プリウスプラス新型(トヨタ)ハイブリッドミニバンの口コミ評価

プリウスプラスが発表された。人気のハイブリッドカー、プリウスの7人乗りミニバンだ。
五人乗りプリウスワゴンのプリウスVが先立って発表されていたが、これに3列目シートをプラスしたのが、プリウスプラスだ。
リアハッチにも「PURIUS+」というエンブレムロゴが付いている。

プリウスプラスはエクステリアに新しさがないのが残念

プリウスプラスはウィッシュハイブリッド風?

プリウスプラスは最新のハイブリッドエンジンを採用しているものの、クラス的にはウィッシュとかぶってしまう。デザインがある程度似てしまうのはしょうがないだろう。
しかし2003年登場の、旧ウィッシュに似てしまうのはいかがなものか。最新なのにどうも古臭く感じてしまうのはこのためか。

カルディナにも似ている

次にプリウスプラスのサイドリアに目をやるとカルディナを思い出す。
カルディナといえば、2002年-2007年に販売された、中途半端に古いステーションワゴン車。
どうしてまた古い車のデザインばっかり引っ張ってくるのか。意味がわからない。

ハイブリッドでなければ、まず売れない

現行のプリウスに近いフロント部分は同名車種なのでまだわかる。
それに、昔のトヨタ車をそっくりそのまま足して割ったようなデザインは残念だ。
せめて現行車種からのデザイン流用をして欲しいものだ。
これから新車を買う側の身にもなれば、高いお金を出して1世代前のエクステリアでは萎えてしまう。
プリウスプラス

プリウスプラスは売れるか

予想価格は希望的観測も含めて、249.8万円。この価格なら間違いなく売れる。
フィットハイブリッドの登場で、現在の販売台数ランキングではプリウスは2位に甘んじている。
プリウスプラスの販売時期には間違いなく、1位に返り咲くだろう。
ただし249.8万円はあくまで希望的なもの、実際は260万を超えるような気がする。
リチウムイオン電池搭載の、上位モデルが300万~との噂も。
安いニッケル水素電池タイプも出してくれないと庶民には厳しい。

燃費性能の魅力が最も映える

プリウスプラスとライバルとなるウィッシュなどの小型のミニバンクラスは意外と燃費が良くない。実燃費では11km/L程度のドライバーがほとんどだ。
渋滞や街乗りが多いと10km/Lを下回ってしまう場合も少なくない。
プリウスプラスはこれまでの比較対象にされていた車種に比べると、もっともハイブリッドによる低燃費効果が顕著に出てくる可能性を秘めた車だ。
例えば、フィットに対するフィットハイブリッドは、ほとんどのドライバーはハイブリッドエンジンの価格増分を低燃費効果による燃料費削減で取り返すことができない。コンパクトカーの燃費性能はそもそも良いので、ハイブリッド化による恩恵は大きくはならない。
プリウスは適当な比較車種が見当たらないが、それでも経済性目的なら普通のガソリン車の方がメリットが大きかったのが実際だ。
プリウスプラスに関しては、これまで燃費性能に不満があった車種との比較になる。
初代プリウスの登場でハイブリッドカーは庶民の手に届きやすいものになった。
そしてプリウスプラスの登場でハイブリッドカーは本当の意味での経済的な手段になる可能性がある。

パワーソースはプリウスと共通の予想

プリウスプラスのパワーソースはプリウスと共通の2ZR-FXE型1.8L直4DOHCエンジンが想定される。
当然、7人乗りになった分の車体重量増を伴うが、2ZR-FXEはノーマルガソリン車に例えると2.2L~2.4L相当のエンジンだと言われている。
プリウスのような余裕のある加速はできなくなるだろうが、不満を感じるドライバーは少ないはずだ。
現に7人乗りのウィッシュは1.8Lと2.0Lエンジンのラインアップなのだから。

プリウスプラスはジュネーブモーターショーで登場

既に左ハンドル版のプリウスプラスがジュネーブモーターショーで姿を見せている。
トヨタはこれまでにエスティマハイブリッドなど、比較的大きな車体のハイブリッドカーを登場させてきたが、小型ミニバンのハイブリッドは初めてとあって、ショーの中でも人気を呼んでいた。
これでプリウスファミリーは現行のプリウス、ハッチバック版のプリウスS、ステーションワゴン版のプリウスV、今回ミニバンのプリウスプラスとラインアップを揃えてきた。
日本国内の新車販売時期は2011年のゴールデンウィークには間に合わせたいところだろう。
世界販売され爆発的なヒットが予想される車種である。
これからの新車情報が楽しみな車種である。

関連するレポート

[ 2011/03/03 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

C-HRの初期受注が月間目標の8倍、トヨタ新型コンパクトクロスオーバーSUV

トヨタ・ヴィッツハイブリッド発売、マイナーチェンジでフェイスリフト後期型

トヨタ新型カムリがワールドプレミア、北米国際オートショー2017開催

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

スズキ スペーシアカスタムZ プレミアムを東京オートサロンで出品、画像

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

ホンダ新型シビック日本仕様は、セダン、ハッチバック、タイプRの3種類あり

レクサス新型LSが3.5Lツインターボ搭載でワールドプレミア、デトロイトショー2017

レクサスが新型コンセプトカー、LF-SAをジュネーブモーターショーで発表

ダイハツ・ミラは2017年秋フルモデルチェンジ、安全運転支援システム充実

スバルXVは2017年1月生産終了予定、3月ジュネーブで次期型発表の可能性

レクサスUX、プレミアムC-HRを独自デザイン、別チャンネルで販売予定

フィット2017年春マイナーモデルチェンジで直3 1.0Lターボを導入か

スズキ・スペーシア次期モデル開発中、2017年夏のフルモデルチェンジ予測

トヨタは次期プリウスαを開発していない、新プリウスは通常版とPHVだけ

2017年はジュークがフルモデルチェンジか、新デザインとe-POWERで人気モデルに

三菱がジュネーブモーターショーでコンパクトクロスオーバーSUVを発表予定

ヴィッツハイブリッドの車両価格は181万9800円から、1月12日に発売予定

スズキ・スペーシア カスタムZが12月26日に発売予定、新エクステリアに期待

次期15代目クラウン開発中、2017年東京モーターショーでエクステリア発表予想

日産・ノート e-POWERの初期受注が好調、シリーズ合計月販15784台で首位

新型スイフト2017年1月4日発売、スズキのニューモデルラッシュ

スペーシア カスタム Zが発売予定、押し出し感の強い新エクステリアが追加

トヨタ新型プリウスPHVは326万1600円から、2017年2月に発売延期

スズキ・ワゴンRのフルモデルチェンジは年明け早々、2016年内は難しそう

スズキ新型スペーシア カスタムZを149万0400円から発売、燃費30.6km/L

トヨタ次期カムリ、北米仕様は2.5Lターボ有り、日本仕様はハイブリッド専用

スズキ・スイフトのフルモデルチェンジ発表は2016年12月27日、134万3520円から

三菱eKスペース、カスタムがマイナーモデルチェンジでフェイスリフト

バモスが一部改良を受けて販売継続、N BOXと共存する価値はあるのか?

新型スイフトのエンジンは1.2Lマイルドハイブリッド、1.0Lターボ、1.2L NA

スズキがハスラーのワイド版を計画、オシャレなクロスオーバーSUVが登録車に

新型セレナに1.2LレンジエクステンダーEVの可能性、2017年初旬追加発売か

次期カローラは車格アップ、トヨタのセダンラインアップは車種整理される

レクサスが次期LSを予告、コンセプトカーのLF-FCを東京モーターショーで発表

ヴェゼルの受注が好調、ハイブリッド納期は消費税増税後、将来はターボ追加

ヴィッツハイブリッドの発売日は2017年1月12日、先行予約12月開始

日産オッティ&三菱eKワゴン後継車、2013年6月の発売に向けて準備中

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.