トヨタ次期オーリス(ハイブリッド)が開発中

新型オーリスにハイブリッドが追加

現行オーリスは1.5Lと1.8Lエンジンの2タイプが採用されている。
次期新型オーリスについてもこれらのガソリンエンジンは採用が決まっている。
さらに、1.8L+電気モーターのハイブリッドエンジンのグレードが追加される。
プリウスと共通のパワーソースということになる。
ハッチバックボディでこの1.8Lハイブリッドの組み合わせは、既にレクサスCT200hで製品化されているが、これのトヨタブランド版ということになる。
ハイブリッドの追加によって予想されるのが、非ハイブリッド1.8Lエンジンの存在意義があやふやになってしまうこと。
オーリスはプリウスよりも小さいクルマ。車両重量が軽いのでハイブリッド版は相当燃費がよくなるだろう。
先に発売されるヴィッツ級ハイブリッドのプリウスCが44km/Lとされているから、オーリスハイブリッドは40km/Lを超えるスペック燃費は出してきそうだ。
出力、車両価格、燃費性能ともに中途半端な非ハイブリッド1.8Lエンジンのモデルは主力グレードから脱落するだろう。

デビュー時期は約一年後の2012年10月が予定されている。

オーリスの新型プラットフォームはカローラにも展開

トヨタで同セグメントのボディを持つカローラとオーリスだが、現行モデルではそれぞれで異なるプラットフォームが採用されている。
現行カローラは旧型のMCプラットフォームであるのに対し、オーリスは現行モデルで既に新MCプラットフォームが採用されている。
このあたりの違いは走りの質として跳ね返ってきており、オーリスの欧州車的な走りの良さはユーザーから評価が高い。
新型オーリスもこの新MCプラットフォームを基本部分を変えずに採用される予定。
ただし、改良は加えられるはずだ。
走りの質感についてはこれまで以上に期待ができる。

さらに、新MCプラットフォームは、同じく2012年デビューが予定されているカローラにも採用されていく。
トヨタのCセグメントプラットフォームはオーリス型への統一化が進み、これまで以上に開発予算が回される。
これによって成熟度の高まった新MCプラットフォームの仕上がりが、今から楽しみである。

新型オーリステスト車両の画像が一部リーク

http://automobile-magazine.fr/で新型オーリスのテスト車両の画像が報じられている。

リーク画像では、まだガードが厳しくデザインの全体像をつかむことが難しい。
雑誌などで報じられている情報では。
フロントグリルはヘッドライトと横に一体型になり、VWポロのフロントをさらに切れ長にしたようなデザインになるらしい。
しかし、VW系統の出来損ないといった印象が強い。
リアは従来からのカローラ風で面白みがない。
現在の情報から、個人的に外観デザインの点数をつければ50点以下といったところ。
完成形での出来に期待したい。

関連するレポート

[ 2011/08/22 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

次期インプレッサ2012年デビュー写真

イース(e:S)軽自動車が9月末にもダイハツから発売

次期プリウスは2015年秋の発売予測、4WDモデルもラインアップされる

ホンダ・シビックタイプR量産型がジュネーブモーターショーで初公開予定

アルファード&ヴェルファイアのマイチェン後期型が東京モーターショー出展か

トヨタが新型i-TRILコンセプトをジュネーブモーターショーで発表予定

マツダ・CX-3にガソリンモデルを計画、低価格化でライバルSUVに対抗

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

トヨタ S-FRコンセプトが東京モーターショー2015でワールドプレミア

マツダ・RX-VISION、ロータリーエンジンSKYACTIV-Rを開発中、RX-9コンセプト

レクサス・LS500hがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

VW新型アーテオンがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

スバルXVの日本発売は4月6日、3月ジュネーブモーターショーで市販型公開

トヨタの軽自動車、ピクシススペースに続くOEM車種は何か?

レガシィB4ブリッツェン発売計画あり、東京オートサロンのコンセプト市販化

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

三菱アウトランダーがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフト画像

クラウン アスリート/ロイヤルのフルモデルチェンジは2018年に延期

CX-3にガソリンモデル追加、マツダがディーゼル補助金減額へ対策

三菱自動車、新型エクリプス クロスをジュネーブモーターショーで公開

トヨタ・プリウスPHVがフルモデルチェンジ発売、車両価格326万1600円から

レガシィがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフトされた後期型を発表

スズキ新型スイフトは、Bセグメントハッチの中で完成度が高い

次期スープラ2018年、フェアレディZ、S2000、RX-9国産スポーツカー黄金期再来

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

三菱自動車がアスレジャー(仮名)をジュネーブモーターショーで公開予定

ステップワゴンハイブリッド、2017年秋のマイナーモデルチェンジで追加

マツダ次期アテンザは2018年春に発売される見込み、スカイアクティブ2へ進化

ノート e-POWERエアコン有りは195万9120円から、JC08モード燃費34.0km/L

次期ジムニーがフルモデルチェンジに向けて開発中、東京モーターショー公開か

三菱・新型アスレジャーは案外大きい、RVR以上アウトランダー未満の可能性

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

日産E52新型エルグランド(2代目)ユーザー評価、トラブル、メンテナンス報告

ステップワゴンハイブリッド2017年10月東京モーターショー出展予想

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

フィットのマイナーモデルチェンジ2017年春GW前に実施される見込み

マツダ新型CX-5がフルモデルチェンジ発売、プレオーダー数は9055台に到達

ホンダ新型シビック、セダン、ハッチバック、タイプRが2017年夏に日本発売

新型ワゴンRが2月1日に発売、スティングレーを含め3タイプのエクステリア

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.