ウィッシュ新型二代目ZGE型(トヨタ)の評判と実燃費を報告

新型ウィッシュはここが変わった

ウィッシュ

グラマラスなエクステリア

先代より一回り大きくなったような第一印象なのだが、フロントが3cm伸びただけでその他の寸法は変わらず。プラットフォームも変更無しである。新型ウィッシュも普通の乗用車と同等の取り回しでドライブできる利便性は変わらずだ。
先代でも十分満足であった居住性は新型ウィッシュもほとんど変更なし。2列目シートはスライド付きでゆったりと座れ、3列目は短時間の乗車用として使える。

エンジンはバルブマチック採用の2ZR-FAEと3ZR-FAE

通常は1.8Lの2ZR-FAEで十分と感じた。バルブマチック化したことにより、1.8Lのエンジンでも動力性能に不満を感じる局面は少ないだろう。2ZR-FAEはタイミングチェーン採用エンジンであるのでタイミングベルトのメンテナンスは不要である。
多人数乗車や坂道の機会が多いなら2.0Lの3ZR-FAEでもよいだろう。3ZR-FAEもタイミングチェーン採用エンジンであるのでタイミングベルト交換の心配はいらない。

全モデルがCVT採用

FF車だけでなく4WD車にもCVTが採用となった。CVTのセッティングもより洗練され、スムーズな加速と燃費性能を備えている。バルブマチックエンジンとの相性も抜群だ。

乗り心地はマイルド

足廻りはやや硬めの味付けで、先代との違いはわかりづらい。乗り心地に関してもキープコンセプトの姿勢だ。足廻りに関してはライバルのホンダ・ストリームに一歩譲っている。足回りをコストカットして利益を出すのはトヨタ流だ。
サスペンション形式は前がストラット式でFF車の後がトーションビーム式、4WD車の後はダブルウィッシュボーン式である。ただし、グレード2.0Zに関してはFF車の後がダブルウィッシュボーン式となっている。

新型ウィッシュの実燃費

1.8L,2ZR-FAE搭載のCVTモデルで、街中が10~13km/L、高速が15~17km/Lとなっている。このクラスの7人乗りミニバンでは最高レベルの実燃費実績である。街中の運転でも10km/Lを切る事がほとんどないのは嬉しい。
バルブマチックエンジンの効率の良さを燃費性能でも実感することができる。

新型ウィッシュの新古車、中古車相場

新古車カーオークション落札相場

2010/10-2010/11開催分
ZGE20G ウィッシュ 1.8X 2010年式 評価5.0 走行0km グレー ¥1,720,000-
ZGE20W ウィッシュ 1.8S 2010年式 評価S 走行0km ブラック ¥1,950,000-
ZGE20G ウィッシュ 1.8X 2010年式 評価S 走行0km シルバー ¥1,530,000-

中古車カーオークション落札相場

2010/10-2010/11開催分
ZGE22W ウィッシュ 2.0Z 2009年式 評価4.5 走行16,000km パールホワイト ¥1,776,000-
ZGE25G ウィッシュ 1.8X 2009年式 評価4.5 走行19,000km ブラック ¥1,555,000-
ZGE21G ウィッシュ 2.0G 2009年式 評価5.0 走行15,000km グレー ¥1,755,000-

関連するレポート

[ 2011/01/11 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

トヨタ・ヴィッツハイブリッド発売、マイナーチェンジでフェイスリフト後期型

トヨタ新型カムリがワールドプレミア、北米国際オートショー2017開催

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

スズキ スペーシアカスタムZ プレミアムを東京オートサロンで出品、画像

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

ホンダ新型シビック日本仕様は、セダン、ハッチバック、タイプRの3種類あり

レクサス新型LSが3.5Lツインターボ搭載でワールドプレミア、デトロイトショー2017

レクサスが新型コンセプトカー、LF-SAをジュネーブモーターショーで発表

ダイハツ・ミラは2017年秋フルモデルチェンジ、安全運転支援システム充実

スバルXVは2017年1月生産終了予定、3月ジュネーブで次期型発表の可能性

レクサスUX、プレミアムC-HRを独自デザイン、別チャンネルで販売予定

フィット2017年春マイナーモデルチェンジで直3 1.0Lターボを導入か

スズキ・スペーシア次期モデル開発中、2017年夏のフルモデルチェンジ予測

トヨタは次期プリウスαを開発していない、新プリウスは通常版とPHVだけ

2017年はジュークがフルモデルチェンジか、新デザインとe-POWERで人気モデルに

三菱がジュネーブモーターショーでコンパクトクロスオーバーSUVを発表予定

ヴィッツハイブリッドの車両価格は181万9800円から、1月12日に発売予定

スズキ・スペーシア カスタムZが12月26日に発売予定、新エクステリアに期待

次期15代目クラウン開発中、2017年東京モーターショーでエクステリア発表予想

日産・ノート e-POWERの初期受注が好調、シリーズ合計月販15784台で首位

新型スイフト2017年1月4日発売、スズキのニューモデルラッシュ

スペーシア カスタム Zが発売予定、押し出し感の強い新エクステリアが追加

トヨタ新型プリウスPHVは326万1600円から、2017年2月に発売延期

スズキ・ワゴンRのフルモデルチェンジは年明け早々、2016年内は難しそう

スズキ新型スペーシア カスタムZを149万0400円から発売、燃費30.6km/L

トヨタ次期カムリ、北米仕様は2.5Lターボ有り、日本仕様はハイブリッド専用

スズキ・スイフトのフルモデルチェンジ発表は2016年12月27日、134万3520円から

三菱eKスペース、カスタムがマイナーモデルチェンジでフェイスリフト

バモスが一部改良を受けて販売継続、N BOXと共存する価値はあるのか?

新型スイフトのエンジンは1.2Lマイルドハイブリッド、1.0Lターボ、1.2L NA

スズキがハスラーのワイド版を計画、オシャレなクロスオーバーSUVが登録車に

新型セレナに1.2LレンジエクステンダーEVの可能性、2017年初旬追加発売か

次期カローラは車格アップ、トヨタのセダンラインアップは車種整理される

レクサスが次期LSを予告、コンセプトカーのLF-FCを東京モーターショーで発表

ヴェゼルの受注が好調、ハイブリッド納期は消費税増税後、将来はターボ追加

ヴィッツハイブリッドの発売日は2017年1月12日、先行予約12月開始

日産オッティ&三菱eKワゴン後継車、2013年6月の発売に向けて準備中

マツダCX-5がフルモデルチェンジ、予約受付開始246万2400万円から

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.