ウィッシュ新型二代目ZGE型(トヨタ)の評判と実燃費を報告

新型ウィッシュはここが変わった

ウィッシュ

グラマラスなエクステリア

先代より一回り大きくなったような第一印象なのだが、フロントが3cm伸びただけでその他の寸法は変わらず。プラットフォームも変更無しである。新型ウィッシュも普通の乗用車と同等の取り回しでドライブできる利便性は変わらずだ。
先代でも十分満足であった居住性は新型ウィッシュもほとんど変更なし。2列目シートはスライド付きでゆったりと座れ、3列目は短時間の乗車用として使える。

エンジンはバルブマチック採用の2ZR-FAEと3ZR-FAE

通常は1.8Lの2ZR-FAEで十分と感じた。バルブマチック化したことにより、1.8Lのエンジンでも動力性能に不満を感じる局面は少ないだろう。2ZR-FAEはタイミングチェーン採用エンジンであるのでタイミングベルトのメンテナンスは不要である。
多人数乗車や坂道の機会が多いなら2.0Lの3ZR-FAEでもよいだろう。3ZR-FAEもタイミングチェーン採用エンジンであるのでタイミングベルト交換の心配はいらない。

全モデルがCVT採用

FF車だけでなく4WD車にもCVTが採用となった。CVTのセッティングもより洗練され、スムーズな加速と燃費性能を備えている。バルブマチックエンジンとの相性も抜群だ。

乗り心地はマイルド

足廻りはやや硬めの味付けで、先代との違いはわかりづらい。乗り心地に関してもキープコンセプトの姿勢だ。足廻りに関してはライバルのホンダ・ストリームに一歩譲っている。足回りをコストカットして利益を出すのはトヨタ流だ。
サスペンション形式は前がストラット式でFF車の後がトーションビーム式、4WD車の後はダブルウィッシュボーン式である。ただし、グレード2.0Zに関してはFF車の後がダブルウィッシュボーン式となっている。

新型ウィッシュの実燃費

1.8L,2ZR-FAE搭載のCVTモデルで、街中が10~13km/L、高速が15~17km/Lとなっている。このクラスの7人乗りミニバンでは最高レベルの実燃費実績である。街中の運転でも10km/Lを切る事がほとんどないのは嬉しい。
バルブマチックエンジンの効率の良さを燃費性能でも実感することができる。

新型ウィッシュの新古車、中古車相場

新古車カーオークション落札相場

2010/10-2010/11開催分
ZGE20G ウィッシュ 1.8X 2010年式 評価5.0 走行0km グレー ¥1,720,000-
ZGE20W ウィッシュ 1.8S 2010年式 評価S 走行0km ブラック ¥1,950,000-
ZGE20G ウィッシュ 1.8X 2010年式 評価S 走行0km シルバー ¥1,530,000-

中古車カーオークション落札相場

2010/10-2010/11開催分
ZGE22W ウィッシュ 2.0Z 2009年式 評価4.5 走行16,000km パールホワイト ¥1,776,000-
ZGE25G ウィッシュ 1.8X 2009年式 評価4.5 走行19,000km ブラック ¥1,555,000-
ZGE21G ウィッシュ 2.0G 2009年式 評価5.0 走行15,000km グレー ¥1,755,000-

関連するレポート

[ 2011/01/11 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

レガシィB4ブリッツェン発売計画あり、東京オートサロンのコンセプト市販化

トヨタが新型i-TRILコンセプトをジュネーブモーターショーで発表予定

レクサス・LS500hがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

三菱アウトランダーがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフト画像

クラウン アスリート/ロイヤルのフルモデルチェンジは2018年に延期

CX-3にガソリンモデル追加、マツダがディーゼル補助金減額へ対策

三菱自動車、新型エクリプス クロスをジュネーブモーターショーで公開

トヨタ・プリウスPHVがフルモデルチェンジ発売、車両価格326万1600円から

レガシィがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフトされた後期型を発表

スズキ新型スイフトは、Bセグメントハッチの中で完成度が高い

次期スープラ2018年、フェアレディZ、S2000、RX-9国産スポーツカー黄金期再来

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

三菱自動車がアスレジャー(仮名)をジュネーブモーターショーで公開予定

ステップワゴンハイブリッド、2017年秋のマイナーモデルチェンジで追加

マツダ次期アテンザは2018年春に発売される見込み、スカイアクティブ2へ進化

ノート e-POWERエアコン有りは195万9120円から、JC08モード燃費34.0km/L

次期ジムニーがフルモデルチェンジに向けて開発中、東京モーターショー公開か

三菱・新型アスレジャーは案外大きい、RVR以上アウトランダー未満の可能性

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

日産E52新型エルグランド(2代目)ユーザー評価、トラブル、メンテナンス報告

ステップワゴンハイブリッド2017年10月東京モーターショー出展予想

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

フィットのマイナーモデルチェンジ2017年春GW前に実施される見込み

マツダ新型CX-5がフルモデルチェンジ発売、プレオーダー数は9055台に到達

ホンダ新型シビック、セダン、ハッチバック、タイプRが2017年夏に日本発売

新型ワゴンRが2月1日に発売、スティングレーを含め3タイプのエクステリア

スズキ ソリオ/三菱デリカD2を長所と短所で評価レポート

日産セレナe-POWERが2017年8月頃発売計画、シリーズ式ハイブリッド採用

トヨタは次期プリウスαを開発していない、新プリウスは通常版とPHVだけ

スズキ・ワゴンRが2月1日フルモデルチェンジ、ストロングハイブリッド搭載か

ホンダがインサイト後継車を計画、次世代型1.5Lハイブリッドが搭載される

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

トヨタ新型カムリハイブリッドは早ければ2017年7月発売、TNGA 2.5L HV搭載

ノア&ヴォクシーのマイナーモデルチェンジ計画、2017年夏フェイスリフト

新型ジューク市販型がジュネーブモーターショーで公開か、CMF-B採用

三菱・RVRが2017年2月9日にマイナーモデルチェンジ、新型フロントグリル採用

次期マーチ コンセプトか?日産がSWAYを発表、Vモーション採用

次期ノートは3ナンバーの可能性、8月下旬発売予定

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.