トヨタが1.5L FRスポーツクーペの開発を中止、ロードスターOEM車の可能性は?

トヨタが86より小さいスポーツクーペの開発を断念、マツダとの提携が原因

近年のトヨタは、スポーツカーのラインアップ復活を目論み、新型車両の開発を進めてきた。上級クラスから並べていくと、まずはスープラ後継モデルとしてFT-1コンセプトを発表しており、BMWとの協業により市販化に向けた開発が進められている。次に2012年に発売された86。そして、さらに小さなモデルとして1.5LクラスのFRスポーツクーペを計画していた。

(写真はFT-1コンセプト)
スープラ FT-1

この中で唯一市販化を果たした86は、約250万円のスタート価格が設定されている。マーケティングサイドから見た86の存在意義とは、若者にスポーツカーブームを巻き起こす狙いがあった。しかし乗り出し価格で約300万円にも達する実用性の低いクルマが若者に売れるわけもなく、オーナーの年齢層は比較的高めというのが実情であった。こういった反省もあり、本当に若者が買える低価格なスポーツカーとして、1.5LクラスのFRスポーツクーペの開発が進められていた。

(写真は86)
86 toyota 2012 86 toyota 2012年

しかし、この1.5LクラスのFRスポーツクーペの開発は中止となったようだ。

トヨタ新型1.5L FRスポーツクーペがロードスターOEMになる可能性は?

開発中止の直接の原因は、2015年5月に発表があったトヨタとマツダの提携にあるとされる。つまりマツダ・ロードスターの存在である。

(写真はマツダ・ロードスター)
マツダ ロードスター ロードスターMX-5

2015年5月に発売されたロードスターは、まさに1.5LクラスのFRスポーツクーペであり、さらに別デザインのOEM車がフィアットブランドで2015年11月にデビューする計画となっている。仮にトヨタもロードスターの車両供給を受けることでロードスターがベースの車種を販売することができれば、自社開発の多くが不要となる。

ただし、ロードスターの車両価格も約250万円からということで、86とほとんど変わりがない。いずれにせよ本当に低価格なスポーツカーの実現は難しそうである。

関連するレポート

[ 2015/08/02 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

トヨタ・ヴィッツハイブリッド発売、マイナーチェンジでフェイスリフト後期型

トヨタ新型カムリがワールドプレミア、北米国際オートショー2017開催

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

スズキ スペーシアカスタムZ プレミアムを東京オートサロンで出品、画像

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

ホンダ新型シビック日本仕様は、セダン、ハッチバック、タイプRの3種類あり

レクサス新型LSが3.5Lツインターボ搭載でワールドプレミア、デトロイトショー2017

レクサスが新型コンセプトカー、LF-SAをジュネーブモーターショーで発表

ダイハツ・ミラは2017年秋フルモデルチェンジ、安全運転支援システム充実

スバルXVは2017年1月生産終了予定、3月ジュネーブで次期型発表の可能性

レクサスUX、プレミアムC-HRを独自デザイン、別チャンネルで販売予定

フィット2017年春マイナーモデルチェンジで直3 1.0Lターボを導入か

スズキ・スペーシア次期モデル開発中、2017年夏のフルモデルチェンジ予測

トヨタは次期プリウスαを開発していない、新プリウスは通常版とPHVだけ

2017年はジュークがフルモデルチェンジか、新デザインとe-POWERで人気モデルに

三菱がジュネーブモーターショーでコンパクトクロスオーバーSUVを発表予定

ヴィッツハイブリッドの車両価格は181万9800円から、1月12日に発売予定

スズキ・スペーシア カスタムZが12月26日に発売予定、新エクステリアに期待

次期15代目クラウン開発中、2017年東京モーターショーでエクステリア発表予想

日産・ノート e-POWERの初期受注が好調、シリーズ合計月販15784台で首位

新型スイフト2017年1月4日発売、スズキのニューモデルラッシュ

スペーシア カスタム Zが発売予定、押し出し感の強い新エクステリアが追加

トヨタ新型プリウスPHVは326万1600円から、2017年2月に発売延期

スズキ・ワゴンRのフルモデルチェンジは年明け早々、2016年内は難しそう

スズキ新型スペーシア カスタムZを149万0400円から発売、燃費30.6km/L

トヨタ次期カムリ、北米仕様は2.5Lターボ有り、日本仕様はハイブリッド専用

スズキ・スイフトのフルモデルチェンジ発表は2016年12月27日、134万3520円から

三菱eKスペース、カスタムがマイナーモデルチェンジでフェイスリフト

バモスが一部改良を受けて販売継続、N BOXと共存する価値はあるのか?

新型スイフトのエンジンは1.2Lマイルドハイブリッド、1.0Lターボ、1.2L NA

スズキがハスラーのワイド版を計画、オシャレなクロスオーバーSUVが登録車に

新型セレナに1.2LレンジエクステンダーEVの可能性、2017年初旬追加発売か

次期カローラは車格アップ、トヨタのセダンラインアップは車種整理される

レクサスが次期LSを予告、コンセプトカーのLF-FCを東京モーターショーで発表

ヴェゼルの受注が好調、ハイブリッド納期は消費税増税後、将来はターボ追加

ヴィッツハイブリッドの発売日は2017年1月12日、先行予約12月開始

日産オッティ&三菱eKワゴン後継車、2013年6月の発売に向けて準備中

マツダCX-5がフルモデルチェンジ、予約受付開始246万2400万円から

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.