プリウスプラス新型(トヨタ)ハイブリッドミニバンの口コミ評価

プリウスプラスが発表された。人気のハイブリッドカー、プリウスの7人乗りミニバンだ。
五人乗りプリウスワゴンのプリウスVが先立って発表されていたが、これに3列目シートをプラスしたのが、プリウスプラスだ。
リアハッチにも「PURIUS+」というエンブレムロゴが付いている。

プリウスプラスはエクステリアに新しさがないのが残念

プリウスプラスはウィッシュハイブリッド風?

プリウスプラスは最新のハイブリッドエンジンを採用しているものの、クラス的にはウィッシュとかぶってしまう。デザインがある程度似てしまうのはしょうがないだろう。
しかし2003年登場の、旧ウィッシュに似てしまうのはいかがなものか。最新なのにどうも古臭く感じてしまうのはこのためか。

カルディナにも似ている

次にプリウスプラスのサイドリアに目をやるとカルディナを思い出す。
カルディナといえば、2002年-2007年に販売された、中途半端に古いステーションワゴン車。
どうしてまた古い車のデザインばっかり引っ張ってくるのか。意味がわからない。

ハイブリッドでなければ、まず売れない

現行のプリウスに近いフロント部分は同名車種なのでまだわかる。
それに、昔のトヨタ車をそっくりそのまま足して割ったようなデザインは残念だ。
せめて現行車種からのデザイン流用をして欲しいものだ。
これから新車を買う側の身にもなれば、高いお金を出して1世代前のエクステリアでは萎えてしまう。
プリウスプラス

プリウスプラスは売れるか

予想価格は希望的観測も含めて、249.8万円。この価格なら間違いなく売れる。
フィットハイブリッドの登場で、現在の販売台数ランキングではプリウスは2位に甘んじている。
プリウスプラスの販売時期には間違いなく、1位に返り咲くだろう。
ただし249.8万円はあくまで希望的なもの、実際は260万を超えるような気がする。
リチウムイオン電池搭載の、上位モデルが300万~との噂も。
安いニッケル水素電池タイプも出してくれないと庶民には厳しい。

燃費性能の魅力が最も映える

プリウスプラスとライバルとなるウィッシュなどの小型のミニバンクラスは意外と燃費が良くない。実燃費では11km/L程度のドライバーがほとんどだ。
渋滞や街乗りが多いと10km/Lを下回ってしまう場合も少なくない。
プリウスプラスはこれまでの比較対象にされていた車種に比べると、もっともハイブリッドによる低燃費効果が顕著に出てくる可能性を秘めた車だ。
例えば、フィットに対するフィットハイブリッドは、ほとんどのドライバーはハイブリッドエンジンの価格増分を低燃費効果による燃料費削減で取り返すことができない。コンパクトカーの燃費性能はそもそも良いので、ハイブリッド化による恩恵は大きくはならない。
プリウスは適当な比較車種が見当たらないが、それでも経済性目的なら普通のガソリン車の方がメリットが大きかったのが実際だ。
プリウスプラスに関しては、これまで燃費性能に不満があった車種との比較になる。
初代プリウスの登場でハイブリッドカーは庶民の手に届きやすいものになった。
そしてプリウスプラスの登場でハイブリッドカーは本当の意味での経済的な手段になる可能性がある。

パワーソースはプリウスと共通の予想

プリウスプラスのパワーソースはプリウスと共通の2ZR-FXE型1.8L直4DOHCエンジンが想定される。
当然、7人乗りになった分の車体重量増を伴うが、2ZR-FXEはノーマルガソリン車に例えると2.2L~2.4L相当のエンジンだと言われている。
プリウスのような余裕のある加速はできなくなるだろうが、不満を感じるドライバーは少ないはずだ。
現に7人乗りのウィッシュは1.8Lと2.0Lエンジンのラインアップなのだから。

プリウスプラスはジュネーブモーターショーで登場

既に左ハンドル版のプリウスプラスがジュネーブモーターショーで姿を見せている。
トヨタはこれまでにエスティマハイブリッドなど、比較的大きな車体のハイブリッドカーを登場させてきたが、小型ミニバンのハイブリッドは初めてとあって、ショーの中でも人気を呼んでいた。
これでプリウスファミリーは現行のプリウス、ハッチバック版のプリウスS、ステーションワゴン版のプリウスV、今回ミニバンのプリウスプラスとラインアップを揃えてきた。
日本国内の新車販売時期は2011年のゴールデンウィークには間に合わせたいところだろう。
世界販売され爆発的なヒットが予想される車種である。
これからの新車情報が楽しみな車種である。

関連するレポート

[ 2011/03/03 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

次期フェアレディZコンセプトが東京モーターショー2017発表の可能性

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スープラ復活、市販プロトタイプが2017年秋の東京モーターショーに出品予想

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

フォレスターのフルモデルチェンジは2017年秋発表、2018年春発売の予測

後期型アクア、マイナーモデルチェンジで6/19発売、クロスオーバー約206万円

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

CX-3に2.0Lガソリンエンジンモデル追加、JC08モード燃費17.0km/L

次期スカイラインクーペ ハイブリッドのコンセプトモデルが発表、500ps超

スカイライン プロパイロットの発売日は近い、改良型インフィニティQ50発表

日産が次期リーフのティザー画像を公開、2017年後半フルモデルチェンジか

エクストレイルがマイナーモデルチェンジで後期型へ、プロパイロット搭載

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

レクサス新型UXシリーズは2018年春の発売見込み、プレミアムコンパクトSUV

レクサスNX300h、NX200t改めNX300が後期型へマイナーモデルチェンジ

アルファード、ヴェルファイアは今秋マイナーモデルチェンジで2.0Lターボ追加

トヨタが新型カムリ日本仕様を発表、2017年夏の発売を予告、販売強化

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

D-X(次期コペン)、オフロードオープンスポーツが東京モーターショーに出展

N-BOXスラッシュがマイナーモデルチェンジの見込み、新デザインテーマ設定か

トヨタ・マークX実質的後継モデル、2017年1月デトロイトモーターショーで公開

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

次期フォレスターが開発中、2017年秋東京モーターショーでワールドプレミア

新型ミライース発売、フルモデルチェンジでもJC08モード燃費の向上無し

新型ノートにディーゼルエンジン搭載モデルが登場、日本導入の可能性は?

マツダ・CX-3にガソリンエンジン搭載車が追加発売、2017年秋

ホンダ・フィットのマイナーモデルチェンジは6月下旬、ホンダセンシング搭載

ホンダ・N-BOXフルモデルチェンジ画像公開、現行デザイン踏襲

トヨタ・アクアが6月19日マイナーモデルチェンジ、X-クロスオーバー追加

マツダ次期ロータリー車はシリーズ式ハイブリッド、RX-9発売の可能性は

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

新型シビックは今夏発売のスケジュール、4ドアセダン、5ドアハッチバック、タイプR

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.