car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

トヨタ・SAIがマイナーモデルチェンジでホンダ顔に、JC08モード燃費22.4km/L

トヨタの新型SAIは、ホンダの人気ハイブリッドセダンのデザインを参考にした?

トヨタ・SAIが2013年8月29日にマイナーモデルチェンジを受けた。
新型SAI
SAIは2009年にトヨタ初のハイブリッド専用セダンとしてデビュー。今年2013年は発売から4年目を迎えるということで、後期モデルへと切り替わった。今回の改変はフロントマスクの変更を含めた大掛かりなものであるが、これが新型アコードを相当意識したと思われるデザインで興味深い。
下の写真は新型アコードハイブリッド。ヘッドライトとグリルのデザインに注目。
アコードハイブリッド

こちらはホンダの次世代オープンスポーツコンセプトのEV-STER。こちらのほうが近いか。
次期ビート EV-STER

新型SAIは燃費性能が向上、オリジナリティのあるデザインも採用

ただし、新型SAIはこれらホンダ顔を丸パクリしたというわけでもなく、独自性のあるデザインも組み込まれている。特にセンターにエンブレムを配した左右連結の横長ランプは新型SAIのアイデンティティと言えるだろう。リアコンビネーションランプについても共通のアイデアが採用されている。
トヨタ サイ
今回はマイナーチェンジということであるからサイドのデザインは従来通りプレーンな印象。そこにアコードのような鋭いキャラクターラインは無い。新型になったとは言えSAIがコンサバティブに映る所以は、このあたりにあるかもしれない。
SAI モデルチェンジ
燃費性能についても改善があり、JC08モード燃費は21.0km/Lから22.4km/Lと約6%の向上を果たしている。しかし、リチウムイオンバッテリーを搭載したアコードハイブリッドのJC08モード燃費30.0km/Lには遠く及ばない。
一方で新型SAIの車両価格はエントリーグレードのSが321万円からとなっている。アコードハイブリッドの365万円からと比較すると、なかなか競争力のあるプライスと言えるだろう。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

過去記事(2013/06/09)

SAIが後期モデルへ8月28日マイナーチェンジ予定、2.4Lハイブリッド搭載

SAIがマイナーチェンジで後期モデルへ、新たなエクステリアに期待

トヨタのハイブリッド専用セダン、SAIのマイナーチェンジが2013年8月28日に計画されている。発売から3年が経過するモデルということで、今回の改変はエクステリア変更を含めたものになると予想される。
(写真は現行SAI)
SAI トヨタ

SAIへの2.5Lハイブリッドエンジンの採用は見送り、2.4Lシステム継続

現行SAIはハイブリッドシステムとして2.4LのTHSⅡが搭載されているが、2.5LのTHSⅡを採用したカムリハイブリッドの登場以降は、同クラスのFFハイブリッド車は2.5Lへ統一されるものと考えられている。そして、今回のマイナーチェンジは、2.5L THSⅡへの切り替えのタイミングになるのではと予想されていたが、これは見送られるということである。2.4L THSⅡのSAIへの搭載が継続されるだけでなく、フリクション低減などの改良も盛り込まれるようで、2.4Lハイブリッドエンジンはまだしばらくは存続することになりそうだ。
この改良によりJC08モード燃費は約7%向上の22.4km/Lを達成する見込みとなっている。
(写真はHS250h)
レクサス HS250h
今回、マイナーチェンジを受けるSAIだが、トヨタブランドの中でも特に存在感が薄い。2009年の発売当初はトヨタセダン初のハイブリッドということで注目されたものだが、今年2013年に入ってからの販売台数は平均500台/月以下という低迷ぶり。レクサスブランドでもSAIとキャラクターが近いHS250hがラインアップしているが、こちらもスピンドルグリル採用のマイナーチェンジを受けたにもかかわらずあまり売れていない。ハイブリッドエンジンを搭載すれば何でも売れるという時代は終わりつつあり、今後は同セグメント内の車種統合が進むことになるだろう。

過去記事(2013/05/26)

SAI(サイ)は今夏のビッグマイナーモデルチェンジでハイブリッドシステムも一新

SAIは今年の改変でハイブリッドエンジンが2.5Lに

→(新しい記事:SAI、2.4Lハイブリッド継続

SAIはトヨタ セダン初のハイブリッド専用車として2009年にデビューした。モデル中期となった今年2013年の夏には、ビッグマイナーチェンジが計画されており、後期モデルへの移行準備が進められている。
エクステリアおよびインテリアのリフレッシュは当然行われることになるが、この改変でハイブリッドシステムも一新される見込みだ。現行の2.4L THSⅡから2.5L THSⅡへ変更される可能性が高いだろう。
(写真は現行SAI)
SAI トヨタ

SAIのライバルは同じトヨタのカムリハイブリッド

環境志向の高まりからハイブリッドカーの人気が続いている。そんな中、SAIはハイブリッド専用車でありながらも販売台数という面ではあまり芳しくない。発売当初は月販2000~7000台ペースの数字を維持していたものの、発売二年目以降は1000台を割り込む月が目立っていた。SAIの販売不振の決定打として考えられるのが、同じトヨタブランドで販売されるカムリの存在だろう。カムリもまたハイブリッド専用車として2011年にフルモデルチェンジ受けていたのだが、セダン車が売れないと言われる中、ハイブリッド専用セダンを二車種もラインアップしていることが、互いの販売台数を相殺しているように感じる。さらにカムリは、SAIよりも大きな車体とエンジンでありながらも価格は1割程度安く設定されており、お買い得感が大きい。
(写真は現行カムリハイブリッド)
カムリ ハイブリッド
そして、SAI後期モデルに搭載されるハイブリッドシステムは、このカムリと共通ユニットの2.5L THSⅡになると考えられている。SAIはカムリよりもボディサイズが小さく、より日本市場向けではあるが、これらをどのように差別化して販売していくかがトヨタの課題となるだろう。

SAI後期モデルの発売は8月下旬という見方が有力だ。

過去記事(2011/06/07)

ハイブリッドカー実用燃費ランキング6位~10位

ハイブリッドカー実用燃費ランキング1位~5位
ハイブリッドカー実用燃費ランキング11位~

ランキング6位~10位は上質感のある車種が多い

6位:レクサス CT200h 実燃費16.85km/L

(10・15モードカタログ燃費34.0km/L)
THS系ハイブリッドでプリウスの次に実燃費が良かったのは、レクサスの高級ハッチバックモデルCT200hである。
このクラスになるとドライバーも燃費運転というよりかは、走りを楽しむ走行をしがちだが、それでも低燃費をマークした。
ハンドリング性能も評価が高い。

7位:トヨタ SAI 実燃費14.99km/L

(10・15モードカタログ燃費23.0km/L)
SAIはトヨタブランドでのセダンボディのハイブリッド車である。
セダンのハイブリッドカーはホンダのシビックハイブリッドの方が歴史が長いが、セダンクラスでは車体が大きくより上質感のあるセグメントのSAIが断然人気がある。
THS系ハイブリッドながら2.4Lエンジン搭載でプリウスの1.8Lよりもハイパワーとなっている。

8位:レクサス HS250h 実燃費14.53km/L

(10・15モードカタログ燃費23.0km/L)
SAIと共通のハイブリッドシステムで燃費性能も同等。
レクサスブランドのオーナー層は燃費など気にしないのか、実燃費ではHS250hのほうが劣っていた。
レクサスの中では車体価格、車体サイズ共にお手ごろで人気車種となっている。

9位:日産 フーガハイブリッド 実燃費12.61km/L

(10・15モードカタログ燃費19.0km/L)
日産にハイブリッドカーがラインアップされていることは意外と知られていないが、ちゃんと量産車として販売されている。
リチウムイオン電池を量産ハイブリッドカーとしては初めて採用しており、THS系のニッケル水素電池よりもそのポテンシャルは高い。
THS系でも最近になってリチウムイオン電池を搭載したプリウスα(7人乗り)がデビューしている。

10位:トヨタ エスティマハイブリッド 実燃費12.35km/L

(10・15モードカタログ燃費20.0km/L)
ハイブリッドカーで12.35km/Lという実燃費は、そんなに燃費が良くないのではと思うかもしれないが、ノーマルのエスティマの実燃費は8.63km/Lである。
ざっくりいえば年間12万3500円のガソリン代が8万6300円になるわけだから、ハイブリッド化の低燃費効果は結構ある。
ただし、車体価格の差を相殺するのはかなりの距離を走らないと難しいか。

ハイブリッドカー実用燃費ランキング6位~10位 まとめ

ランキング上位は燃費性能を重視した車種が多かったが、6位~10位は主に上級セダンのハイブリッド車が姿を見せてきた。
元々この手の大きな車は燃費が悪いので、ランキング上位の小型の車種よりもハイブリッド化にする意義は大きい。
大きな車に乗る経済的余裕があるなら是非ともハイブリッドカーをお薦めしたい。

過去記事(2011/03/18)

国産ハイブリッドカー全一覧リスト

国産ハイブリッドカーの全リストはページ下に掲載中

トヨタはプリウスシリーズを強化中

2011/4頃を目処にプリウスワゴン(5人乗り)、プリウスプラス(7人乗り)でプリウスシリーズのラインアップを増やす予定だ。
7人乗りのプリウスプラスにはリチウムイオン電池をプリウスシリーズの量産仕様車として始めて採用する予定で、やや上級な価格設定が予想される。

アルファードハイブリッドが復活予定

現在、アルファードのハイブリッドバージョンがラインアップから姿を消しているが、2011年夏頃に向けて開発を進めているようだ。
大型ミニバンは燃費性能の悪さで、近年人気が低下気味だったが、ハイブリッド版の導入で再び注目されることになるだろう。

ヴィッツ・ハイブリッドはいつごろか

トヨタのTHS-II系ハイブリッドはコストが高く小型車への普及が遅れている。そんな中で注目されているのがプリウスCだ。
ヴィッツ・ハイブリッドとも称されていたが、プリウス系の名称になる可能性が高い。
2012年春頃の発売を予定しており、最も低価格なTHS系ハイブリッドカーとして期待が高まっている。

ホンダのIMAハイブリッドは小型車を中心に充実

ホンダのIMAはTHS系とは異なり、比較的低出力なモーターを採用し、低コストでハイブリッドシステムを搭載させることができる。
小型車を中心にラインアップを揃えてきている。
フィットハイブリッドは大ヒット作となった。

フィットシャトルハイブリッド

最近の注目は、フィットのワゴン版であるフィットシャトルハイブリッドである。
1.5Lエンジンの非ハイブリッドタイプの発売も同時に予定されている。
フィットシャトルハイブリッドは181万円~という低い価格で間もなく発売される。

中型車クラスは苦戦

インサイト、シビックハイブリッドといった、プリウスと車体サイズが競合する車種においては、販売台数的に苦戦を強いられている。
ホンダのIMAハイブリッドはトヨタのTHS-IIと比較すれば簡易的なものなので、200万円クラスの車になってくると、プリウスを選択するユーザーが多そうだ。

レクサスの主力車種の多くはハイブリッド版を用意

高級車のレクサスは、ハイブリッドシステムについてのコストの上乗せが容易なため、トヨタ以上にラインアップが充実している。

CT200h

最も小型のCT200hはプリウスに近いハイブリッドシステムを採用している。レクサス車種の中ではエントリーモデル的な位置付けで人気も高い。ハッチバック形状も30代~40代前半ぐらいの世代から支持されている。

RX450h

RX450hはハリアーハイブリッドと比較されることが多い。ハリアーハイブリッドは四駆のみのラインアップで、RX450hは2WD
(FF)版も用意されている。
ハイブリッドシステムそのものも異なり、RX450hの方が排気量、モーター出力共にやや大きなクラスを使用している。燃費性能に関しては、RX450hの方が優れている。

LS600h/LS600hL

LS600h/LS600hLは5.0LのV8大型エンジンに高出力モーターを組み合わせた、ハイブリッドカーの中では最も上級クラスの車となる。

HS250h

HS250hはレクサスのハイブリッドセダンの中では最も小型なため、比較的街でも見かけるタイプである。
SAIと共通のハイブリッドシステムで、燃費性能も変わらない。

日産フーガハイブリッドはリチウムイオン電池を採用

現在、量産仕様車でリチウムイオン電池を採用しているのはフーガハイブリッドだけである。
VQ35HRエンジンは、レクサスの2GR-FSE、2GR-FXEと比較の対象にされやすい。

国産ハイブリッドカーのラインアップ

メーカー 車名 車体形状 乗車定員 エンジン型式 排気量 エンジン種類 モーター出力 動力用主電池 10・15モード走行燃費 JC08モード走行燃費 発売予定
トヨタ プリウス ワンモーションフォルムハッチバック 5人 2ZR-FXE 1.8L 直4 60kW ニッケル水素 38.0km/L 32.6km/L (発売中)
SAI セダン 5人 2AZ-FXE 2.4L 直4 50kW ニッケル水素 23.0km/L 19.8km/L (発売中)
エスティマハイブリッド ミニバン 7人~8人 2AZ-FXE 2.4L 直4 50kW ニッケル水素 20.0km/L 18.0km/L (発売中)
ハリアーハイブリッド SUV 5人 3MZ-FE 3.3L V6 フロント123kW
リア50kW
ニッケル水素 17.8km/L   (発売中)
クラウンハイブリッド セダン 5人 2GR-FSE 3.5L V6 147kW ニッケル水素 15.8km/L 14.0km/L (発売中)
プリウスワゴン
(別名:プリウススペース、プリウスアルファ)
ワゴン 5人               2011/4予定
プリウスプラス
(別名:プリウスV)
ミニバン 7人         リチウムイオン     2011/4予定
プリウスC
(別名:ヴィッツハイブリッド)
コンパクトハッチバック 5人               2012/春予定
アルファードハイブリッド ミニバン 7人~8人               2011/夏予定
ホンダ インサイト ワンモーションフォルム 5人 LDA-MF6 1.3L 直4 10kW ニッケル水素 30.0km/L 26.0km/L (発売中)
シビックハイブリッド セダン 5人 LDA-MF5 1.3L 直4 15kW ニッケル水素 31.0km/L 25.8km/L (発売中)
フィットハイブリッド コンパクトハッチバック 5人 LDA-MF6 1.3L 直4 10kW ニッケル水素 30.0km/L 26.0km/L (発売中)
フィットシャトルハイブリッド ワゴン 5人 LDA-MF6 1.3L 直4 10kW ニッケル水素     2011/3予定
レクサス CT200h ハッチバック 5人 2ZR-FXE 1.8L 直4 62kW ニッケル水素 34.0km/L 30.4km/L (発売中)
HS250h セダン 5人 2AZ-FXE 2.4L 直4 105kW ニッケル水素 23.0km/L 19.8km/L (発売中)
GS450h セダン 5人 2GR-FSE 3.5L V6 147kW ニッケル水素 14.2km/L 12.8km/L (発売中)
RX450h SUV 5人 2GR-FXE 3.5L V6 123kW ニッケル水素 19.4km/L 17.4km/L (発売中)
LS600h/LS600hL セダン 5人 2UR-FSE 5.0L V8 165kW ニッケル水素 12.2km/L 11.0km/L (発売中)
日産 フーガハイブリッド セダン 5人 VQ35HR 3.5L V6 50kW リチウムイオン 19.0km/L   (発売中)

過去記事(2011/01/23)

SAI(サイ)新型トヨタAZK10型の評価と実燃費の口コミ

SAI(サイ)

SAIはハイブリッド専用車

トヨタからデビューしたSAI(サイ)は燃費性能の高い小さな高級車を目指して開発された。SAIはトヨタとしてはプリウスに続くハイブリッド専用車だ。より上品なイメージで位置付けられており、一番の特徴はセダンボディであることだ。

パワートレインは2AZ-FXE

基本コンポーネンツについては、実はレクサスHS250hと共通部分が多く、パワートレインはハイブリッドシステム2AZ-FXEが採用されている。ガソリンエンジン部分は2.4Lの直4DOHCエンジンが使われ、モーターには2JM型 交流同期電動機が採用されている。
プリウスの1.8L、モーターとの合計出力136psに対しSAIでは2.4Lの190psとよりパワフルで上級なものだ。

ゆとりの室内空間とトランクルーム

SAIは同じハイブリッドカーでありながらもプリウスとは車のキャラクターは大きく違う。ドライバーズシートまわりのインパネ、レイアウトはレクサスHS250h風だ。ナビゲーションやエアコンの空調調整はセンターにあるマウス風のコントローラーから行う。操作には多少の慣れが必要だが、操作中も姿勢の崩れや視線移動が少なく便利な装備だ。
オーディオパネルは蓋が付き普段は閉じてスッキリとしていて上品だ。オーディオの基本的な操作はハンドルに付属のボタンで行えるので普段は閉じたままでも不自由がない。
プリウスはセンターメーターだったが、SAIではメーター類はステアリング奥に位置される。ハイブリッドシステムインジケーターなどのECO情報もそこに集約されている。プリウスの先進的な感じに対し、落ち着いた上質な感じが特徴だ。
植物由来原料のエコプラスチックを室内表面積の約60%採用しておりアピールポイントになっている。
セダンボディながらもホイールベールはプリウスと同値の2,700mmであり、後席広さはプリウスと同等だ。元々プリウスは後席の広さには評価が高かったので、余裕のある後席はそのまま引き継がれている。セダンボディらしい落ち着いた空間が魅力で足元、ニースペースも十分という評判だ。
ドアの閉まる音など細かい部分にも重厚感をもたせコストがかけられているのがよくわかる。
トランクスペースは通常のセダン車並みの十分なスペースだ。ハイブリッドシステム用バッテリーの関係で狭くなることが危惧されたがゴルフバッグも4個積める仕様で一般的なサイズを確保している。

実燃費の口コミと評価

まずSAIの燃費性能のカタログスペックだが10・15モードで23.0km/L、新基準のJC08モードで19.8km/Lとなっている。
そして実燃費の口コミ報告では15~21km/Lの評価が多い。
混雑具合や路面状況で大きく変わるが、概ねコンパクトカーを凌ぐ燃料消費率を実現していると言えるだろう。もちろん車体重量やエンジン排気量を考慮するとプリウスの実燃費には及ばない。

サイはコンサバティブな顧客がターゲット

SAIのライバル車

SAIの価格帯は338万円~で、プリウスの205万円~より数ランク上だがレクサスHSよりは安いという位置付けだ。やや高額の車だがリモートタッチのナビゲーションシステムは最安グレードのSでも標準装備されている。上級グレードのGは380万円~となり、18インチアルミホイール、LEDヘッドランプ、10スピーカーオーディオ、プラズマクラスタエアコンといったレザーシートを除くほぼすべての装備が標準で付いてくる。
同じトヨタ車の中では、マークXの上級版である3.5プレミアムやクラウン2.5ロイヤルサルーンといった車種からのダウンサイジングを考えている顧客の丁度良いサイズと価格設定だ。
他社だとフォルクスワーゲンゴルフやメルセデスベンツBクラス、アウディA3スポーツバックなどの輸入車とのライバルとしても商品力がある。ハイブリッドという今のトレンドや特別感は車にプラスアルファの魅力を求める顧客層にとって魅力的だ。

SAIを走らせてみる

SAIをドライブしてみてまず感じるのはパワフルだということだ。つまりプリウスに比べ排気量のアップは確実に体感できる。
だがそんなことよりも乗り心地の良さの方が特筆すべきだろう。やや硬めの足回りだったプリウスに対し、SAIはサスペンションがしなやかに動いて荒れた路面もしっかり衝撃を和らげてくれる。サスペンション形式はフロントがストラット式、リアがダブルウィッシュボーン式が採用されておりそれなりのコストがかけられている。
上級なサスペンションだが軟らかくセッティングしすぎた感じは否めない。走りも楽しみたいという顧客からはまず候補からは外されてしまうだろう。保守的で落ち着いた客層がターゲットだとは思うが、緊急時の急ハンドルも安心感をもって行えないのは残念だ。
ハイブリッドエンジン2AZ-FXEは回転数を上げるといわゆる4気筒エンジンの音だ。ハイブリッドシステムの効果で回転数を上げる場面は少ないかもしれないが、高級サルーンという位置付けなら弱点に感じる人もいる。
路面からのロードノイズや風切り音はよく遮断されており静粛性はこのクラスの車としてもまずまず合格だ。プリウスとは明らかに違う室内の静かさだ。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先