新型カムリ・ハイブリッドが発売/304万円から

新型カムリ発売日は9/5

9月5日に発売する新型カムリだがトヨタディーラーでは既に受注を開始している。
トヨタではプリウスαが約1年待ちという状況が続いているが、何となく最新ハイブリッドだからという理由で選んでいるユーザーも多いはず。
そんな中、新型カムリはプリウスα(7人乗り)の同価格帯の304万円からという価格設定になっている。
どうしても3列シートが欲しい人にとって新型カムリは、全く対象外の車種であるが、そうではない人にとっては、魅力的なハイブリッド車種の一つになるのではないだろうか。
日本ではセダンが売れなくなって久しいが、今回の新型カムリは日米同時モデルチェンジで日本市場も重視しているようだ。
日本でも人気車種になるのではないかと予想する。

新型カムリはハイブリッド専用車になる。
従来型ガソリンエンジンを積んだ非ハイブリッド仕様は発売されないのでお間違えなく。

北米仕様の新型カムリのエクステリアをINSIDE LINEがスクープ

リーク画像は北米仕様のため日本仕様とは異なる可能性がある。
フロントがややエグく、インプレッサに似てる。
このままでは日本ウケしないだろう。

北米市場での主力車種カムリ

カムリは日本ではあまり注目されないセダン車であるが、北米ではトップセールスを記録する車種である。
そのため、開発費が十分に使われており、ハイブリッドシステムなどのパワートレーンだけでなく、エクステリア、インテリアも上質に仕上がっている。
新型カムリの価格設定はベースモデルが304万円から、装備の充実したGパッケージが317万円から、レザーパッケージが380万円からとなっている。
これだけ高級感のあるハイブリッドセダンでありながら、300万円代で購入できるとなれば、円高とはいえ北米でも引き続き人気車種であり続けることは間違いない。

SAIより大きくて安い

新型カムリのボディサイズは全長4825×全幅1825×全高1470となっており、これはマークXより大きくSAIよりは小さいサイズになる。
SAIは338万円からの車だから、これではSAIはほとんど売れなくなるだろう。
エンジン排気量はSAIと比較して0.1Lアップの2.5Lエンジン。
出力はSAIを上回る143ps/27.5kgm。
さらに燃費も10・15モードでSAIの23.0km/Lを上回る26.5km/Lとなる。
SAIは2009年12月にデビューし、まだモデル末期とも言えない車種だが、既に今更買う車ではなくなってしまうのか。
このままでは新型カムリとSAIとの共存はほとんど無理。
今後もSAIを売り続けるには、SAIは現行より50万円ぐらいは安くしなければ、多くのユーザーが新型カムリを選択するはずだ。

関連するレポート

[ 2011/08/19 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

VW新型アーテオンがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

RVRにプラグインハイブリッドが追加

スズキ新型スイフトスポーツがデビュー

次期インプレッサ2012年デビュー写真

イース(e:S)軽自動車が9月末にもダイハツから発売

次期プリウスは2015年秋の発売予測、4WDモデルもラインアップされる

ホンダ・シビックタイプR量産型がジュネーブモーターショーで初公開予定

アルファード&ヴェルファイアのマイチェン後期型が東京モーターショー出展か

トヨタが新型i-TRILコンセプトをジュネーブモーターショーで発表予定

マツダ・CX-3にガソリンモデルを計画、低価格化でライバルSUVに対抗

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

トヨタ S-FRコンセプトが東京モーターショー2015でワールドプレミア

マツダ・RX-VISION、ロータリーエンジンSKYACTIV-Rを開発中、RX-9コンセプト

レクサス・LS500hがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

スバルXVの日本発売は4月6日、3月ジュネーブモーターショーで市販型公開

トヨタの軽自動車、ピクシススペースに続くOEM車種は何か?

レガシィB4ブリッツェン発売計画あり、東京オートサロンのコンセプト市販化

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

三菱アウトランダーがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフト画像

クラウン アスリート/ロイヤルのフルモデルチェンジは2018年に延期

CX-3にガソリンモデル追加、マツダがディーゼル補助金減額へ対策

三菱自動車、新型エクリプス クロスをジュネーブモーターショーで公開

トヨタ・プリウスPHVがフルモデルチェンジ発売、車両価格326万1600円から

レガシィがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフトされた後期型を発表

スズキ新型スイフトは、Bセグメントハッチの中で完成度が高い

次期スープラ2018年、フェアレディZ、S2000、RX-9国産スポーツカー黄金期再来

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

三菱自動車がアスレジャー(仮名)をジュネーブモーターショーで公開予定

ステップワゴンハイブリッド、2017年秋のマイナーモデルチェンジで追加

マツダ次期アテンザは2018年春に発売される見込み、スカイアクティブ2へ進化

ノート e-POWERエアコン有りは195万9120円から、JC08モード燃費34.0km/L

次期ジムニーがフルモデルチェンジに向けて開発中、東京モーターショー公開か

三菱・新型アスレジャーは案外大きい、RVR以上アウトランダー未満の可能性

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

日産E52新型エルグランド(2代目)ユーザー評価、トラブル、メンテナンス報告

ステップワゴンハイブリッド2017年10月東京モーターショー出展予想

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

フィットのマイナーモデルチェンジ2017年春GW前に実施される見込み

マツダ新型CX-5がフルモデルチェンジ発売、プレオーダー数は9055台に到達

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.