツクーペをジュネーブで提案

スカイライン プロパイロットの発売日は近い、改良型インフィニティQ50発表

日産欧州キャシュカイが後期型へ、新Vモーショングリルとプロパイロット採用

マクラーレン新型720S ジュネーブショー画像、日本価格は3338万3000円から

トヨタ・ヤリスGRMNがジュネーブショーで発表、1.8Lスーパーチャージャー搭載

ボルボ新型XC60画像、ジュネーブモーターショーでワールドプレミア

フォルクスワーゲン新型アーテオンがワールドプレミア、ジュネーブショー画像

フィットがマイナーモデルチェンジ予定、RSで1.0L VTEC-TURBO導入の可能性

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

三菱エクリプス クロスをワールドプレミア、ジュネーブモーターショー画像

ホンダ新型シビックタイプRの量産型が世界初公開、ジュネーブモーターショー

ホンダ新型NSX 米国生産モデルが横浜港到着、日本向け納車スタート

日産、可変圧縮比エンジン搭載のスカイラインクロスオーバーを開発中

NSX後継?ホンダの新型スポーツカー

スバルが新型レヴォーグのティザー画像を公開、インプレッサとの違いは?

ノア、ヴォクシー、エスクァイア三姉妹モデルがマイナーモデルチェンジを計画

新型スバルXVが世界発表、ジュネーブモーターショー2017画像

メルセデスベンツ CLA45 AMGを発表、Aクラス4ドアクーペの高性能モデル

QX50(スカイラインクロスオーバー)がNYショーでマイナーモデルチェンジ発表

トヨタ・ヴィッツハイブリッド発売、マイナーチェンジでフェイスリフト後期型

N-BOXのフルモデルチェンジが今夏予定、ホンダセンシングを軽自動車に初採用

新型V37 スカイラインは2013年発売予定

クラウン アスリート/ロイヤルのフルモデルチェンジは2018年に延期

シビック タイプRが1.6Lターボ搭載で2014年発売、日本導入の可能性高い

新型インプレッサ WRX STIの発売は延期、7月の改変でGR、GV型最終モデルへ

次期ノートは3ナンバーの可能性、8月下旬発売予定

スズキ新型スイフトは、Bセグメントハッチの中で完成度が高い

三菱アウトランダーがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフト画像

ホンダ・シビックタイプR量産型がジュネーブモーターショーで初公開予定

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.