トヨタ・86とスバル・BRZの価格&装備を比較

86とBRZの価格表

ボクサーエンジン搭載の新型スポーツカー、86とBRZの予約受付が既にトヨタ&スバルの両ディーラーで始まっている。
正式日程は、86が2月2日に発表、発売日4月6日。
BRZは2月3日に発表、発売日が4月7日となっている。

ブランド力、販売力の強みで86の方が売れる可能性は高いが、実はお買い得なのはBRZなのか。

トヨタ・86 スバル・BRZ
GT-LIMITED 6AT ¥3,050,000 Sレザーシート 6AT ¥2,945,250
GT-LIMITED 6MT ¥2,970,000 Sレザーシート 6MT ¥2,866,500
GT 6AT ¥2,870,000 S 6AT ¥2,871,750
GT 6MT ¥2,790,000 S 6MT ¥2,793,000
G 6AT ¥2,480,000 R 6AT ¥2,546,250
G 6MT ¥2,410,000 R 6MT ¥2,478,000
RC 6MT ¥1,990,000 RA 6MT ¥2,058,000

86とBRZの発売初期モデルは同グレード同価格になるという予想もされていたが、実際は全く異なる価格設定となった。

まず、初期モデルには設定されないと考えられていた、エアコンなしの競技車両ベースモデルが、86とBRZともに初期モデルから設定される。
価格は、86が当初伝えられた通りの199万円。BRZは205万8000円となる。

標準グレードと競技ベースグレード、つまり86のGとRC、BRZのRとRAを比較すると、BRZの方が高い価格設定になっているが、これは装備の違いによるもの。
BRZは全グレードでHIDヘッドライトとデジタルスピードメーターなどが標準装備となっているためである。
逆に86の装備が優れているのが、リアベンチレーティッドディスク。86が16インチであるのに対し、BRZは15インチが採用されている。
肝心のフロントブレーキは両者共通であるから、リアブレーキのわずかな違いはレース走行でもしない限り、ユーザーにとって差異は感じられないはず。
この点に関しては、BRZの方がうまくコストダウンさせたという印象がある。
HIDヘッドライトなどが標準装備される86のGTグレードと、BRZのSグレードを比較すれば、ほぼ同じ価格設定になっている。
全体的には、BRZの方がわずかにお買い得感がある装備と価格の設定と感じるが、フロアマットなど小さな装備の違いもあり、単純に比較するのは難しい。
上級グレードになるほど内装の雰囲気での差が大きくなるので、わずかな価格差よりもユーザーの好みで86派、BRZ派に分かれそうだ。

また、トヨタでは値引きなしの定価販売が多い一方で、スバルは5万円程度の値引きをしているディーラーが多いという。
86
BRZ

水平対向ならやはりスバルのBRZを選ぶべきなのか?

兄弟車種となる86とBRZは、どちらも富士重工業群馬製作所で生産される。
つまり86はスバルが供給するOEM車ということになる。
もちろん直噴技術をはじめ、トヨタが相当な技術介入をしていることは間違いないが、ベースは水平対向エンジン。
スバル主体で開発、生産されているのは間違い無いだろう。
BOXER D-4S
また、後々のメンテナンスを考えれば、長く水平対向エンジンと向き合ってきたスバルの整備士に任せる方が、なんとなく安心感がある。
ブランド力ではトヨタだが、この86とBRZに関してはスバルのBRZの方がややオススメと言えそうだ。

関連するレポート

[ 2012/01/26 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

トヨタの軽自動車、ピクシススペースに続くOEM車種は何か?

レガシィB4ブリッツェン発売計画あり、東京オートサロンのコンセプト市販化

トヨタが新型i-TRILコンセプトをジュネーブモーターショーで発表予定

レクサス・LS500hがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

三菱アウトランダーがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフト画像

クラウン アスリート/ロイヤルのフルモデルチェンジは2018年に延期

CX-3にガソリンモデル追加、マツダがディーゼル補助金減額へ対策

三菱自動車、新型エクリプス クロスをジュネーブモーターショーで公開

トヨタ・プリウスPHVがフルモデルチェンジ発売、車両価格326万1600円から

レガシィがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフトされた後期型を発表

スズキ新型スイフトは、Bセグメントハッチの中で完成度が高い

次期スープラ2018年、フェアレディZ、S2000、RX-9国産スポーツカー黄金期再来

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

三菱自動車がアスレジャー(仮名)をジュネーブモーターショーで公開予定

ステップワゴンハイブリッド、2017年秋のマイナーモデルチェンジで追加

マツダ次期アテンザは2018年春に発売される見込み、スカイアクティブ2へ進化

ノート e-POWERエアコン有りは195万9120円から、JC08モード燃費34.0km/L

次期ジムニーがフルモデルチェンジに向けて開発中、東京モーターショー公開か

三菱・新型アスレジャーは案外大きい、RVR以上アウトランダー未満の可能性

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

日産E52新型エルグランド(2代目)ユーザー評価、トラブル、メンテナンス報告

ステップワゴンハイブリッド2017年10月東京モーターショー出展予想

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

フィットのマイナーモデルチェンジ2017年春GW前に実施される見込み

マツダ新型CX-5がフルモデルチェンジ発売、プレオーダー数は9055台に到達

ホンダ新型シビック、セダン、ハッチバック、タイプRが2017年夏に日本発売

新型ワゴンRが2月1日に発売、スティングレーを含め3タイプのエクステリア

スズキ ソリオ/三菱デリカD2を長所と短所で評価レポート

日産セレナe-POWERが2017年8月頃発売計画、シリーズ式ハイブリッド採用

トヨタは次期プリウスαを開発していない、新プリウスは通常版とPHVだけ

スズキ・ワゴンRが2月1日フルモデルチェンジ、ストロングハイブリッド搭載か

ホンダがインサイト後継車を計画、次世代型1.5Lハイブリッドが搭載される

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

トヨタ新型カムリハイブリッドは早ければ2017年7月発売、TNGA 2.5L HV搭載

ノア&ヴォクシーのマイナーモデルチェンジ計画、2017年夏フェイスリフト

新型ジューク市販型がジュネーブモーターショーで公開か、CMF-B採用

三菱・RVRが2017年2月9日にマイナーモデルチェンジ、新型フロントグリル採用

次期マーチ コンセプトか?日産がSWAYを発表、Vモーション採用

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.