ウィッシュ新型二代目ZGE型(トヨタ)の評判と実燃費を報告

新型ウィッシュはここが変わった

ウィッシュ

グラマラスなエクステリア

先代より一回り大きくなったような第一印象なのだが、フロントが3cm伸びただけでその他の寸法は変わらず。プラットフォームも変更無しである。新型ウィッシュも普通の乗用車と同等の取り回しでドライブできる利便性は変わらずだ。
先代でも十分満足であった居住性は新型ウィッシュもほとんど変更なし。2列目シートはスライド付きでゆったりと座れ、3列目は短時間の乗車用として使える。

エンジンはバルブマチック採用の2ZR-FAEと3ZR-FAE

通常は1.8Lの2ZR-FAEで十分と感じた。バルブマチック化したことにより、1.8Lのエンジンでも動力性能に不満を感じる局面は少ないだろう。2ZR-FAEはタイミングチェーン採用エンジンであるのでタイミングベルトのメンテナンスは不要である。
多人数乗車や坂道の機会が多いなら2.0Lの3ZR-FAEでもよいだろう。3ZR-FAEもタイミングチェーン採用エンジンであるのでタイミングベルト交換の心配はいらない。

全モデルがCVT採用

FF車だけでなく4WD車にもCVTが採用となった。CVTのセッティングもより洗練され、スムーズな加速と燃費性能を備えている。バルブマチックエンジンとの相性も抜群だ。

乗り心地はマイルド

足廻りはやや硬めの味付けで、先代との違いはわかりづらい。乗り心地に関してもキープコンセプトの姿勢だ。足廻りに関してはライバルのホンダ・ストリームに一歩譲っている。足回りをコストカットして利益を出すのはトヨタ流だ。
サスペンション形式は前がストラット式でFF車の後がトーションビーム式、4WD車の後はダブルウィッシュボーン式である。ただし、グレード2.0Zに関してはFF車の後がダブルウィッシュボーン式となっている。

新型ウィッシュの実燃費

1.8L,2ZR-FAE搭載のCVTモデルで、街中が10~13km/L、高速が15~17km/Lとなっている。このクラスの7人乗りミニバンでは最高レベルの実燃費実績である。街中の運転でも10km/Lを切る事がほとんどないのは嬉しい。
バルブマチックエンジンの効率の良さを燃費性能でも実感することができる。

新型ウィッシュの新古車、中古車相場

新古車カーオークション落札相場

2010/10-2010/11開催分
ZGE20G ウィッシュ 1.8X 2010年式 評価5.0 走行0km グレー ¥1,720,000-
ZGE20W ウィッシュ 1.8S 2010年式 評価S 走行0km ブラック ¥1,950,000-
ZGE20G ウィッシュ 1.8X 2010年式 評価S 走行0km シルバー ¥1,530,000-

中古車カーオークション落札相場

2010/10-2010/11開催分
ZGE22W ウィッシュ 2.0Z 2009年式 評価4.5 走行16,000km パールホワイト ¥1,776,000-
ZGE25G ウィッシュ 1.8X 2009年式 評価4.5 走行19,000km ブラック ¥1,555,000-
ZGE21G ウィッシュ 2.0G 2009年式 評価5.0 走行15,000km グレー ¥1,755,000-

関連するレポート

[ 2011/01/11 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

アクアがマイナーモデルチェンジでJC08モード燃費38.0km/Lに向上、6月予定

エルグランド vs アルファード&ヴェルファイア 比較

エクストレイルが後期型へマイナーモデルチェンジ、プロパイロット搭載

トヨタが次世代ハイブリッドSUV、C-HRコンセプトの進化版を発表予定

ホンダ新型CR-Vハイブリッドが上海で発表、Sport Hybrid i-MMDを搭載

フィットがマイナーモデルチェンジ予定、RSで1.0L VTEC-TURBO導入の可能性

ステップワゴンハイブリッド2017年10月東京モーターショー出展予想

トヨタ・C-HRの販売が好調、長引く納期、2017年生産モデル残りわずか

ホンダ・N-BOXのフルモデルチェンジは少し遅れる、現行型販売は好調

フォレスターは2017年秋 東京モーターショーでのフルモデルチェンジ予想

ホンダ・ステップワゴン、マイナーチェンジ&ハイブリッド追加は9月の予測

スバルXVハイブリッドは2017年フルモデルチェンジ、トヨタTHSⅢを搭載

次期ステップワゴンに2.0Lハイブリッド有り、リチウムイオンバッテリー採用

次期スカイラインクーペ ハイブリッドのコンセプトモデルが発表、500ps超

レクサスRX450hLが2017年夏に発売予定、リアオーバーハング延長3列シート車

プリウスが100万台記念特別仕様車に新色追加

フィットのマイナーモデルチェンジ2017年春GW前に実施される見込み

トヨタがFT-4Xコンセプトを発表、次世代コンパクトクロスオーバーSUV

トヨタ・ハリアーがマイナーモデルチェンジ、3列シート車追加の可能性

ノア、ヴォクシー、エスクァイアが7月3日にマイナーモデルチェンジ予定

マツダ新型CX-6が2017年秋に発売される見込み、プレマシー後継3列シート

ダイハツからミラ、ミライース後継の新型軽自動車が5月9日に発売

ホンダ・N-BOX、2017年フルモデルチェンジ、次期型は燃費性能向上に期待

トヨタ・アクア、2017年5月の改良でフェイスリフトが盛り込まれる可能性も

マツダ新型CX-5の受注が好調、先代型からの乗り換えユーザーが多い

三菱自動車、新型エクリプス クロスの日本販売計画有り、2018年の発売

シビックタイプR、ゴルフGTIクラブスポーツSのニュルブルクタイムを更新か

次期エスティマのフルモデルチェンジ2019年、EVミニバンの可能性も

i(アイ)三菱HA1W型の評価と口コミ

BMW 4シリーズがマイナーモデルチェンジ、ジュネーブモーターショー画像

ヴィッツにターボ仕様が追加予定

C-HRの初期受注が月間目標の8倍、トヨタ新型コンパクトクロスオーバーSUV

セレナS-ハイブリッドの受注が好調、発売初月で12000台を超えた

CX-5(マツダ)が12月にデビュー、スカイアクティブ仕様

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

ジェイドに2列シート5人乗りモデルが追加予定、2017年マイナーモデルチェンジ

スカイライン プロパイロットの発売日は近い、改良型インフィニティQ50発表

アウディ・Q8スポーツコンセプトのワールドプレミア画像、新型クーペSUV提案

レクサスがスピンドルグリルに見切り、次期モデルから新型グリルデザインの可能性

新型BMW 5シリーズ ツーリング、ジュネーブモーターショー2017画像

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.