car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

キャデラック新型XT5クロスオーバー画像、SRX後継モデル

XT5クロスオーバーが大阪モーターショー2017に出品

キャデラックから新型XT5クロスオーバーが2017年10月に日本発売された。大阪モーターショー2017でも出品され車体が一般公開された。

(写真はキャデラックXT5クロスオーバー)
XT5クロスオーバー

新型XT5クロスオーバーのボディサイズは全長4825mm×全幅1915mm×全高1700mm、ホイールベースは2860mmとなる。2016年に販売が終了したSRXクロスオーバーの後継車種にあたる。

XT5クロスオーバー リアコンビネーションランプ XT5クロスオーバー リアドア

フルサイズSUVとしてエスカレードが置かれるキャデラックのなかでは、新型XT5クロスオーバーはコンパクトSUVとしてラインアップされる。それでも日本の道路上ではまだまだ迫力が感じられるサイズ。エクステリアでは、キャデラックらしい大型のフロントグリルで存在感が示された。他車種でも採用されているヘッドランプから縦型ラインで下ろされるシグネチャーライティングも印象的で、キャデラックの最新モデルらしい顔付きとなった。

XT5クロスオーバー フロントグリル XT5クロスオーバー 大阪モーターショー2017

XT5クロスオーバーには3.6L V6エンジンを搭載、左ハンドル車のみ

XT5クロスオーバー インテリア

新型XT5クロスオーバーに搭載されるのは、3.6LのV6エンジンとなる。そのパフォーマンスは最高出力314ps、最大トルク368Nmとなる。気筒休止システムとアイドリングストップシステムも備わり、組み合わさるトランスミッションは8ATとなる。

XT5クロスオーバー シート XT5クロスオーバー リアシート

税込車両価格668万5200円のラグジュアリーと、754万9200円のプラチナムの2グレードが用意される。いずれもハンドル位置が左となっており、右ハンドル車はラインアップされない。

#1 匿名さん2017/12/12(Tue)08:17:10
フロント・リアのデザインはキャデラックらしさが出ていて〇
但し、コロンとした全体のフォルムは個人的には▲
右ハンドルを用意しない時点で、日本市場で本気でシェアを取るつもりは
ないようだ
#2 匿名さん2017/12/13(Wed)11:24:15
注目度が恐ろしく低いことはわかった
これが日本市場のキャデラックの現状
#3 匿名さん2017/12/24(Sun)22:18:38
どこ行きゃ買えるんだってレベルだもんな
欲しくて仕方ない人以外には選択肢にもならない
#4 匿名さん2017/12/24(Sun)23:14:25
ネットで探せばどこで買えるかわかるだろう
#5 匿名さん2018/03/05(Mon)15:27:59
芸能界高額納税車
#6 匿名さん2018/05/02(Wed)17:32:39ID:M5MWViN2DM
日本でのヒットは難しいだろう。
 ・サイズがネック。特に全幅が1915mm
 ・エンジンが3.5LV6のみ
 ・当然、左ハンドルのみ

名前(任意)
コメント

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先