car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

C-HR画像、トヨタの新型小型クロスオーバーSUVコンセプト、ハイブリッド搭載

トヨタC-HR、ジューク対抗のBセグメントSUVのコンセプトカー

トヨタは10月2日にプレスディを迎えたパリモーターショー2014にて、新型コンセプトカーのC-HRを発表した。

C-HR コンセプト

C-HRはクロスオーバーSUVスタイルの2ドアクーペとなっている。発表前に公開された画像では、コンパクトサイズには感じられないほどボディラインが豊かであったが、実物のサイズ感はBセグメントそのもの。日産・ジュークの対抗車種と考えられる。

C-HR トヨタSUV

市販モデルではジューク同様に5ドアハッチバックになることが予想されるわけだが、ボディ後半が非常にタイトなデザインとなっており、後席居住性やラゲッジスペースにリアリティは薄い。まだまだコンセプトカーの域を出ておらず市販モデルのイメージが想像しにくい。また、いかにもジュークの後追いのようなデザインに今さら感が拭えないのも残念な印象を受けた。

C-HR トヨタSUVコンセプト

この手のトヨタのコンパクトSUVは、かつてRAV4が人気を誇った時代もあったが、大型化されてきた経緯がある。BセグメントクロスオーバーSUVとしては、トヨタはしばらくラインアップに穴を空けており、C-HRがそこにポジショニングされることになる。

toyota C-HR concept

C-HRは次期プリウスと共通プラットフォーム、次世代ハイブリッド搭載

C-HRはプラットフォームが次期プリウスと共通化され、ハイブリッドパワートレインが採用される見込み。既に具体的な市販計画も立てられており、2016年よりトルコ工場で生産されたものが欧州各国へデリバリーされる予定だ。

C-HR クロスオーバーSUVコンセプト

今回パリで発表されたこともあり欧州主体のモデルとなるが、日産がジュークで成功を収めたセグメントだけに、日本での発売も当然期待される。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント