トヨタが1.5L FRスポーツクーペの開発を中止、ロードスターOEM車の可能性は?

トヨタが86より小さいスポーツクーペの開発を断念、マツダとの提携が原因

近年のトヨタは、スポーツカーのラインアップ復活を目論み、新型車両の開発を進めてきた。上級クラスから並べていくと、まずはスープラ後継モデルとしてFT-1コンセプトを発表しており、BMWとの協業により市販化に向けた開発が進められている。次に2012年に発売された86。そして、さらに小さなモデルとして1.5LクラスのFRスポーツクーペを計画していた。

(写真はFT-1コンセプト)
スープラ FT-1

この中で唯一市販化を果たした86は、約250万円のスタート価格が設定されている。マーケティングサイドから見た86の存在意義とは、若者にスポーツカーブームを巻き起こす狙いがあった。しかし乗り出し価格で約300万円にも達する実用性の低いクルマが若者に売れるわけもなく、オーナーの年齢層は比較的高めというのが実情であった。こういった反省もあり、本当に若者が買える低価格なスポーツカーとして、1.5LクラスのFRスポーツクーペの開発が進められていた。

(写真は86)
86 toyota 2012 86 toyota 2012年

しかし、この1.5LクラスのFRスポーツクーペの開発は中止となったようだ。

トヨタ新型1.5L FRスポーツクーペがロードスターOEMになる可能性は?

開発中止の直接の原因は、2015年5月に発表があったトヨタとマツダの提携にあるとされる。つまりマツダ・ロードスターの存在である。

(写真はマツダ・ロードスター)
マツダ ロードスター ロードスターMX-5

2015年5月に発売されたロードスターは、まさに1.5LクラスのFRスポーツクーペであり、さらに別デザインのOEM車がフィアットブランドで2015年11月にデビューする計画となっている。仮にトヨタもロードスターの車両供給を受けることでロードスターがベースの車種を販売することができれば、自社開発の多くが不要となる。

ただし、ロードスターの車両価格も約250万円からということで、86とほとんど変わりがない。いずれにせよ本当に低価格なスポーツカーの実現は難しそうである。

関連するレポート

[ 2015/08/02 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

レクサスがスピンドルグリルに見切り、次期モデルから新型グリルデザインの可能性

次期スカイラインクーペ ハイブリッドのコンセプトモデルが発表、500ps超

アウディ・Q8スポーツコンセプトのワールドプレミア画像、新型クーペSUV提案

トヨタが新型コンパクトクロスオーバーSUVコンセプトをパリモーターショーで公開

アテンザ ハイブリッドがテスト中

トヨタが新型i-TRILをジュネーブモーターショーで発表、i-ROAD後継4輪

アルファード&ヴェルファイアのマイチェン後期型が東京モーターショー出展か

レクサスLS500hがワールドプレミア、ラグジュアリー内装のフラグシップセダン

トヨタ・ハリアーがマイナーモデルチェンジ、3列シート車追加の可能性

メルセデスAMG GTコンセプト画像、4ドアスポーツクーペをジュネーブで提案

スカイライン プロパイロットの発売日は近い、改良型インフィニティQ50発表

日産欧州キャシュカイが後期型へ、新Vモーショングリルとプロパイロット採用

マクラーレン新型720S ジュネーブショー画像、日本価格は3338万3000円から

トヨタ・ヤリスGRMNがジュネーブショーで発表、1.8Lスーパーチャージャー搭載

ボルボ新型XC60画像、ジュネーブモーターショーでワールドプレミア

フォルクスワーゲン新型アーテオンがワールドプレミア、ジュネーブショー画像

フィットがマイナーモデルチェンジ予定、RSで1.0L VTEC-TURBO導入の可能性

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

三菱エクリプス クロスをワールドプレミア、ジュネーブモーターショー画像

ホンダ新型シビックタイプRの量産型が世界初公開、ジュネーブモーターショー

ホンダ新型NSX 米国生産モデルが横浜港到着、日本向け納車スタート

日産、可変圧縮比エンジン搭載のスカイラインクロスオーバーを開発中

NSX後継?ホンダの新型スポーツカー

スバルが新型レヴォーグのティザー画像を公開、インプレッサとの違いは?

ノア、ヴォクシー、エスクァイア三姉妹モデルがマイナーモデルチェンジを計画

新型スバルXVが世界発表、ジュネーブモーターショー2017画像

メルセデスベンツ CLA45 AMGを発表、Aクラス4ドアクーペの高性能モデル

QX50(スカイラインクロスオーバー)がNYショーでマイナーモデルチェンジ発表

トヨタ・ヴィッツハイブリッド発売、マイナーチェンジでフェイスリフト後期型

N-BOXのフルモデルチェンジが今夏予定、ホンダセンシングを軽自動車に初採用

新型V37 スカイラインは2013年発売予定

クラウン アスリート/ロイヤルのフルモデルチェンジは2018年に延期

シビック タイプRが1.6Lターボ搭載で2014年発売、日本導入の可能性高い

新型インプレッサ WRX STIの発売は延期、7月の改変でGR、GV型最終モデルへ

次期ノートは3ナンバーの可能性、8月下旬発売予定

スズキ新型スイフトは、Bセグメントハッチの中で完成度が高い

三菱アウトランダーがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフト画像

ホンダ・シビックタイプR量産型がジュネーブモーターショーで初公開予定

VW新型アーテオンがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.