プリウスα、5人乗り、7人乗りの試乗レビュー

プリウスα乗り心地の評価

7人乗りプリウスα Gツーリングセレクション スカイライトパッケージ 試乗

プリウスαはプリウスよりも重い車重の関係で、エンジンが若干高回転になる場面があるが、静粛性の高さはなかなかのもの。
重い車重の剛性を確保するためにシャシーが補強されているようだ。
プリウスよりもしっかりしたシャシーのおかげでステアリングフィールは滑らかで、質の高い乗り味になっていることに気づく。
Gツーリングセレクションは17インチタイヤを履いているせいか、乗り心地に関してはそれほど柔らかさは感じない。
路面からの入力に対して不快なものはうまくサスペンションで処理されており合格点と言える。
パワートレインに対する重量比はプリウスの方が有利で、キビキビと走る爽快感では敵わない。しかし、走りの質感ではプリウスαの方が上だ。

スカイライトパッケージにはパノラマルーフが装備されている。
この部分も軽量化がされており、従来のガラス製ルーフよりも17kg軽い、透明のプラスティック素材が使われている。
高い位置に重たいガラスルーフを付けると、燃費が悪化するだけでなく、ハンドリングへの影響も避けられないものがあったが、プリウスαの軽量化された樹脂製ルーフではそういったものをほとんど感じない。
屋根に重いものを載せているという感覚なしに、開放感のある室内が演出できているのは関心した。
ただし、樹脂製ルーフの耐久性は気になるところ。
5年程度で、ルーフが極端に曇るようなことはないと思うが、青空駐車で10年も経てば相当な劣化は避けられないだろう。

5人乗りプリウスα Sツーリングセレクション 試乗

ワゴンタイプの5人乗りプリウスαは7人乗りと比較しておよそ10kg軽い。
この程度の差であれば、基本的な走りの差を感じる事はまずない。
乗り心地に関してもハンドリングに関しても限界まで攻めるような乗り方をしない限り、違いは感じないはず。
5人乗りも7人乗りと同じく、シャシーの出来の良さを感じ、プリウスからの磨き上げや進化を感じることが出来る。

ハイブリッドで乗り心地が良くなる、ばね上制振制御

5人乗り、7人乗りプリウスαの乗り心地が好評だが、新しいテクノロジー、ばね上制振制御が採用されている。
これはハイブリッドならではの制御で、電気モーターを使って乗り心地を向上させるシステム。
具体的には、路面からの入力で車の前輪が上がった時、瞬時にモータートルクを減速側にスイッチさせることで、車体の揺れを制御するというもの。逆にノーズが下がった場合はモータートルクを強める。
速度変化が現れるほど、減速加速をしているわけではないが、結果的に車内では段差をゆるやかに感じることができる。
ハイブリッドシステムがよりフラットな乗り心地を実現しているというわけだ。
これからのトヨタのハイブリッドに標準化されるシステムになることを期待したい。
プリウスCやプリウスのマイナーチェンジでも採用されたりするのではないかと予想。

関連するレポート

[ 2011/08/15 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

トヨタの軽自動車、ピクシススペースに続くOEM車種は何か?

レガシィB4ブリッツェン発売計画あり、東京オートサロンのコンセプト市販化

トヨタが新型i-TRILコンセプトをジュネーブモーターショーで発表予定

レクサス・LS500hがジュネーブモーターショーでワールドプレミアされる予定

ステップワゴン ハイブリッドの発売が予想より遅れる、2017年秋頃か

三菱アウトランダーがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフト画像

クラウン アスリート/ロイヤルのフルモデルチェンジは2018年に延期

CX-3にガソリンモデル追加、マツダがディーゼル補助金減額へ対策

三菱自動車、新型エクリプス クロスをジュネーブモーターショーで公開

トヨタ・プリウスPHVがフルモデルチェンジ発売、車両価格326万1600円から

レガシィがマイナーモデルチェンジ、フェイスリフトされた後期型を発表

スズキ新型スイフトは、Bセグメントハッチの中で完成度が高い

次期スープラ2018年、フェアレディZ、S2000、RX-9国産スポーツカー黄金期再来

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

三菱自動車がアスレジャー(仮名)をジュネーブモーターショーで公開予定

ステップワゴンハイブリッド、2017年秋のマイナーモデルチェンジで追加

マツダ次期アテンザは2018年春に発売される見込み、スカイアクティブ2へ進化

ノート e-POWERエアコン有りは195万9120円から、JC08モード燃費34.0km/L

次期ジムニーがフルモデルチェンジに向けて開発中、東京モーターショー公開か

三菱・新型アスレジャーは案外大きい、RVR以上アウトランダー未満の可能性

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

日産E52新型エルグランド(2代目)ユーザー評価、トラブル、メンテナンス報告

ステップワゴンハイブリッド2017年10月東京モーターショー出展予想

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

フィットのマイナーモデルチェンジ2017年春GW前に実施される見込み

マツダ新型CX-5がフルモデルチェンジ発売、プレオーダー数は9055台に到達

ホンダ新型シビック、セダン、ハッチバック、タイプRが2017年夏に日本発売

新型ワゴンRが2月1日に発売、スティングレーを含め3タイプのエクステリア

スズキ ソリオ/三菱デリカD2を長所と短所で評価レポート

日産セレナe-POWERが2017年8月頃発売計画、シリーズ式ハイブリッド採用

トヨタは次期プリウスαを開発していない、新プリウスは通常版とPHVだけ

スズキ・ワゴンRが2月1日フルモデルチェンジ、ストロングハイブリッド搭載か

ホンダがインサイト後継車を計画、次世代型1.5Lハイブリッドが搭載される

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

トヨタ新型カムリハイブリッドは早ければ2017年7月発売、TNGA 2.5L HV搭載

ノア&ヴォクシーのマイナーモデルチェンジ計画、2017年夏フェイスリフト

新型ジューク市販型がジュネーブモーターショーで公開か、CMF-B採用

三菱・RVRが2017年2月9日にマイナーモデルチェンジ、新型フロントグリル採用

次期マーチ コンセプトか?日産がSWAYを発表、Vモーション採用

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.