パッソ新型二代目XC30型(トヨタ)はドライブしながら綺麗になる

新型パッソは女性が欲しくなる憧れの車

パッソ

開発チームに女性を多く採用した

女性目線の意見をより多くダイレクトに取り入れるために、パッソの開発スタッフには女性メンバーが多く採用されているという。男性スタッフでは思いもしないようなアイデアで女性にとって魅力的な車に仕上がった。

女心を掴む上品なインテリア

内装はシンプルで上質感があるのが特徴だ。さすがトヨタ車といった感じで、このクラスの低価格車でも部品一つ一つの組み立て精度が高く、安っぽさを感じにくい。
センターコンソールは平らになっていて、運転席からの視界がすごくいい。運転に自信の無いドライバーも安心してドライブを楽しむ事ができるだろう。
シート、ダッシュボードの色はツートンカラーで、シート素材はツィードっぽいものとなっている。冬は温かく、夏はさらっとして涼しく感じられる。フロアマットは毛足が長くふかふかしていて評判がいい。助手席下にはシューズボックスも設置されている。
後席はロングクッションモードにでき座面と前席の間(いわゆるニースペース)をゼロにできる。例えば買ってきたケーキの箱を後席にポンと置いても、転がって足元に落ちたりしないようにシートアレンジできるのだ。また、2段階のリクライニングも可能で、折りたたんでフラットな荷室にすることもできる。
付属オーディオはホームオーディオのような可愛いデザインで、ナビを取り付けるのを躊躇するぐらいだ。

と、全体的に女性の気持ちを表現したインテリアの仕上がりになっている。
サポート感のいいセパレートシートか、しゃれなベンチシートかは購入者の悩みどころ。人気グレード+Hanaはベンチシートが標準である。

ナノイーイオンでドライブしながら綺麗になれる

パナソニックのナノイー技術を採用し、ドライブしながらナノイーイオンを肌や髪に当てることができる。運転しながら綺麗になれる女性ならではの機能がついている。このナノイードライブジャワーのオプションが、新型パッソを購入する決めてになるかもしれない。

エンジン、トランスミッション、燃費性能はもちろん最新技術

新型パッソのプラットホームは先代を踏襲

女性にとって良い車とはサイズが小さい事も重要だ。モデルチェンジ毎に少しずつ大きくなり立派に出世していく車が多い中、新型パッソは小さな車体サイズを維持した。特に全幅は5ナンバー枠いっぱいのサイズではなく1,665mmとなっており、いわゆるコンパクトカーの車幅よりやや小ぶりで評判だ。
フロントガラスの両サイドのフレームの太さ、すなわちAピラーの太さがスッキリしていて、視界がいい。これなら車幅感覚もつかみやすい。軽自動車に比べて普通車は車幅が広いため敬遠していた女性も一度試乗してみたら評価が変わるかもしれない。
衝突安全性についても高い基準で設計されている。骨を細くして視界を広くしただけでなく衝突時にドライバーをしっかり守ってくれる強度についても評価が高い。死角の少ない広い視界と衝突安全性能の両立ができていると評判だ。

パッソのエンジンは2種類

エンジンはダイハツ製の1KR-FEを採用しており3気筒の低燃費エンジンとなっている。排気量は1.0Lなので自動車税のコストを抑えられる。
もう一つのエンジンはトヨタ製の1NR-FEでこちらは1.3リッター3気筒でこちらも低燃費性能は抜群だ。
どちらのエンジンもヴィッツなどにも採用されており信頼性も高く、トラブルに遭遇する確率も低くて評価が高い。さらに1KR-FEと1NR-FEはタイミングチェーンを採用しているのでタイミングベルトの交換メンテナンスが不要なところが長所だ。

長くなってしまったので簡単に説明すると、
 十分なパワーで税金が年間5000円安い、でもちょっと室内にエンジン騒音が入ってくるのが欠点の1.0リッターの1KR-FE、
 よりパワフルで静かだが税金が年間5000円高くなる1.3Lの1NR-FE
と考えればよい。

最新型CVTを搭載した新型パッソ

軽自動車のターボエンジンに使われていたCVTを流用し、CVTの軽量化が行われた。流用とはいえ、ターボエンジン車に使われていたCVTなので耐久性も性能もいい。より高い燃費性能を実現することができた。

パッソは燃費性能も向上

10・15モードで先代21.5km/L → 新型22.5km/L と進化している。
ユーザーからの口コミ実燃費報告では、街中で12~14km/Lぐらい、高速道路で18~20km/L程度の報告が多いです。

関連するレポート

[ 2011/01/15 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

ASPARK OWLがフランクフルトショーデビュー、新興日系スーパーEVメーカー

BMW コンセプトZ4がフランクフルトモーターショー2017で出品、画像

アウディAICON発表、レベル5完全自動運転を予告するコンセプトカー

ポロGTI新型、フォルクスワーゲンがフランクフルトモーターショーで車両公開

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジ9/15発売、ハイブリッド改良

次期カローラ2019年フルモデルチェンジ見込み、TNGA-Cプラットフォーム採用

ホンダ・URBAN EV CONCEPTをワールドプレミア、2019年欧州市場で発売

ホンダ・オデッセイが今秋マイナーモデルチェンジで後期型エクステリアに

BMWがコンセプト X7を発表、次世代型キドニーグリル採用で2018年市販化

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

新型CX-8にマツダ版アラウンドビューモニタが搭載、2017年内発売

三菱自動車D:5後継デリカD:6はエルグランドとプラットフォーム共用か

ホンダ・インサイト復活、3代目は居住性向上と新開発i-MMDハイブリッド搭載

ステップワゴンスパーダハイブリッド発売日は9月下旬、価格約314万円から

スイフトスポーツがフランクフルトモーターショーで公開、6MT車183万6000円~

日産・セレナ e-POWER 今秋東京モーターショーのミニバン商戦に間に合うか

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

WRC日本開催2020年誘致目指す、同年ヴィッツ廃止で次期ヤリスを発売か

コンセプトEQA発表、メルセデスのCセグメントハッチバック電気自動車

スズキ次期スペーシア市販プロト、東京モーターショー2017出品予想

スープラ コンセプトの東京モーターショー発表は無し、デトロイトまで持ち越し

アルファロメオ新型ジュリア446万円から、輸入セダンに新たな選択肢

ホンダ新型N-BOXフルモデルチェンジ発売開始、新開発VTECエンジン搭載

マツダ次期アテンザ コンセプトが東京モーターショーで発表される可能性あり

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

サンバーが生産終了、スバルが軽自動車生産から撤退

次期エスティマのフルモデルチェンジ2019年、EVミニバンの可能性も

マツダが次期ロードスターのエクステリアデザインを世界発表、脱KODOコンセプト

86オープン発売中止の真相は?一定の販売台数が見込めないことをトヨタが嫌気

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

プラドが後期型へマイナーモデルチェンジ、エントリー価格353万8080円に値上げ

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

BRZ/86次期型は高級化の可能性、2020年頃のフルモデルチェンジ発売を予想

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.