トヨタ・GT86欧州仕様は後期型へマイナーチェンジ、パリモーターショー2016出展

トヨタ
このページの情報は古いです
BRZの最新ニュースはこちらです
 NEW  スバル【新型BRZ】フルモデルチェンジ発表[308万円~]遅れて新型86も今秋登場予定

欧州版GT86の2017年モデルが発表される、パリモーターショー画像

9月29日から10月16日まで開催されるパリモーターショー2016も終盤となった。今回は重要なワールドプレミアモデルの出展が無かったトヨタブースであるが、マイナーモデルチェンジを受けて後期型へ移行したGT86欧州仕様2017年モデルが出展され話題となった。

(写真はGT86後期型)
86後期型

GT86は日本で86として販売されるモデルの欧州仕様ということになる。今年は2012年の発売から4年が経過するタイミングということで、後期型へ移行するマイナーモデルチェンジが各市場向けに進められつつある。

GT86欧州仕様はエンジンパフォーマンスアップは盛り込まれず

GT86後期型のエクステリアはフロント部分で大きく表情を変えてきた。フロントグリルは、より広く低く設定され、底辺に2つのフィンを持つ形状となる。これまで以上にスポーツカーらしくアグレッシヴな印象に仕上げられた。

86後期型リアコンビネーションランプ 86後期型ヘッドランプ

ヘッドランプおよびリアコンビネーションランプは外形では変化を感じ取ることができないが、中のLEDランプの配列はリフレッシュされている。近付いて見るとヘッドランプ内に86ロゴがあるのがわかる。

86後期型フロントグリル 86後期型マフラー

一方でドアミラー付け根のエアアウトレットはシンプルになり、86ロゴは消された。前期型のこの部分はファンの間でも賛否両論あるところであった。

86後期型インテリア 86後期型シート

ホイールデザインも新しくなっており、シンプルな10本スポークとこれに添えられる短いラインがアクセントとなる。

86後期型エンジン

なお日本仕様の86は既に後期型へマイナーモデルチェンジしている。エンジンスペックは6ATモデルは前期型と変わらず200psであるが、6MTモデルは207psへパフォーマンスアップされている。GT86欧州仕様はトランスミッションに関わらず200hpのままのようだ。

このページの情報は古いです
BRZの最新ニュースはこちらです
 NEW  スバル【新型BRZ】フルモデルチェンジ発表[308万円~]遅れて新型86も今秋登場予定
タイトルとURLをコピーしました