プリウスアルファの発売日が決定!震災後3週間遅れのデビュー

ついにプリウスαがデビュー

トヨタの発表によると、当初4/22に予定されていたプリウスα(アルファ)のデビューが5/13に決まった。
震災の影響で計画より3週間遅れのデビューとなった。

震災後初めての新型車の発売

今もなお、部品の供給体制が十分でない自動車業界ではあるが、トヨタは震災発生当初からハイブリッド車種の部品調達の復旧に力を入れてきた。
愛知県豊田市の堤工場ではプリウスやレクサスの一部のハイブリッド車種の生産再開を早い段階から行ってきている。
ただし、工場がフル操業できるまではしばらく時間が掛かりそうだ。
先日の豊田社長からの事業再開の見通しについての発表では、震災以前の稼働率に戻るには今年の年末あたりまでの時間が必要であると伝えられた。
また、夏ごろには完全復旧には至らないものの、多くの生産ラインが稼動できる状態になると発表されており、徐々に生産体制が改善されていくことが期待できる。
その中でもプリウスアルファは比較的、優先度を高くして生産再開に力を入れてきた車種と言える。

プリウスアルファは2タイプ

ワゴンボディをもつプリウスアルファは、3列シートの有無で2タイプに大きく分けられる。
プリウス アルファ
3列シートのある7人乗りのミニバンタイプはファミリー向けの主力車種になる。
ハイブリッドエンジンでなければ、車のキャラクターはミニバンのウィッシュに近い。
3列目シートの居住性確保の為、バッテリースペースの圧縮が求めらた。
その結果、リチウムイオン電池が採用されている。
ややコスト高になったが、ハイブリッド車でも広い室内空間を実現したのが特徴だ。
トヨタの量産型ハイブリッドカーとしては初めてのリチウムイオン電池採用車となる。
プリウスワゴンのラゲッジルーム
二つ目のタイプは、5人乗りワゴンタイプ。広い荷室を持つのが特徴だ。
また、低コストのニッケル水素電池が採用されているので車体価格が安い。
仕事の機材もたっぷり積載できる低価格なハイブリッド車種として法人向けの需要も期待できる。

ハイブリッドカーが日常になった

これまでハイブリッドカーは高級感であったり、未来的であったり、非日常を求める部分が少なからずあった。
そのため、天井の低い流線型の独特のハッチバックボディでハイブリッドらしさをアピールしなければ、コスト高のハイブリッドシステムは売れないという実情があった。
しかし、今回のプリウスアルファの登場で、こういった状況は変わりつつある。
プリウスアルファは道具としての使いやすさと燃費の良さを組み合わせた実用性の高い車として日常に浸透していくだろう。

ライバルのフィットシャトルはデビューが遅れる

プリウスアルファのライバルとして注目されていたのが、ホンダのフィットシャトルだ。
当初はプリウスアルファよりも1ヶ月以上早い、3/18の発売予定であったが、生産の再開はやや難航気味。
デビューは6月頃が見込まれている。
フィットシャトルは、ノーマルガソリンエンジンとハイブリッドエンジンの2タイプが用意されている。
どちらもボディタイプは5人乗りワゴンで、プリウスアルファの5人乗りよりも一回り小さいのが特徴だ。

関連するレポート

[ 2011/05/02 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

レガシィB4ブリッツェン発売計画あり、東京オートサロンのコンセプト市販化

トヨタが新型i-TRILコンセプトをジュネーブモーターショーで発表予定

レクサス・LS500hがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

三菱アウトランダーがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフト画像

クラウン アスリート/ロイヤルのフルモデルチェンジは2018年に延期

CX-3にガソリンモデル追加、マツダがディーゼル補助金減額へ対策

三菱自動車、新型エクリプス クロスをジュネーブモーターショーで公開

トヨタ・プリウスPHVがフルモデルチェンジ発売、車両価格326万1600円から

レガシィがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフトされた後期型を発表

スズキ新型スイフトは、Bセグメントハッチの中で完成度が高い

次期スープラ2018年、フェアレディZ、S2000、RX-9国産スポーツカー黄金期再来

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

三菱自動車がアスレジャー(仮名)をジュネーブモーターショーで公開予定

ステップワゴンハイブリッド、2017年秋のマイナーモデルチェンジで追加

マツダ次期アテンザは2018年春に発売される見込み、スカイアクティブ2へ進化

ノート e-POWERエアコン有りは195万9120円から、JC08モード燃費34.0km/L

次期ジムニーがフルモデルチェンジに向けて開発中、東京モーターショー公開か

三菱・新型アスレジャーは案外大きい、RVR以上アウトランダー未満の可能性

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

日産E52新型エルグランド(2代目)ユーザー評価、トラブル、メンテナンス報告

ステップワゴンハイブリッド2017年10月東京モーターショー出展予想

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

フィットのマイナーモデルチェンジ2017年春GW前に実施される見込み

マツダ新型CX-5がフルモデルチェンジ発売、プレオーダー数は9055台に到達

ホンダ新型シビック、セダン、ハッチバック、タイプRが2017年夏に日本発売

新型ワゴンRが2月1日に発売、スティングレーを含め3タイプのエクステリア

スズキ ソリオ/三菱デリカD2を長所と短所で評価レポート

日産セレナe-POWERが2017年8月頃発売計画、シリーズ式ハイブリッド採用

トヨタは次期プリウスαを開発していない、新プリウスは通常版とPHVだけ

スズキ・ワゴンRが2月1日フルモデルチェンジ、ストロングハイブリッド搭載か

ホンダがインサイト後継車を計画、次世代型1.5Lハイブリッドが搭載される

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

トヨタ新型カムリハイブリッドは早ければ2017年7月発売、TNGA 2.5L HV搭載

ノア&ヴォクシーのマイナーモデルチェンジ計画、2017年夏フェイスリフト

新型ジューク市販型がジュネーブモーターショーで公開か、CMF-B採用

三菱・RVRが2017年2月9日にマイナーモデルチェンジ、新型フロントグリル採用

次期マーチ コンセプトか?日産がSWAYを発表、Vモーション採用

次期ノートは3ナンバーの可能性、8月下旬発売予定

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.