car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

パッソ

パッソが3代目へフルモデルチェンジ、ダイハツからのOEMで2016年春の発売見込み

投稿日:2015/10/24 更新日:

パッソにフルモデルチェンジ計画あり、ダイハツ・ブーンのOEM関係は継続

トヨタ・パッソが2016年春にフルモデルチェンジされる見込みとなっている。

(写真は現行パッソ)
トヨタ パッソ 2010

現行パッソは2010年に発売された2代目モデル。来春のフルモデルチェンジで3代目モデルへ移行される。

次期パッソもダイハツによって開発生産がメインに行われるOEM車となる。ダイハツブランドからはブーンの車名で販売される。

(写真は現行ブーン)
ブーン

次期パッソは1.0Lエンジンの直噴化で燃費性能の向上に期待

次期パッソのエンジンは、直3 1.0Lと直4 1.3Lの2タイプが用意され、これは現行タイプと大きく変わらない。ただし直3 1.0Lエンジンの方は、直噴化とアイドリングストップのバージョンアップが盛り込まれる。現行モデルで最高27.6km/LのJC08モード燃費がどこまで向上できるかが期待される。

直4 1.3Lエンジンも改良を受ける。こちらの現行モデルはJC08モード燃費は19.0km/Lとなっており、1.0Lモデルと燃費性能の差は大きい。

(写真は現行ミラージュ)
ミラージュ2012 ホワイト

1.0Lエンジン搭載のコンパクトカーは、国内市場では少なくなってしまったが、三菱・ミラージュがあった。ただしミラージュはタイ生産の不人気車種で日本での販売台数は少ない。同じトヨタのヴィッツに1.0Lモデルがあるが、リッターカーとしてのライバルはこちらの方が大きな存在だろう。

(写真は現行マーチ欧州仕様)
日産マーチ マイクラ

排気量は違うが、1.2Lの日産・マーチもボディサイズや車両価格が近く、パッソの実質的なライバルである。こちらもタイ生産となった現行モデル以降は人気が落ちている。スモールカークラスは、軽自動車税の増税以降も軽自動車の人気が続いている。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント