WRC日本開催2020年誘致目指す、同年ヴィッツ廃止で次期ヤリスを発売か

ヤリス日本導入、WRC日本開催と絡めた動きでホットハッチブームは起こせるか

FIA 世界ラリー選手権、WRCの日本開催に向けての動きがある。2019年あるいは2020年の実現が目指されており、まだ確定した情報は無い。ただし、これと時期を同じくするタイミングで、トヨタはヤリスのフルモデルチェンジを計画しており、この新型車両をベースとしたラリーカーが引き続きWRCに参戦することは想像に難くない。WRCの日本開催が実現すれば、現行のヴィッツに取って代わり、ヤリスが日本導入される可能性が高まる。

(写真はヤリス WRC車両)
WRC YARIS

次期ヤリスは新開発TNGA-Bプラットフォームで開発中、5ナンバー案も残される

欧州ヤリスは、日本ではこれにほぼ近いモデルがヴィッツの車名で販売されてきた。ヴィッツは2017年1月にハイブリッド仕様が追加されたことでモデルサイクルが延長され、2020年あたりのフルモデルチェンジが想定されている。トヨタではTNGA-Bプラットフォームの開発が進められており、これがヴィッツ後継モデルに採用されることになる。

ヤリス WRC

日本ではハイブリッド専用車のアクアがあり、むしろBセグメント車の主役はこちらに移行している。さらに日本のBセグメント車は軽自動車への乗り換えが進みやすい状況下にもあり、単なるヴィッツのままではさらに販売台数を落としかねない。後継モデルもヴィッツの車名に拘る声もあるが、スポーツイメージの強いヤリスに変更することで、新たな価値を付加していく必要があるだろう。

(写真は現行ヤリス ハイブリッド欧州仕様)
ヤリス欧州仕様

開発段階の次期ヤリスのボディタイプは、全幅1.7m以上の欧州仕様と5ナンバー枠の日本仕様の2タイプが現在のところ共存しているようだ。WRCによるスポーツイメージを借りるなら、欧州仕様と同等モデルの日本発売に期待したいところである。

関連するレポート

[ 2017/09/04 ]
#1 匿名さん2017/09/05(Tue)00:09:42
ヤリスはスポーツイメージの強い?そうかな?
#2 匿名さん2017/09/05(Tue)10:11:51
日本ではヴィッツの名前が定着しているから、今さら欧州名に統一する必要もないと思うけどね
#3 匿名さん2017/09/05(Tue)14:56:44
アクアよりデカくなるなら、名前を変えて出直す必要があるだろうね。
#4 匿名さん2017/09/05(Tue)16:16:27
トヨタは昔のスポ車ブームみたいなんを若者に起こしたいんだろ
クルマはいずれ完全に道具化して、テレビ冷蔵庫洗濯機と同じく低価格競争になる
これを少しでも先延ばしにしようと藻掻いている
86は結局年寄りしか買わなかった
もっと安いとなると、ヴィッツベースしかないわな
#5 #32017/09/06(Wed)10:40:20
TOYOTAの公表資料では、86のオーナーの70%が20代30代ですよ。
年寄りしか買わなかったって、あなたの妄想ですか?
#6 匿名さん2017/09/06(Wed)16:48:18
次期1.4ターボのスイスポは190万ぐらいらしいし、1.2ターボ載せて同価格帯のスポーツグレード出せば申し分ないと思う

#7 匿名さん2017/09/07(Thu)00:51:34
86はほとんど30代独身な気がする
20代とくっつけて、若者に売れてますよって、データ上のトリックだな
#8 匿名さん2017/09/07(Thu)09:59:29
TOYOTA86 PERFECT BOOKっていう本には、45%が20代、25%が30代って書かれていました。
思えば、初代の86だって、若者はなかなか新車では買えませんでしたよね。
今の86も、発売されてある程度の年月が経ち、程度の良い中古の価格がこなれてきたので若者が買っているのかもしれませんね。
#9 匿名さん2017/09/09(Sat)08:29:17
昔から若者が買うのは中古。
86はそれなりに役割果たしてると思う。
単純に昔のハチロクやシビックみたいな車を作ると、
夜な夜な公道レースするような連中を量産してしまう。
#10 匿名さん2017/09/14(Thu)14:41:34
まあ、新車出さなきゃ中古車も買えないし。
若者向けってのも慣れない奴はどーせぶつけて修理代で泣く。それでイヤになる前に最初から安い中古車からステップアップしていく。
若者向けを考えるなら中古車市場ありきだよな。
#11 匿名さん2017/09/16(Sat)11:32:49
中古車が若者を育てるんだから、アラサー以上になったら新型の新車をどんどん買うのが
車文化存続に一番の近道

というかそれくらい当たり前にやってるよな。自分に不都合はほぼ無いわけだから
#12 匿名さん2017/09/16(Sat)14:16:48
新車買ったんだ。
すごいね~、すごいね~、すごいね~

名前(任意)
コメント
コメント投稿

ポロGTI新型、フォルクスワーゲンがフランクフルトモーターショーで車両公開

ランドクルーザープラドがマイナーモデルチェンジ後期型、フランクフルト画像

ASPARK OWLがフランクフルトショーデビュー、新興日系スーパーEVメーカー

BMW コンセプトZ4がフランクフルトモーターショー2017で出品、画像

アウディAICON発表、レベル5完全自動運転を予告するコンセプトカー

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジ9/15発売、ハイブリッド改良

次期カローラ2019年フルモデルチェンジ見込み、TNGA-Cプラットフォーム採用

ホンダ・URBAN EV CONCEPTをワールドプレミア、2019年欧州市場で発売

ホンダ・オデッセイが今秋マイナーモデルチェンジで後期型エクステリアに

BMWがコンセプト X7を発表、次世代型キドニーグリル採用で2018年市販化

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

新型CX-8にマツダ版アラウンドビューモニタが搭載、2017年内発売

三菱自動車D:5後継デリカD:6はエルグランドとプラットフォーム共用か

ホンダ・インサイト復活、3代目は居住性向上と新開発i-MMDハイブリッド搭載

ステップワゴンスパーダハイブリッド発売日は9月下旬、価格約314万円から

スイフトスポーツがフランクフルトモーターショーで公開、6MT車183万6000円~

日産・セレナ e-POWER 今秋東京モーターショーのミニバン商戦に間に合うか

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

WRC日本開催2020年誘致目指す、同年ヴィッツ廃止で次期ヤリスを発売か

コンセプトEQA発表、メルセデスのCセグメントハッチバック電気自動車

スズキ次期スペーシア市販プロト、東京モーターショー2017出品予想

スープラ コンセプトの東京モーターショー発表は無し、デトロイトまで持ち越し

アルファロメオ新型ジュリア446万円から、輸入セダンに新たな選択肢

ホンダ新型N-BOXフルモデルチェンジ発売開始、新開発VTECエンジン搭載

マツダ次期アテンザ コンセプトが東京モーターショーで発表される可能性あり

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

サンバーが生産終了、スバルが軽自動車生産から撤退

次期エスティマのフルモデルチェンジ2019年、EVミニバンの可能性も

マツダが次期ロードスターのエクステリアデザインを世界発表、脱KODOコンセプト

86オープン発売中止の真相は?一定の販売台数が見込めないことをトヨタが嫌気

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

プラドが後期型へマイナーモデルチェンジ、エントリー価格353万8080円に値上げ

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.