キャデラック新型CTSが大阪モーターショーに出展、2.0Lターボエンジン搭載

キャデラックCTSが来春2014年フルモデルチェンジ、価格は599万円から

ゼネラルモーターズ(GM)はキャデラック新型CTSを大阪モーターショー2013で公開した。

今月12月1日まで開催された東京モーターショー2013では、GMを含めた米国ビッグスリーが不参加ということであったが、比較的低予算での出展が可能と思われる名古屋、大阪、福岡のモーターショーでは小規模ブースながらも参加に至った。

(写真は新型CTS、大阪モーターショー2013)
キャデラック CTS

キャデラック新型CTS日本仕様は右ハンドル車が設定されない可能性が高い

キャデラック新型CTSは3月に開催されたニューヨーク国際オートショー2013でフルモデルチェンジを受け、シリーズ3代目となった。日本市場での発売日は2014年4月12日、その価格は599万円からを予定している。

日本と英国に向けられた右ハンドル仕様の設定はそもそも考えられておらず、その導入は設計上の問題で難しいようである。
ドイツ系プレミアムセダンに対抗するモデルということもあってか、日本市場でもウケそうなエクステリアデザインに感じたが、左ハンドルのみであれば日本では一部のアメ車ファンのみに向けられた高級セダンという位置付けになるだろう。

(写真は新型CTS、ニューヨーク国際オートショー2013)
キャデラック CTS NYオートショー

新型CTSのボディサイズは全長4966mm×全幅1834mm×全高1453mm、ホイールベース2911mmとなった。先代モデルと比較すれば全長が約10cmほど延長している。

キャデラック CTS ニューヨーク国際オートショー2013 キャデラック新型CTS

新型CTS日本仕様に搭載されるパワートレインは最高出力276ps、最大トルク400Nmの直4 2.0Lのダウンサイジングターボエンジンに6ATが組み合わさった1タイプのみとなる。

(写真は3.6L V6 ツインターボエンジン)
cadillac 3.6L V6 twin turbo

この他、米国仕様ではトップグレードとして最高出力426ps、最大トルク583Nmを発生するV6 3.6Lツインターボエンジンモデルなどがラインアップする。

タイトルとURLをコピーしました