car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

キャデラック新型XT5クロスオーバー画像、SRX後継モデル

XT5クロスオーバーが大阪モーターショー2017に出品

キャデラックから新型XT5クロスオーバーが2017年10月に日本発売された。大阪モーターショー2017でも出品され車体が一般公開された。

(写真はキャデラックXT5クロスオーバー)
XT5クロスオーバー

新型XT5クロスオーバーのボディサイズは全長4825mm×全幅1915mm×全高1700mm、ホイールベースは2860mmとなる。2016年に販売が終了したSRXクロスオーバーの後継車種にあたる。

XT5クロスオーバー リアコンビネーションランプ XT5クロスオーバー リアドア

フルサイズSUVとしてエスカレードが置かれるキャデラックのなかでは、新型XT5クロスオーバーはコンパクトSUVとしてラインアップされる。それでも日本の道路上ではまだまだ迫力が感じられるサイズ。エクステリアでは、キャデラックらしい大型のフロントグリルで存在感が示された。他車種でも採用されているヘッドランプから縦型ラインで下ろされるシグネチャーライティングも印象的で、キャデラックの最新モデルらしい顔付きとなった。

XT5クロスオーバー フロントグリル XT5クロスオーバー 大阪モーターショー2017

XT5クロスオーバーには3.6L V6エンジンを搭載、左ハンドル車のみ

XT5クロスオーバー インテリア

新型XT5クロスオーバーに搭載されるのは、3.6LのV6エンジンとなる。そのパフォーマンスは最高出力314ps、最大トルク368Nmとなる。気筒休止システムとアイドリングストップシステムも備わり、組み合わさるトランスミッションは8ATとなる。

XT5クロスオーバー シート XT5クロスオーバー リアシート

税込車両価格668万5200円のラグジュアリーと、754万9200円のプラチナムの2グレードが用意される。いずれもハンドル位置が左となっており、右ハンドル車はラインアップされない。

#1 匿名さん2017/12/12(Tue)08:17:10
フロント・リアのデザインはキャデラックらしさが出ていて〇
但し、コロンとした全体のフォルムは個人的には▲
右ハンドルを用意しない時点で、日本市場で本気でシェアを取るつもりは
ないようだ
#2 匿名さん2017/12/13(Wed)11:24:15
注目度が恐ろしく低いことはわかった
これが日本市場のキャデラックの現状
#3 匿名さん2017/12/24(Sun)22:18:38
どこ行きゃ買えるんだってレベルだもんな
欲しくて仕方ない人以外には選択肢にもならない
#4 匿名さん2017/12/24(Sun)23:14:25
ネットで探せばどこで買えるかわかるだろう
#5 匿名さん2018/03/05(Mon)15:27:59
芸能界高額納税車
#6 匿名さん2018/05/02(Wed)17:32:39ID:M5MWViN2DM
日本でのヒットは難しいだろう。
 ・サイズがネック。特に全幅が1915mm
 ・エンジンが3.5LV6のみ
 ・当然、左ハンドルのみ

名前(任意)
コメント

過去記事(2014/08/21)

キャデラック エスカレード日本仕様がフルモデルチェンジ、2014年9月受注受付

新型エスカレードが日本デビュー、キャデラックのフルサイズミニバン

キャデラックのフルサイズSUV、エスカレードのフルモデルチェンジが日本モデルにも実施されることになった。来月2014年9月にもゼネラルモーターズ・ジャパンでの受注がスタートされる見込みとなっている。

(写真は新型エスカレード、ニューヨーク国際オートショー2014)
エスカレード

6.2LのV8エンジンはパフォーマンスアップ、気筒休止システムと8速ATの採用で燃費性能向上

新型エスカレードは、2013年10月にワールドプレミアされたモデル。搭載されるパワートレインは、6.2LのV8エンジンと8速ATの組み合わせという発表であった。

エスカレード フロントグリル エスカレード リアコンビネーションランプ

エンジンサイズは従来型を踏襲しているが、最高出力420ps、最大トルク63.5kgmとなり、従来型の406ps、57.6kgmからパフォーマンスアップとなる。さらに気筒休止システムの採用により燃費性能の向上が期待される。トランスミッションも従来型の6ATからグレードアップされる。

エスカレード日本発売

ボディサイズは全長5180mm×全幅2044mm×全高1889mmで、ホイールベースは2946mmとなる。先代モデルとの比較では、全長+36mm、全幅+37mm、全高+2mmと僅かに拡大するもののほぼ変わらず。ホイールベースには変更が無い。

(写真はランドローバー・レンジローバー)
レンジローバー 2013ジュネーブ

新型エスカレードのライバルとなるのはトヨタ・ランドクルーザー、あるいは昨年2013年にフルモデルチェンジしたランドローバー・レンジローバーといったフルサイズSUV勢。日本では大きすぎるボディのため敬遠されがちなカテゴリーであるが、本格アウトドアのツールとしてだけでなくプレミアム感の高い高級車として興味を持つファンも多い。

米国仕様では、さらに大きい全長5698mmのロングボディ仕様、ESVがラインアップされる。

過去記事(2013/12/22)

キャデラック新型CTSが大阪モーターショーに出展、2.0Lターボエンジン搭載

キャデラックCTSが来春2014年フルモデルチェンジ、価格は599万円から

ゼネラルモーターズ(GM)はキャデラック新型CTSを大阪モーターショー2013で公開した。

今月12月1日まで開催された東京モーターショー2013では、GMを含めた米国ビッグスリーが不参加ということであったが、比較的低予算での出展が可能と思われる名古屋、大阪、福岡のモーターショーでは小規模ブースながらも参加に至った。

(写真は新型CTS、大阪モーターショー2013)
キャデラック CTS

キャデラック新型CTS日本仕様は右ハンドル車が設定されない可能性が高い

キャデラック新型CTSは3月に開催されたニューヨーク国際オートショー2013でフルモデルチェンジを受け、シリーズ3代目となった。日本市場での発売日は2014年4月12日、その価格は599万円からを予定している。

日本と英国に向けられた右ハンドル仕様の設定はそもそも考えられておらず、その導入は設計上の問題で難しいようである。
ドイツ系プレミアムセダンに対抗するモデルということもあってか、日本市場でもウケそうなエクステリアデザインに感じたが、左ハンドルのみであれば日本では一部のアメ車ファンのみに向けられた高級セダンという位置付けになるだろう。

(写真は新型CTS、ニューヨーク国際オートショー2013)
キャデラック CTS NYオートショー

新型CTSのボディサイズは全長4966mm×全幅1834mm×全高1453mm、ホイールベース2911mmとなった。先代モデルと比較すれば全長が約10cmほど延長している。

キャデラック CTS ニューヨーク国際オートショー2013 キャデラック新型CTS

新型CTS日本仕様に搭載されるパワートレインは最高出力276ps、最大トルク400Nmの直4 2.0Lのダウンサイジングターボエンジンに6ATが組み合わさった1タイプのみとなる。

(写真は3.6L V6 ツインターボエンジン)
cadillac 3.6L V6 twin turbo

この他、米国仕様ではトップグレードとして最高出力426ps、最大トルク583Nmを発生するV6 3.6Lツインターボエンジンモデルなどがラインアップする。

過去記事(2012/12/01)

キャデラック・ATSの日本発売は2013年3月予定、3シリーズ対抗セダン

キャデラック・ATSが日本市場にも導入予定

キャデラック・ATSの日本仕様の発表が2012年11月15日に行われた。
ATSは2012年1月のデトロイトモーターショー2012で発表されたモデルで、キャデラックにとってはいわば入門モデルのような役割を担っている。したがってATSで顧客満足がある程度得られれば、上位モデルへの販売拡大につながるとGMは期待しているようだ。
その後ATSは、パリモーターショー2012にて欧州初公開するとともに欧州市場への参入を発表。BMW『3シリーズ』、メルセデスベンツ『Cクラス』、アウディ『A4』などのドイツ車の高級小型スポーツセダンに北米だけでなく欧州でも対抗していくことを意味し、これはまさにGMの宣戦布告ともとれる発表であった。
キャデラック ATS

ATS日本仕様は2.0L直4ガソリンターボエンジン搭載

このATSの欧州仕様車は、2.0L直列4気筒ガソリンターボエンジンのみを採用しており、最大出力は276psとパワフルなスペックである。日本でもこの欧州仕様と同タイプのものが導入されることになる。
V6も選択できる北米とは違った格好にしてきたのは、あからさまに同じクラスのライバル車を意識していると思われる。例えば、BMW 328iの同じ2.0L直列4気筒エンジンが240psであることも比較対象の一つであろう。キャデラックによると、この2.0L直4ターボのATSは、同等排気量の競合ドイツ車と比較して最もパワフルだということで、まずはスペックで差をつけた。あとは試乗による走り心地にどう差が出るかが楽しみなところだ。
ATS
GMジャパンによれば、新型キャデラックATSの日本発売として2013年3月を予告している。