car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

C-HRの市販型がジュネーブ公開、トヨタの新型ハイブリッドSUV画像

C-HRがワールドプレミア、ジュネーブモーターショー2016画像

トヨタ・C-HRが3月1日にプレスデーを迎えたジュネーブモーターショー2016でワールドプレミアされた。

(写真は新型C-HR)
C-HR ワールドプレミア

トヨタは新世代のハイブリッドクロスオーバーSUVとして、C-HRコンセプトの3ドアバージョンを2014年にパリで、5ドアバージョンを2015年にフランクフルトおよび東京で公開してきた。今回ジュネーブで公開されたのは市販型である。

C-HR リアコンビネーションランプ

モデル名はコンセプト段階から変更されず、市販モデルでもC-HRが引き続き採用された。

C-HR ジュネーブ2016

C-HRのエクステリアデザインはC-HRコンセプトの5ドアバージョンを忠実に再現された印象である。市販型での大きな違いは、リアウィンドウ面積が大きくなっていることが挙げられるだろう。後席居住性とトランク積載性がいくらか与えられたことになるが、それでも実用車という印象は感じにくい。

C-HR フロントグリル

このクラスのコンパクトSUVは走破性よりもエクステリアデザインの良さが市場から求められるポイントでもある。C-HRは街中で見栄えするシティSUVとして人気となりそうだ。

C-HRは1.8Lハイブリッドの他に1.2Lダウンサイジングターボも用意される

C-HRのボディサイズは全長4350mm×全幅1790mm×全高1570mm、ホイールベースは2640mmとなった。ハイブリッドパワートレインの搭載のCセグメントクロスオーバーSUVという位置付けになり、ホンダ・ヴェゼルと直接対抗するモデルになるだろう。

C-HR トヨタ

C-HRはTNGAプラットフォームをベースに開発され、パワートレインとしては1.8Lハイブリッドが採用される。

(写真はオーリスに搭載されるD-4 Tエンジン)
D-4 Tエンジン 1.2L ターボ

この他に、オーリスターボにおいて先行導入されている1.2Lターボモデルも用意される。

C-HRの日本発売は2016年内になる見込みだ。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント