car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

新型ウィッシュが4月9日発表、ビッグマイナーチェンジ

投稿日:

ウィッシュがビッグマイナーチェンジでフェイスアップ

現行ウィッシュは2012年5月頃にビッグマイナーチェンジを受けるとされていたが、これが少し早く実現することになった。
新型ウィッシュの発表が、4月9日に予定されている。
2009年に現行ウィッシュがデビューしてから3年が経過していることもあり、今回の改変はやや大きなものになる。
前回のレポートでは、エクステリアの変更がほとんどなされないとしたが、フロントバンパーのデザインが大きく変更されることになる。

MC後のウィッシュは、フロントバンパー中央部に大きな開口部が設けられ、シングルフレームグリル形状を取り入れたデザインになる。
さらに、リア周辺では、コンビネーションランプがLED化し、ガーニッシュが大型化されることで、現行モデルより存在感の強いものになる。
また、アルミホイールにも新デザインが採用される。
これまでのウィッシュは、ライバル車のストリームなどと比較しても、大人しく無難な印象のデザインであったが、新型ウィッシュはスポーティーで男性的な雰囲気が従来モデルより強くなる。

燃費も改善され、1.8LのFFモデルの10・15モード燃費は、現行型16.4km/Lから、新型17.2km/Lまで向上することになる。

グレード構成にも若干の変更点があり、2.0Gグレードは廃止され、エンジンをダウンサイジングした1.8Gが新たに設定される。
これにより、エコカー減税が50%から75%に引き上がることになり、Gグレードを選択するユーザーの実質負担額は軽減されることになる。

全グレードにわたって新燃費基準をクリアしていることから、すべてのグレードがエコカー補助金の対象車種になる見込みだ。
車両価格も若干の変更があり、2万円程度の値上げが見込まれている。

現行ウィッシュが大幅値引き

(写真は、MC前の現行ウィッシュ)
ウィッシュ
また、ウィッシュの購入を検討しているユーザーにとって見逃せないのが、現行モデルの投げ売り。
モデルチェンジ直前にあたる2012年3月上旬の時点で、在庫一掃セールが行われているという話も入ってきている。
まもなく旧モデルとなる新車の現行ウィッシュが、条件によっては40万円近い値引き額になることもあるので、検討してみてはいかがだろうか。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

新型ウィッシュが4月9日発表、ビッグマイナーチェンジ

ウィッシュにアイドリングストップ追加、5月にビッグマイナーチェンジ

7人乗りプリウスαとウィッシュを比較

ミニバン(2.0Lクラス以下)実用燃費ランキング 1位~5位

プリウスα/ウィッシュ/アイシス/ストリーム/プレマシーの比較評価

ウィッシュ新型二代目ZGE型(トヨタ)の評判と実燃費を報告