FT-86プロトタイプ、テスト走行のリーク動画

トヨタ
このページの情報は古いです
BRZの最新ニュースはこちらです
 NEW  スバル【新型BRZ】フルモデルチェンジ発表[308万円~]遅れて新型86も今秋登場予定

市販発売が迫るFT-86

トヨタFT-86Ⅱ、サイオンFR-Sとして開発され、ボクサーエンジンエンジンを積んだ新型のFRスポーツ車が、ドイツの一般道をテスト走行する段階に来ている。
その走行シーンの動画がリークしている。
(動画はページ下)

3つのFT86

FT-86系統の車種は3つのチャンネルで販売される予定だ。
一つはトヨタのFT-86。2つ目はトヨタの北米スポーツ車ブランドのサイオンからFR-Sとして、3つ目はスバルからの販売予定。
FB20系統のスバル2LボクサーエンジンやFRであること、そして車両重量が1200kg前後であることは共通だが、それぞれが独自のエクステリアを持ち、細かな仕様は変えてくるとされている。
サイオンのFR-Sは全くの北米仕様で、日本のトヨタで販売されることはない。

トヨタFT-86は3グレード構成で販売

最上級グレードではリアスポイラーが付き18インチタイヤを履いた仕様となる。
中間グレードは17インチタイヤ、最も販売台数が伸びそうな廉価グレードは16インチタイヤとなる見込み。

基本部分はスバルが開発

車両開発はスバルが主となって行われ、2リッター水平対向の直噴エンジンが採用される。
当然、レガシィ以上にハンドリング性能を追求した設計になっており、エンジンを低く後方に置くことによって重量バランスを良くしている。

FT-86テスト車の動画

スポーツ性能を強調している割にはボディはグラマラスで室内も広そうだ。
いまどき、本気のスポーツ車は売れないご時勢。
日常の足としての使い勝手も兼ね備え、多くの人が親しめるスポーツ車として販売台数を取りにいった感じがある。
前評判よりはかなり緩めのスポーツ車に見えるが、エコカーやミニバンだらけの街中では結構目立つはず。


スポンサードリンク

このページの情報は古いです
BRZの最新ニュースはこちらです
 NEW  スバル【新型BRZ】フルモデルチェンジ発表[308万円~]遅れて新型86も今秋登場予定
タイトルとURLをコピーしました