プリウスワゴン(トヨタ)の口コミ評価

プリウスワゴンは5人乗りワゴンボディのハイブリッド

プリウスシリーズに新しくワゴンボディのプリウスVが加わる。
プリウスVは北米市場での現在の呼称で今後変更される可能性もある。プリウスアルファとの噂も。

大きなボディ

ノーマルのプリウスと比べ、車体は大きく感じる。
ワゴン部分の全長が155mm延長しただけでなく、全高も85mm高くなった。
ボディデザインもルーフの後半が下がることなく、後ろまで高い全高を維持している。
プリウスワゴンの後席は、頭上空間が広々とし、ミニバンのような開放感のあるものとなった。
ただし、この大きなボディは敬遠するユーザーも出てくるはずだ。
コンパクトカーや軽自動車が人気の雰囲気では、ノーマールのプリウスでさえ十分大きな車だ。
プリウスワゴンの車体サイズであれば、7人乗りのミニバンを求めてしまうのが、今のユーザーである。
その分、7人乗りバージョンのプリウスプラスに関しては、特に日本市場での期待が大きくなっている。

乗り心地の改善も期待できる

プリウスワゴンはノーマルプリウスに対してホイールベースが80mm延ばされている。
走行安定性はより高くなっている。
また、ワゴンボディで重くなった車体は乗り心地の面ではプラスだ。
ボディが大柄になった分、走り自体の楽しみは薄れるが、しっとりと安定したサスペンションの動きが期待できる。

人気車となるか?

現行のノーマルプリウスは空前のヒット車となったが、プリウスワゴンはどうだろうか?
通常のガソリン車では5人乗りワゴン車(いわゆるステーションワゴン)は人気がほとんどない状況である。
トヨタの乗用車ラインアップの中では、カルディナが生産中止した現在、カローラフィールダーとマークXジオ(5人乗りタイプ)のみである。
個人の乗用車として、人気車となる可能性は薄いが、法人需要で伸びる可能性が高い。
ただし、7人乗りミニバンのプリウスプラスに関しては、人気車となる可能性を十分に秘めている。
プリウスワゴンプリウスワゴンフロントシートプリウスワゴンリアシートプリウスワゴンのラゲッジルーム

スペック(プリウスワゴンと現行プリウスの比較)

prius-wagon-spec

トヨタのPRIUSシリーズまとめ

プリウスシリーズは全部で4種類のボディタイプでのラインアップが計画されている。
既に発売中の5人乗りハッチバックのプリウスにまず追加されるのが、ワゴンボディのプリウスVである。
「プリウスV」は北米仕様の呼称であり、日本名は「プリウスα」との噂も。わかりやすく「プリウスワゴン」の可能性もある。

プリウス 5人乗りハッチバック 発売済み
プリウス+
(プリウスプラス)
7人乗りミニバン 2011年夏予定
プリウスV
(プリウスα)
(プリウスワゴン)
5人乗りワゴンタイプ 2011年夏予定
プリウスC
(ヴィッツハイブリッド)
5人乗りコンパクト 2012年予定

ワゴンタイプ・ミニバンタイプ

プリウスワゴンは2011年夏のデビュー予定で、ゴールデンウィーク前での正式な発表や予約受け付けも考えられる。
細かいラインアップや価格設定は、採用されるバッテリータイプによって左右されそうだ。
ニッケル水素バッテリー搭載グレードが設定されれば、200万円台半ば付近のベーシックグレードもありえるだろう。
ただし、リチウムイオン電池の搭載グレードが実質的なメイングレードになる可能性も否定できない。
特に、ミニバンタイプのプリウスプラスはリチウムイオン電池を採用した上級グレードのみの可能性が少なからずある。その場合のプリウスプラスの車体価格は300万円を超えることが想定される。
7人乗りミニバンのプリウスプラスはプリウスワゴンとの同時発売(2011年夏)が予想される。

コンパクトハッチタイプ

過去にはヴィッツハイブリッドとも噂された、コンパクトカークラスのハイブリッドは、プリウスCの呼称でデトロイトモーターショーでお披露目された。
まだ、コンセプトモデルの段階である。
プリウスCがデビューする2012年のコンパクトカーカテゴリーは競争過熱が予想される。
プリウスC、フィットハイブリッドといったハイブリッドカーの他、ミラーサイクルエンジンで燃費性能を大幅に向上させたデミオ、マーチスーパーチャージャーといったノーマルガソリン車などがひしめき合う。

関連するレポート

[ 2011/03/07 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

トヨタ・ヴィッツハイブリッド発売、マイナーチェンジでフェイスリフト後期型

トヨタ新型カムリがワールドプレミア、北米国際オートショー2017開催

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

スズキ スペーシアカスタムZ プレミアムを東京オートサロンで出品、画像

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

ホンダ新型シビック日本仕様は、セダン、ハッチバック、タイプRの3種類あり

レクサス新型LSが3.5Lツインターボ搭載でワールドプレミア、デトロイトショー2017

レクサスが新型コンセプトカー、LF-SAをジュネーブモーターショーで発表

ダイハツ・ミラは2017年秋フルモデルチェンジ、安全運転支援システム充実

スバルXVは2017年1月生産終了予定、3月ジュネーブで次期型発表の可能性

レクサスUX、プレミアムC-HRを独自デザイン、別チャンネルで販売予定

フィット2017年春マイナーモデルチェンジで直3 1.0Lターボを導入か

スズキ・スペーシア次期モデル開発中、2017年夏のフルモデルチェンジ予測

トヨタは次期プリウスαを開発していない、新プリウスは通常版とPHVだけ

2017年はジュークがフルモデルチェンジか、新デザインとe-POWERで人気モデルに

三菱がジュネーブモーターショーでコンパクトクロスオーバーSUVを発表予定

ヴィッツハイブリッドの車両価格は181万9800円から、1月12日に発売予定

スズキ・スペーシア カスタムZが12月26日に発売予定、新エクステリアに期待

次期15代目クラウン開発中、2017年東京モーターショーでエクステリア発表予想

日産・ノート e-POWERの初期受注が好調、シリーズ合計月販15784台で首位

新型スイフト2017年1月4日発売、スズキのニューモデルラッシュ

スペーシア カスタム Zが発売予定、押し出し感の強い新エクステリアが追加

トヨタ新型プリウスPHVは326万1600円から、2017年2月に発売延期

スズキ・ワゴンRのフルモデルチェンジは年明け早々、2016年内は難しそう

スズキ新型スペーシア カスタムZを149万0400円から発売、燃費30.6km/L

トヨタ次期カムリ、北米仕様は2.5Lターボ有り、日本仕様はハイブリッド専用

スズキ・スイフトのフルモデルチェンジ発表は2016年12月27日、134万3520円から

三菱eKスペース、カスタムがマイナーモデルチェンジでフェイスリフト

バモスが一部改良を受けて販売継続、N BOXと共存する価値はあるのか?

新型スイフトのエンジンは1.2Lマイルドハイブリッド、1.0Lターボ、1.2L NA

スズキがハスラーのワイド版を計画、オシャレなクロスオーバーSUVが登録車に

新型セレナに1.2LレンジエクステンダーEVの可能性、2017年初旬追加発売か

次期カローラは車格アップ、トヨタのセダンラインアップは車種整理される

レクサスが次期LSを予告、コンセプトカーのLF-FCを東京モーターショーで発表

ヴェゼルの受注が好調、ハイブリッド納期は消費税増税後、将来はターボ追加

ヴィッツハイブリッドの発売日は2017年1月12日、先行予約12月開始

日産オッティ&三菱eKワゴン後継車、2013年6月の発売に向けて準備中

マツダCX-5がフルモデルチェンジ、予約受付開始246万2400万円から

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.