car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

ヴィッツ後継ヤリス vs 新型フィット、東京モーターショーで対決か

新型ヤリス、2020年初頭~春の発売予測

トヨタのBセグメントコンパクトカー、次期ヤリスの開発が進められている。

トヨタのBセグメントは、これまで国内ではヴィッツのモデルネームが使われていたが、次期型からはグローバル名のヤリスに統一される。新型ヤリスの国内発売時期は2020年の初頭から春あたりが予想される。

国内市場ではこれまで、ヴィッツのライバルであったホンダ・フィットもフルモデルチェンジ予定。次期型フィットは、2019年10月の東京モーターショーで出品されることをホンダは公式に発表しており、これは間違いなく出してくるはず。

対するトヨタの発表はまだないが、新型ヤリスの発売時期から逆算すると、秋の東京モーターショーで、市販プロトの出品を果たすことは期待できる。

これらトヨタ、ホンダの新型Bセグメント対決も2019年の東京モーターショーの見どころとなりそう。

(写真は従来型 YARIS GRMN)
YARIS-GRMN エンジン

次期ヤリスは3気筒エンジン採用、NA、ターボ、ハイブリッドを用意

次期ヤリスには直列3気筒エンジンが搭載される見込み。

普及モデルでは1.0Lから1.5Lクラスの3気筒のNAエンジンの採用が予想される。

ハイブリッドは3気筒1.5Lエンジンをメインユニットとする可能性がある。

GRブランドからのスポーツモデルは、最上級のヤリスGRMNとして、3気筒 1.6Lターボ、6速MT、4WDといった次世代WRCモデルを意識した市販モデルの登場が見込まれる。
このほか、手に届きやすいGRスポーツとして、3気筒1.5Lターボの設定が期待される。

次期ヤリスのプラットフォームは新世代のTNGA-Bが採用される。TNGA-BはトヨタのBセグメント車種、次期アクアやSUV派生モデルなどに、今後、幅広く採用されていくことになる。

#1 匿名さん2019/06/21(Fri)22:22:33ID:RhNmJkMDWY
ヤリスって名前がな
#2 匿名さん2019/06/22(Sat)10:34:17ID:FjMzhhN22Z
GRMNが高すぎる問題。
生産も少ないし。
スイスポ程度に価格抑えたGRが必要。
#3 匿名さん2019/06/22(Sat)18:01:30ID:IyMzE0YmjM
ヤリス。
欧州で高い知名度を誇るホンモノのクルマ。

ヴィッツは日本専用のローカル車。

グローバルで通用し、且つ欧州イメージを想起させる「ヤリス」へのネーミング変更は大歓迎だ。
#4 匿名さん2019/06/22(Sat)21:45:56ID:RiYmFlNTjZ
ホンモノトークはいい加減聞き飽きた
#5 匿名さん2019/07/04(Thu)18:50:24ID:IzMWI5MGWM
3気筒エンジン五月蠅そう。
#6 匿名さん2019/07/04(Thu)20:37:38ID:UyMDViY2DN
これほどまでに期待感の無いクルマも稀だ
#7 匿名さん2019/07/05(Fri)03:24:18ID:I2YTkwZmWM
ヤリスなんてネーミングはヤリスギだが
この際FRにすべきである
#8 匿名さん2019/07/05(Fri)10:07:22ID:g2YWJlZjmZ
FRならスターレット
#9 匿名さん2019/07/05(Fri)18:24:52ID:VmNGJjYTTM
Bセグメントのベンチマークカー、VWポロの圧倒的な総合性能に、どこまで追いつけるか。
#10 匿名さん2019/07/06(Sat)12:26:59ID:U0NWU0MWTY
ベンチマークも聞き飽きた

名前(任意)
コメント

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先