car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

SAI(サイ)は今夏のビッグマイナーモデルチェンジでハイブリッドシステムも一新

SAIは今年の改変でハイブリッドエンジンが2.5Lに

→(新しい記事:SAI、2.4Lハイブリッド継続

SAIはトヨタ セダン初のハイブリッド専用車として2009年にデビューした。モデル中期となった今年2013年の夏には、ビッグマイナーチェンジが計画されており、後期モデルへの移行準備が進められている。
エクステリアおよびインテリアのリフレッシュは当然行われることになるが、この改変でハイブリッドシステムも一新される見込みだ。現行の2.4L THSⅡから2.5L THSⅡへ変更される可能性が高いだろう。
(写真は現行SAI)
SAI トヨタ

SAIのライバルは同じトヨタのカムリハイブリッド

環境志向の高まりからハイブリッドカーの人気が続いている。そんな中、SAIはハイブリッド専用車でありながらも販売台数という面ではあまり芳しくない。発売当初は月販2000~7000台ペースの数字を維持していたものの、発売二年目以降は1000台を割り込む月が目立っていた。SAIの販売不振の決定打として考えられるのが、同じトヨタブランドで販売されるカムリの存在だろう。カムリもまたハイブリッド専用車として2011年にフルモデルチェンジ受けていたのだが、セダン車が売れないと言われる中、ハイブリッド専用セダンを二車種もラインアップしていることが、互いの販売台数を相殺しているように感じる。さらにカムリは、SAIよりも大きな車体とエンジンでありながらも価格は1割程度安く設定されており、お買い得感が大きい。
(写真は現行カムリハイブリッド)
カムリ ハイブリッド
そして、SAI後期モデルに搭載されるハイブリッドシステムは、このカムリと共通ユニットの2.5L THSⅡになると考えられている。SAIはカムリよりもボディサイズが小さく、より日本市場向けではあるが、これらをどのように差別化して販売していくかがトヨタの課題となるだろう。

SAI後期モデルの発売は8月下旬という見方が有力だ。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

過去記事(2011/06/07)

ハイブリッドカー実用燃費ランキング6位~10位

ハイブリッドカー実用燃費ランキング1位~5位
ハイブリッドカー実用燃費ランキング11位~

ランキング6位~10位は上質感のある車種が多い

6位:レクサス CT200h 実燃費16.85km/L

(10・15モードカタログ燃費34.0km/L)
THS系ハイブリッドでプリウスの次に実燃費が良かったのは、レクサスの高級ハッチバックモデルCT200hである。
このクラスになるとドライバーも燃費運転というよりかは、走りを楽しむ走行をしがちだが、それでも低燃費をマークした。
ハンドリング性能も評価が高い。

7位:トヨタ SAI 実燃費14.99km/L

(10・15モードカタログ燃費23.0km/L)
SAIはトヨタブランドでのセダンボディのハイブリッド車である。
セダンのハイブリッドカーはホンダのシビックハイブリッドの方が歴史が長いが、セダンクラスでは車体が大きくより上質感のあるセグメントのSAIが断然人気がある。
THS系ハイブリッドながら2.4Lエンジン搭載でプリウスの1.8Lよりもハイパワーとなっている。

8位:レクサス HS250h 実燃費14.53km/L

(10・15モードカタログ燃費23.0km/L)
SAIと共通のハイブリッドシステムで燃費性能も同等。
レクサスブランドのオーナー層は燃費など気にしないのか、実燃費ではHS250hのほうが劣っていた。
レクサスの中では車体価格、車体サイズ共にお手ごろで人気車種となっている。

9位:日産 フーガハイブリッド 実燃費12.61km/L

(10・15モードカタログ燃費19.0km/L)
日産にハイブリッドカーがラインアップされていることは意外と知られていないが、ちゃんと量産車として販売されている。
リチウムイオン電池を量産ハイブリッドカーとしては初めて採用しており、THS系のニッケル水素電池よりもそのポテンシャルは高い。
THS系でも最近になってリチウムイオン電池を搭載したプリウスα(7人乗り)がデビューしている。

10位:トヨタ エスティマハイブリッド 実燃費12.35km/L

(10・15モードカタログ燃費20.0km/L)
ハイブリッドカーで12.35km/Lという実燃費は、そんなに燃費が良くないのではと思うかもしれないが、ノーマルのエスティマの実燃費は8.63km/Lである。
ざっくりいえば年間12万3500円のガソリン代が8万6300円になるわけだから、ハイブリッド化の低燃費効果は結構ある。
ただし、車体価格の差を相殺するのはかなりの距離を走らないと難しいか。

ハイブリッドカー実用燃費ランキング6位~10位 まとめ

ランキング上位は燃費性能を重視した車種が多かったが、6位~10位は主に上級セダンのハイブリッド車が姿を見せてきた。
元々この手の大きな車は燃費が悪いので、ランキング上位の小型の車種よりもハイブリッド化にする意義は大きい。
大きな車に乗る経済的余裕があるなら是非ともハイブリッドカーをお薦めしたい。