プリウスα7人乗り vs エスティマハイブリッド/HVミニバン比較

3列シートのハイブリッドミニバン、プリウスαとエスティマハイブリッドを比較

震災後デビューしたプリウスαの人気は高く、今からの発注では納車は来年の春になるという。
中でも7人乗りプリウスαは3列目シートを持つハイブリッドミニバンということで注目度も大きい。
今回は同じハイブリッドミニバンとして従来からラインアップされているエスティマハイブリッドと比較してみる。
車体価格は7人乗りプリウスαが300万円~、エスティマハイブリッドが376万円~。
価格差76万円は小さな額ではないが、広い3列目、4WD駆動など値段なりのアドバンテージがエスティマハイブリッドにはある。
本当に3列目シート車を求めるなら中途半端なプリウスαよりもエスティマハイブリッドの方が後悔が少ないだろう。

圧倒的な広さのエスティマハイブリッド

7人乗りプリウスαはステーションワゴンタイプの5人乗りプリウスαに、補助席として3列目シートを追加したモデルとなっている。
これに対し、エスティマハイブリッドは本格的なミドルクラスミニバン。
エスティマハイブリッドの全高は1760mmでプリウスαと比較して185mmも高く、全長は4800mmで185mmも長い。
プリウスαで余裕のあった2列目シートはエスティマハイブリッドでは頭上、足元の空間ともさらに広々。
3列目シートは短時間乗車前提で作られていたプリウスαの「補助席」に対し、エスティマハイブリッドは皆でロングドライブに出かけられる余裕のスペースがある。
3列目シートを収納して、荷室として使う場合も使い勝手の差を大きく感じる。

4人以下乗車メインならプリウスαの方が扱いやすい

エスティマハイブリッドは重心が高いため、走行安定性や乗り心地のバランスは、プリウスαのような重心の低い車種と比較して劣ってしまう。
これについてはハイブリッドカーに関わらず全高の高いミニバン共通の特性なので致し方ない。
特にプリウスαはサスペンション周りについて、ハッチバックのプリウスと比較してもコストが掛かっており、より上質な仕上がりになっている。
走行安定性についてはプリウスα > プリウス > エスティマハイブリッド ぐらいの差があると思ってもらっていい。
また、ボディが一回り小さいので運転のしやすさもプリウスαが勝る。

ほとんど使われることのない3列目シートのためにミドルクラスミニバンを所有するのは重荷に感じるユーザーも多いだろう。
3列目シートは補助席として割り切れるなら、小回りが利き、乗り心地もいいプリウスαの選択がベストと感じる。

エスティマハイブリッドは4WD

エスティマハイブリッドは駆動方式が4WDとなっている。
前輪についてはエンジンからのトルクに電気モーターのアシスト加わり、後輪は電気モーターだけの力で駆動する仕組み。
プリウスαは4WDの設定が無い車種であるので、4WD車が必要なユーザーにとっては、エスティマハイブリッドは選択肢の一つになるだろう。

エスティマハイブリッドのオマケ機能「電源車」

自動車本来の性能とは離れるが、エスティマハイブリッドには100ボルト1500Wの電源供給が可能なシステムが備わっており、アウトドアだけでなく災害時には電源車としての使用も可能だ。
ガソリンが満タンであれば、30時間以上の電力供給が可能になっている。

関連するレポート

[ 2011/07/08 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

トヨタNEWハイラックスが9月12日発売スケジュール、新型ピックアップトラック

マークXはカムリ発売後もしばらく販売継続、低価格V6 FRセダン最終モデル

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・アコードがフルモデルチェンジ、北米で今秋の先行発売がスケジュール

三菱・エクリプス クロス2018年1月発売見込み、新型クロスオーバーSUV

レヴォーグがマイナーモデルチェンジ、ツーリングアシストを搭載

カムリがフルモデルチェンジ日本発売、ハイブリッドのみで約329万円から

ホンダ・ステップワゴン後期型は8月予約受付開始、ハイブリッドモデル追加

N-BOXが8月31日に正式フルモデルチェンジ発売、プレオーダー好調

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

スズキ新型スイフトハイブリッド発売、JC08モード燃費32.0km/Lを達成

マツダ・CX-3 ガソリン車 7月21日発売、SKYACTIV-G 2.0を搭載

ホンダ・グレイスがマイナーモデルチェンジ、小型セダンはやっぱり売れない

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スイフトスポーツは新開発の1.4Lストロングハイブリッドを搭載、7月発売見込み

NX300h、NX300が後期型へマイナーモデルチェンジ、9月14日に日本発売

ジェイドに2列シート5人乗りモデルが追加予定、2017年マイナーモデルチェンジ

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

スペーシアが2018年春フルモデルチェンジ、マイルドハイブリッドも進化

ランドクルーザープラドが2017年秋マイナーモデルチェンジ予定、後期型へ

スズキ・SX4 S-CROSSがマイナーモデルチェンジ、新エクステリアで7月6日発売

レクサスUXは2018年秋のワールドプレミア予測、TNGA-C クロスオーバーSUV

ノア、ヴォクシー、エスクァイアが7月3日にマイナーモデルチェンジ

日産セレナe-POWER、2018年初頭発売へ延期、モーターは増強される可能性

フィットが予想以上の売れ行きで増産体制、派生セダン発売スケジュールに遅れ

ホンダ・フィットがマイナーモデルチェンジ、後期型はホンダセンシング採用

アルファロメオ・ジュリア、新型FRセダンの2017年内の日本発売が公式発表

ステップワゴン後期型にマイナーモデルチェンジ、10月東京モーターショー出品

オーリス廃止2018年、TNGA-Cプラットフォームの次期カローラシリーズに統合

次期フェアレディZコンセプトが東京モーターショー2017発表の可能性

V37スカイラインがデトロイトモーターショーで公開、フルモデルチェンジ近し

スイフト ストロングハイブリッド、スイスポが2017年終盤に発売される見込み

次期アテンザは2018年春フルモデルチェンジ、スカイアクティブ2搭載

スープラ復活、市販プロトタイプが2017年秋の東京モーターショーに出品予想

マツダ新型CX-8は今夏発表後先行オーダー開始か、秋発売のスケジュール

フォレスターのフルモデルチェンジは2017年秋発表、2018年春発売の予測

後期型アクア、マイナーモデルチェンジで6/19発売、クロスオーバー約206万円

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.