car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

トヨタが1.5L FRスポーツクーペの開発を中止、ロードスターOEM車の可能性は?

トヨタが86より小さいスポーツクーペの開発を断念、マツダとの提携が原因

近年のトヨタは、スポーツカーのラインアップ復活を目論み、新型車両の開発を進めてきた。上級クラスから並べていくと、まずはスープラ後継モデルとしてFT-1コンセプトを発表しており、BMWとの協業により市販化に向けた開発が進められている。次に2012年に発売された86。そして、さらに小さなモデルとして1.5LクラスのFRスポーツクーペを計画していた。

(写真はFT-1コンセプト)
スープラ FT-1

この中で唯一市販化を果たした86は、約250万円のスタート価格が設定されている。マーケティングサイドから見た86の存在意義とは、若者にスポーツカーブームを巻き起こす狙いがあった。しかし乗り出し価格で約300万円にも達する実用性の低いクルマが若者に売れるわけもなく、オーナーの年齢層は比較的高めというのが実情であった。こういった反省もあり、本当に若者が買える低価格なスポーツカーとして、1.5LクラスのFRスポーツクーペの開発が進められていた。

(写真は86)
86 toyota 2012 86 toyota 2012年

しかし、この1.5LクラスのFRスポーツクーペの開発は中止となったようだ。

トヨタ新型1.5L FRスポーツクーペがロードスターOEMになる可能性は?

開発中止の直接の原因は、2015年5月に発表があったトヨタとマツダの提携にあるとされる。つまりマツダ・ロードスターの存在である。

(写真はマツダ・ロードスター)
マツダ ロードスター ロードスターMX-5

2015年5月に発売されたロードスターは、まさに1.5LクラスのFRスポーツクーペであり、さらに別デザインのOEM車がフィアットブランドで2015年11月にデビューする計画となっている。仮にトヨタもロードスターの車両供給を受けることでロードスターがベースの車種を販売することができれば、自社開発の多くが不要となる。

ただし、ロードスターの車両価格も約250万円からということで、86とほとんど変わりがない。いずれにせよ本当に低価格なスポーツカーの実現は難しそうである。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント