ランドクルーザー200系にフルモデルチェンジ計画、新型300系へ

トヨタ
このページの情報は古いです
ランドクルーザーの最新ニュースはこちらです
 NEW  トヨタ【新型ランドクルーザー300】日本発売、TNGA(GA-F)採用で510~800万円

ランクル300開発中、2020年フルモデルチェンジ見込み

トヨタのフラグシップSUV、200系ランドクルーザーのフルモデルチェンジ計画が進められている。現行型2007年の発売から13年が経過する2020年頃のタイミングで、新型300系ランドクルーザーとして発売されることになりそうだ。

(写真は現行200系ランドクルーザー)
ランドクルーザー200

トヨタの国内ラインアップでは、C-HRの販売が好調で、さらにRAV4の復活が予定されているなど、SUVに関する話題が増えている。フラグシップのランドクルーザーがFMCを受けることで、SUV重視の傾向をさらに強めることになる。

ランドクルーザー200 リアコンビネーションランプ

パワートレイン一新で燃費性能向上、ボディサイズはキープコンセプト

300系ランドクルーザーは、プラットフォームから新開発される。ラダーフレーム構造は新設計となり、さらなる悪路走破性の向上が期待できる。ボディサイズは現行型をほぼ踏襲する全長5m前後となり、ホイールベースも大きく変わらない見込み。サイズ感はキープコンセプトで、従来型オーナーによる乗り換え需要をしっかり担うことになる。

LS パワートレイン

パワートレインはダウンサイジングと電動化の波を受けることになる。ランドクルーザーの力強さを象徴するものの一つであったV8 4.6Lのメインユニットは廃止される見込み。これに変わり検討されているのがV6 3.5Lユニットで、レクサスLS500およびLS500hに搭載されるものをベースにしたものとなりそう。大型SUVとプレミアムセダンでは、同じV6でも求められる性能が違う。LSとは異なる仕上がりとなり、場合によってはターボ+ハイブリッドの構成も考えられる。

このページの情報は古いです
ランドクルーザーの最新ニュースはこちらです
 NEW  トヨタ【新型ランドクルーザー300】日本発売、TNGA(GA-F)採用で510~800万円
タイトルとURLをコピーしました