トヨタ・86とスバル・BRZの価格&装備を比較

86とBRZの価格表

ボクサーエンジン搭載の新型スポーツカー、86とBRZの予約受付が既にトヨタ&スバルの両ディーラーで始まっている。
正式日程は、86が2月2日に発表、発売日4月6日。
BRZは2月3日に発表、発売日が4月7日となっている。

ブランド力、販売力の強みで86の方が売れる可能性は高いが、実はお買い得なのはBRZなのか。

トヨタ・86 スバル・BRZ
GT-LIMITED 6AT ¥3,050,000 Sレザーシート 6AT ¥2,945,250
GT-LIMITED 6MT ¥2,970,000 Sレザーシート 6MT ¥2,866,500
GT 6AT ¥2,870,000 S 6AT ¥2,871,750
GT 6MT ¥2,790,000 S 6MT ¥2,793,000
G 6AT ¥2,480,000 R 6AT ¥2,546,250
G 6MT ¥2,410,000 R 6MT ¥2,478,000
RC 6MT ¥1,990,000 RA 6MT ¥2,058,000

86とBRZの発売初期モデルは同グレード同価格になるという予想もされていたが、実際は全く異なる価格設定となった。

まず、初期モデルには設定されないと考えられていた、エアコンなしの競技車両ベースモデルが、86とBRZともに初期モデルから設定される。
価格は、86が当初伝えられた通りの199万円。BRZは205万8000円となる。

標準グレードと競技ベースグレード、つまり86のGとRC、BRZのRとRAを比較すると、BRZの方が高い価格設定になっているが、これは装備の違いによるもの。
BRZは全グレードでHIDヘッドライトとデジタルスピードメーターなどが標準装備となっているためである。
逆に86の装備が優れているのが、リアベンチレーティッドディスク。86が16インチであるのに対し、BRZは15インチが採用されている。
肝心のフロントブレーキは両者共通であるから、リアブレーキのわずかな違いはレース走行でもしない限り、ユーザーにとって差異は感じられないはず。
この点に関しては、BRZの方がうまくコストダウンさせたという印象がある。
HIDヘッドライトなどが標準装備される86のGTグレードと、BRZのSグレードを比較すれば、ほぼ同じ価格設定になっている。
全体的には、BRZの方がわずかにお買い得感がある装備と価格の設定と感じるが、フロアマットなど小さな装備の違いもあり、単純に比較するのは難しい。
上級グレードになるほど内装の雰囲気での差が大きくなるので、わずかな価格差よりもユーザーの好みで86派、BRZ派に分かれそうだ。

また、トヨタでは値引きなしの定価販売が多い一方で、スバルは5万円程度の値引きをしているディーラーが多いという。
86
BRZ

水平対向ならやはりスバルのBRZを選ぶべきなのか?

兄弟車種となる86とBRZは、どちらも富士重工業群馬製作所で生産される。
つまり86はスバルが供給するOEM車ということになる。
もちろん直噴技術をはじめ、トヨタが相当な技術介入をしていることは間違いないが、ベースは水平対向エンジン。
スバル主体で開発、生産されているのは間違い無いだろう。
BOXER D-4S
また、後々のメンテナンスを考えれば、長く水平対向エンジンと向き合ってきたスバルの整備士に任せる方が、なんとなく安心感がある。
ブランド力ではトヨタだが、この86とBRZに関してはスバルのBRZの方がややオススメと言えそうだ。

関連するレポート

[ 2012/01/26 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

ポロGTI新型、フォルクスワーゲンがフランクフルトモーターショーで車両公開

ランドクルーザープラドがマイナーモデルチェンジ後期型、フランクフルト画像

ASPARK OWLがフランクフルトショーデビュー、新興日系スーパーEVメーカー

BMW コンセプトZ4がフランクフルトモーターショー2017で出品、画像

アウディAICON発表、レベル5完全自動運転を予告するコンセプトカー

レクサスCT200hが今夏のマイナーモデルチェンジで後期型へ、FMCは2019年以降

スズキ・ハスラーワイド計画中、オシャレなシティSUVの居住性が向上

ホンダ・シャトルのマイナーモデルチェンジ9/15発売、ハイブリッド改良

次期カローラ2019年フルモデルチェンジ見込み、TNGA-Cプラットフォーム採用

ホンダ・URBAN EV CONCEPTをワールドプレミア、2019年欧州市場で発売

ホンダ・オデッセイが今秋マイナーモデルチェンジで後期型エクステリアに

BMWがコンセプト X7を発表、次世代型キドニーグリル採用で2018年市販化

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

新型CX-8にマツダ版アラウンドビューモニタが搭載、2017年内発売

三菱自動車D:5後継デリカD:6はエルグランドとプラットフォーム共用か

ホンダ・インサイト復活、3代目は居住性向上と新開発i-MMDハイブリッド搭載

ステップワゴンスパーダハイブリッド発売日は9月下旬、価格約314万円から

スイフトスポーツがフランクフルトモーターショーで公開、6MT車183万6000円~

日産・セレナ e-POWER 今秋東京モーターショーのミニバン商戦に間に合うか

トヨタ現行マークXを2019年に生産終了予定、後継モデル計画は白紙

WRC日本開催2020年誘致目指す、同年ヴィッツ廃止で次期ヤリスを発売か

コンセプトEQA発表、メルセデスのCセグメントハッチバック電気自動車

スズキ次期スペーシア市販プロト、東京モーターショー2017出品予想

スープラ コンセプトの東京モーターショー発表は無し、デトロイトまで持ち越し

アルファロメオ新型ジュリア446万円から、輸入セダンに新たな選択肢

ホンダ新型N-BOXフルモデルチェンジ発売開始、新開発VTECエンジン搭載

マツダ次期アテンザ コンセプトが東京モーターショーで発表される可能性あり

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスRX450hLの発売は2018年まで延期か、3列シートクロスオーバーSUV

サンバーが生産終了、スバルが軽自動車生産から撤退

次期エスティマのフルモデルチェンジ2019年、EVミニバンの可能性も

マツダが次期ロードスターのエクステリアデザインを世界発表、脱KODOコンセプト

86オープン発売中止の真相は?一定の販売台数が見込めないことをトヨタが嫌気

セレナ新開発ハイブリッド搭載モデルが2017年2月に追加発売される見込み

ホンダが10代目シビックを発表、発売日は9月29日、車両価格は265万320円から

ヴィッツ現行型でモデル名を廃止する可能性、ヤリスの車名を日本導入か

マツダがSKYACTIV-Xの2019年導入を明言、HCCIエンジンはアクセラから採用か

プラドが後期型へマイナーモデルチェンジ、エントリー価格353万8080円に値上げ

ハイラックスが来月日本発売、ピックアップトラック復活326万7000円から

現行アクセラ最終型か、8月一部改良でセダンにも1.5Lディーゼル追加

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.