エスティマとエスティマ・ハイブリッドの比較

エスティマシリーズの基本性能

グレード構成

エスティマのグレード構成はX、G、アエラス、アエラスレザーパッケージと順に上級化していく。
エスティマハイブリッドはXとGを中心とするグレード構成だ。
2列目シートを左右セパレートにした7人乗りと、2列目シートを3人掛けベンチシートとした8人乗りの2タイプが用意されている。7人乗り仕様がより上級な位置付けになっている。
革張りのシートを装備したレザーパッケージも用意されている。

エンジン

エスティマは、2.4Lの2AZ-FEエンジン、3.5Lの2GR-FEエンジン、ハイブリッド2.4Lの2AZ-FXEエンジン、の3タイプのエンジンが採用されている。
このうち最も車体価格がお手ごろな2.4Lエンジン車が売れ筋のグレードになっている。
燃費性能の良さから、エスティマハイブリッドの人気も高い。
3.5Lエンジン、ハイブリッド2.4Lなら多人数乗車でも加速性能に不満をもつことは少ないだろう。
2.4Lエンジンはすばやい加速が欲しい時にエンジンが唸る場面がある。
2.4Lエンジンで実用上で何ら不便を感じることはないが、上質さを求めるなら3.5Lの2GR-FEエンジンややエスティマハイブリッドを選択したほうがいい。

車体寸法

エスティマ、エスティマハイブリッド共にほとんど変わらない車体寸法である。
エスティマハイブリッドは全高が3cm高いのが、唯一の大きな違い。他にエクステリアの違いから、わずかに全長寸法が異なる。
アエラスはX、Gにエアロパーツを装備したグレードで全幅が少し広くなる。
室内寸法に関しては、エスティマとエスティマハイブリッドの差は無い。
大人がリラックスしてくつろげる2列目がある。3列目の快適さは2列目には劣るが、窮屈感はなく大人が長時間乗車しても不満に感じることはない。

乗り心地、ハンドリング

エスティマとエスティマハイブリッドのオーナーの最も多い不満が、車体剛性と乗り心地だ。
中心グレード300万オーバーの車ながら、リアサスペンションは廉価なトーションビーム式でコーナーを曲がった時のしっかり感やリアの跳ね上げが運転中気になる。
シートの出来も不満が多く、別途クッションを使っているユーザーが多い。
ドライブしていて車体剛性の弱さを感じる。

エクステリア、インテリア

エスティマ、およびエスティマハイブリッドのオーナーが満足しているのが、エクステリアのかっこよさと、インテリアの見た目の上質さだ。
エクステリアは3列シートミニバンにありがちな箱型ボディではなく、流線型を多用している。より価格の高いアルファードやヴェルファイアよりも満足しているオーナーが多い。
インテリアに関してはトヨタならではの上質な仕上がりとなっている。
estima-hybrid-spec

エスティマハイブリッドに経済的メリットはあるか?

実燃費

ユーザー口コミによる燃費は、
2.4Lモデルで7~9km/L、
3.5Lモデルで6~8km/L、
ハイブリッドモデルで11~14km/Lとなっている。

これらの実燃費を元に各タイプのガソリン代の差を計算してみた。

ガソリン代比較

estima-hybrid-cost

エスティマハイブリッドはお得か?

装備の違いがあるので単純には比較できないが、16万キロ以上の走行でエスティマ2.4LのXグレードと、エスティマハイブリッドとのガソリン代の差額が車体価格の差額と同程度になる。
また、エスティマ3.5Lと比較すれば、11万キロ以上の走行でエスティマハイブリッドの方がお得ということになる。
3.5Lエンジンは2.4Lやエスティマハイブリッドに比べて、自動車税が年間1万円高くなることも覚えておこう。

関連するレポート

[ 2011/03/17 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

レガシィB4ブリッツェン発売計画あり、東京オートサロンのコンセプト市販化

トヨタが新型i-TRILコンセプトをジュネーブモーターショーで発表予定

レクサス・LS500hがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

三菱アウトランダーがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフト画像

クラウン アスリート/ロイヤルのフルモデルチェンジは2018年に延期

CX-3にガソリンモデル追加、マツダがディーゼル補助金減額へ対策

三菱自動車、新型エクリプス クロスをジュネーブモーターショーで公開

トヨタ・プリウスPHVがフルモデルチェンジ発売、車両価格326万1600円から

レガシィがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフトされた後期型を発表

スズキ新型スイフトは、Bセグメントハッチの中で完成度が高い

次期スープラ2018年、フェアレディZ、S2000、RX-9国産スポーツカー黄金期再来

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

三菱自動車がアスレジャー(仮名)をジュネーブモーターショーで公開予定

ステップワゴンハイブリッド、2017年秋のマイナーモデルチェンジで追加

マツダ次期アテンザは2018年春に発売される見込み、スカイアクティブ2へ進化

ノート e-POWERエアコン有りは195万9120円から、JC08モード燃費34.0km/L

次期ジムニーがフルモデルチェンジに向けて開発中、東京モーターショー公開か

三菱・新型アスレジャーは案外大きい、RVR以上アウトランダー未満の可能性

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

日産E52新型エルグランド(2代目)ユーザー評価、トラブル、メンテナンス報告

ステップワゴンハイブリッド2017年10月東京モーターショー出展予想

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

フィットのマイナーモデルチェンジ2017年春GW前に実施される見込み

マツダ新型CX-5がフルモデルチェンジ発売、プレオーダー数は9055台に到達

ホンダ新型シビック、セダン、ハッチバック、タイプRが2017年夏に日本発売

新型ワゴンRが2月1日に発売、スティングレーを含め3タイプのエクステリア

スズキ ソリオ/三菱デリカD2を長所と短所で評価レポート

日産セレナe-POWERが2017年8月頃発売計画、シリーズ式ハイブリッド採用

トヨタは次期プリウスαを開発していない、新プリウスは通常版とPHVだけ

スズキ・ワゴンRが2月1日フルモデルチェンジ、ストロングハイブリッド搭載か

ホンダがインサイト後継車を計画、次世代型1.5Lハイブリッドが搭載される

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

トヨタ新型カムリハイブリッドは早ければ2017年7月発売、TNGA 2.5L HV搭載

ノア&ヴォクシーのマイナーモデルチェンジ計画、2017年夏フェイスリフト

新型ジューク市販型がジュネーブモーターショーで公開か、CMF-B採用

三菱・RVRが2017年2月9日にマイナーモデルチェンジ、新型フロントグリル採用

次期マーチ コンセプトか?日産がSWAYを発表、Vモーション採用

次期ノートは3ナンバーの可能性、8月下旬発売予定

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.