トヨタがハリアーターボ計画中、直4 2.0Lターボ8AR-FTS型エンジンを搭載

ハリアーターボが2017年夏に追加発売の可能性、後期型はターボが販売の主力か

トヨタ・ハリアーにダウンサイジングターボエンジンを搭載したモデルが計画中となっている。

(写真は現行ハリアー)
新型ハリアー

現行ハリアーは2013年にフルモデルチェンジしたモデルであった。車体が共用されてきたレクサスRXシリーズと完全に決別し、日本専用モデルとしてハリアーのモデル名が継続された。

新型ハリアー ハリアー 2Lエンジン

ただし、この際に大幅なダウンサイジングを受け入れることとなり、パワートレインラインナップとしては直4 2.0L 3ZR-FAE型 NAガソリンエンジンと、直4 2.5L 2AR-FXE型 ハイブリッドエンジンの2タイプに絞られ、V6エンジンは廃止された。

新型ハリアー 内装

そして、2017年夏頃の実施が見込まれる後期型ハリアーに向けたマイナーモデルチェンジでは、直4 2.0L 8AR-FTS型 ガソリンターボエンジンの搭載が検討されている。

新型ハリアー トランクルーム

トヨタ、レクサス車種で採用が広まる8AR-FTS型エンジン、マークXへの搭載は実現されそうにない

8AR-FTS型はレクサス・NX200tにおいて市販モデルへの搭載がスタートしたエンジンであった。従来のV6 NAガソリンエンジンとのリプレイスとなるダウンサイジングターボエンジンとして、FRプラットフォーム向けの縦置きと、FFプラットフォーム向けの横置きの2タイプが用意される。NX200tの他、レクサスブランド車ではIS200t、RX200t、RC200t、トヨタブランド車ではクラウンアスリートへの搭載実績がある。

(写真はNX200t)
NX200t

実は今秋に改良を受けるマークXへの搭載が噂されていたが、これは実現されそうにない。現行マークXは2009年発売のモデルであるから、今からのパワートレイン追加はタイミングとしては遅すぎるようにも感じる。

8AR-FTS型

8AR-FTS型の最高出力は238ps、最大トルクは35.7kgfmということで、現行ハリアーにはジャストなエンジンパフォーマンスとなる。ちょうどモデルサイクル半ばというタイミングでもあり、ハリアーターボの追加発売が期待される。

関連するレポート

[ 2016/10/19 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

トヨタ・ヴィッツハイブリッド発売、マイナーチェンジでフェイスリフト後期型

トヨタ新型カムリがワールドプレミア、北米国際オートショー2017開催

スカイラインが地味にカッコイイ、東京オートサロン2017日産ブース

S660 Bruno Leather Editionが2017年春に発売、東京オートサロンにも出品

スズキ スペーシアカスタムZ プレミアムを東京オートサロンで出品、画像

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

ヴィッツハイブリッド2017年1月12日発売、後期型へマイナーチェンジ

ホンダ新型シビック日本仕様は、セダン、ハッチバック、タイプRの3種類あり

レクサス新型LSが3.5Lツインターボ搭載でワールドプレミア、デトロイトショー2017

レクサスが新型コンセプトカー、LF-SAをジュネーブモーターショーで発表

ダイハツ・ミラは2017年秋フルモデルチェンジ、安全運転支援システム充実

スバルXVは2017年1月生産終了予定、3月ジュネーブで次期型発表の可能性

レクサスUX、プレミアムC-HRを独自デザイン、別チャンネルで販売予定

フィット2017年春マイナーモデルチェンジで直3 1.0Lターボを導入か

スズキ・スペーシア次期モデル開発中、2017年夏のフルモデルチェンジ予測

トヨタは次期プリウスαを開発していない、新プリウスは通常版とPHVだけ

2017年はジュークがフルモデルチェンジか、新デザインとe-POWERで人気モデルに

三菱がジュネーブモーターショーでコンパクトクロスオーバーSUVを発表予定

ヴィッツハイブリッドの車両価格は181万9800円から、1月12日に発売予定

スズキ・スペーシア カスタムZが12月26日に発売予定、新エクステリアに期待

次期15代目クラウン開発中、2017年東京モーターショーでエクステリア発表予想

日産・ノート e-POWERの初期受注が好調、シリーズ合計月販15784台で首位

新型スイフト2017年1月4日発売、スズキのニューモデルラッシュ

スペーシア カスタム Zが発売予定、押し出し感の強い新エクステリアが追加

トヨタ新型プリウスPHVは326万1600円から、2017年2月に発売延期

スズキ・ワゴンRのフルモデルチェンジは年明け早々、2016年内は難しそう

スズキ新型スペーシア カスタムZを149万0400円から発売、燃費30.6km/L

トヨタ次期カムリ、北米仕様は2.5Lターボ有り、日本仕様はハイブリッド専用

スズキ・スイフトのフルモデルチェンジ発表は2016年12月27日、134万3520円から

三菱eKスペース、カスタムがマイナーモデルチェンジでフェイスリフト

バモスが一部改良を受けて販売継続、N BOXと共存する価値はあるのか?

新型スイフトのエンジンは1.2Lマイルドハイブリッド、1.0Lターボ、1.2L NA

スズキがハスラーのワイド版を計画、オシャレなクロスオーバーSUVが登録車に

新型セレナに1.2LレンジエクステンダーEVの可能性、2017年初旬追加発売か

次期カローラは車格アップ、トヨタのセダンラインアップは車種整理される

レクサスが次期LSを予告、コンセプトカーのLF-FCを東京モーターショーで発表

ヴェゼルの受注が好調、ハイブリッド納期は消費税増税後、将来はターボ追加

ヴィッツハイブリッドの発売日は2017年1月12日、先行予約12月開始

日産オッティ&三菱eKワゴン後継車、2013年6月の発売に向けて準備中

マツダCX-5がフルモデルチェンジ、予約受付開始246万2400万円から

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.