car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

86(ハチロク)に決まる、トヨタFT-86正式名称

トヨタ・86が2012年4月発売

来春2012年4月にトヨタとスバルの同時発売が予定されている、水平対向エンジン搭載の新型スポーツカーについて、既にスバル側はBRZとして正式車名を発表していたが、トヨタ側は開発名FT-86とされるままで正式車名の発表が無かった。
今回、正式車名として86(ハチロク)が発表された。
東京モーターショーを目前に控えた11/27に富士スピードウェイで行われたトヨタのイベント、GAZOO Racingフェスティバルにおいての発表となった。
この86という名称はもちろん、4代目カローラレビン/スプリンタートレノのAE86が通称ハチロクと呼ばれていたことに由来するものだろうが、新型ハチロクに搭載される水平対向エンジンのボア×ストロークが86mm×86mmになっていることとも無関係ではないだろう。

新型ハチロクの車体価格

新型ハチロクの車体価格は、標準グレードが250万円程度、上級グレードが280万円程度になる見込み。
これら一般ユーザー向けのグレードとは別に、エアコンレス、スチールホイール、バンパー未塗装、遮音材なし、といったレース向けのベース車両として、199万円の廉価グレードも設定される。

86の一般公開は東京モーターショーで

86と姉妹車にあたるBRZは、12/3から開催される東京モーターショーで一般公開される。
86とBRZの違いは、バンパーやライト類等といった細部の外観デザインの一部が異なる以外は、内装、パワーユニットなどほぼすべてが共通になる。
サスペンション形式は、フロントがストラット、リアがダブルウィッシュボーンで86とBRZで基本パーツは共通だが、そのセッティングは、BRZがハンドリング重視の硬めになるのに対し、86は街乗り重視のコンフォートに設定されるという。

トランスミッションは6MTと6ATが用意され、6ATはレクサスIS Fと同系統のメカニズムの進化版に相当するものだ。

86とBRZ、来春4月の新型デビュー時には、いわゆるOEM提携車程度の相違にとどまるが、後々に発売されるカスタマイズモデルによって差別化は進んでいく。
スバルのBRZ STIバージョンでは大型リアウィングが装備されるバージョンも想定されているほか、トヨタの86はオープンカー仕様が投入される可能性もあるという。

自動車リサーチでは、東京モーターショーの特別招待日12/2に取材し、新型ハチロクの最新画像を当サイト上にアップしていく予定。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント