次期プレマシーは魂動デザインとフルスカイアクティブ化でリニューアル

プレマシーのフルモデルチェンジが2016年に実施される見込みとなった。

(写真な現行プレマシー)
プレマシー

マツダは2011年の東京モーターショーでKODOコンセプトを発表した。このKODOのエクステリアデザインをベースとした市販モデルとして、これまでにCX-5、アテンザ、アクセラ、デミオ、CX-3、ロードスターをラインアップに加えてきた。

プレマシー リアコンビネーションランプ プレマシー 東京モーターショー

そして、KODOデザインとスカイアクティブテクノロジーの採用を主軸にしたマツダ車のリニューアルは、次は3列シートミニバンのプレマシーに向けられることになる。

次期プレマシーに2.2Lディーゼル有り、SKYACTIV-Dの採用が検討されている

現行プレマシーは2010年に発売されたモデルであった。そのエクステリアデザインは旧コンセプトのNAGAREデザインをモチーフとしたものとなっている。

開発中の次期プレマシーはCX-5やアテンザと共通するKODOデザインが採用されることになる。

(写真はアクセラ)
アクセラ ディーゼル スカイアクティブD

また、現行プレマシーのSKYACTIVグレードで、SKYACTIV-G 2.0とSKYACTIV-DRIVEが導入されているが、これはシャシーやボディなども含めたフルスカイアクティブには至っていない。次期プレマシーはフルスカイアクティブのアクセラをベースに開発されることになる。

(写真はスカイアクティブD 2.2)
スカイアクティブ-D 2.2L

次期プレマシーに搭載されるパワートレインとしては、SKYACTIV-D 2.2の採用も視野に入れられている。これはCX-5、アテンザ、アクセラで搭載実績のあるクリーンディーゼルエンジンであり、いずれも販売実績が良かった。6速ATのSKYACTIV-DRIVEと組み合わせられたプレマシーディーゼルとしての販売も期待できるだろう。

また、ガソリンエンジンのSKYACTIV-G 2.0も最新型の投入が予想される。

#1 鉄血近衛隊2018/02/23(Fri)12:47:02
2018年2月23日
ビアンテ・プレマシーの販売が終了となった。
同時にマツダのウェブサイトから、「ビアンテ」・「プレマシー」の
ページが削除された。

2車の販売終了により、同社の自社開発ラインアップは、全て
フル「SKYACTIVテクノロジー」を採用した車種のみとなった。

海外、特に欧米で全く評価されない「ミニバン」からの撤退は、
同社のブランドイメージ向上を図る上でも「大英断」であった。

「ミニバン」を廃止したことで、マツダは真の「プレミアムブランド」へまた一歩近づいたことになる。
#2 匿名さん2018/02/23(Fri)14:56:43
マツダ5、として欧米でも売られていた時期があった
#3 匿名さん2018/02/24(Sat)23:56:45
ビアンテ販売終了
当たり前

デザイン酷い
内装チープ過ぎ
SDTの結果も散々

プレミアムを目指すから?

売れるミニバン作れなかっただけ。
御三家に勝てなかっただけ。

#4 匿名さん2018/02/24(Sat)23:59:00
ミニバンをラインアップしてたら恥ずかしくてプレミアムブランドになれないだろ
マツダはエライと思うよ
それに気づけたんだから
#5 匿名さん2018/02/25(Sun)00:02:07
ベンツにVクラスあるじゃん
とか
言われる前に、ブロック!
#6 匿名さん2018/02/25(Sun)00:21:34
ミニバンを扱うとカッコ悪い?

会社ってのは利益を出す事が大切な訳だろう?

売れないミニバンしか作れなかったから仕方ない。

ちなみに、マツダがプレミアムブランドになる。って、マツダが言ってたの?

#7 匿名さん2018/02/25(Sun)00:34:14
いいや、一言も言っていない
しかし、プレミアムと思わせる今のマツダ
ブランディングの素晴らしさ
「ブランディング」を理解している上層部が素晴らしい
#8 匿名さん2018/02/25(Sun)00:53:37
7さんは文面からミニバンが好きではないのでしょう。
嫌な話になったら無視して下さいね。

ここ数年のマツダの変貌ぶりは素晴らしい

車の本質を高めていこうとしていると感じます。
シャシ、エンジン、ミッション、ドライビングポジション、内外装のデザイン…

魅力的だと思います。

ただ日本のマーケットでミニバンを無視出来ないと思います。

今のマツダの方針でミニバンを作ったとしたら…

他社には出来ない良いミニバンを作ってくれるかと思います。

人気ジャンルでシェアを取れればマツダの利益になると思います。


名前(任意)
コメント

車名

プレマシー

プレマシー

代表グレード

20C−スカイアクティブ

20S−スカイアクティブ

発売日

2016年7月

2016年7月

型式

DBA-CWFFW

DBA-CWFFW

ボディ形状

5ドア ミニバン

5ドア ミニバン

乗員定員

7名

7名

全長(mm)

4585

4585

全幅(mm)

1750

1750

全高(mm)

1615

1615

ホイールベース(mm)

2750

2750

トレッド 前(mm)/後(mm)

1530/1520

1530/1520

室内長(mm)

2565

2565

室内幅(mm)

1490

1490

室内高(mm)

1240

1240

車両重量(kg)

1490

1490

エンジン型式

PE-VPS

PE-VPS

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1997

1997

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

83.5×91.2

83.5×91.2

最高出力

151ps(111kW)/6000rpm

151ps(111kW)/6000rpm

最大トルク

19.4kg・m(190N・m)/4100rpm

19.4kg・m(190N・m)/4100rpm

圧縮比

12.0

12.0

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

60

60

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

16.2

16.2

サスペンション(フロント)

マクファーソンストラット式

マクファーソンストラット式

サスペンション(リア)

マルチリンク式

マルチリンク式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(フロント)

195/65R15 91H

195/65R15 91H

タイヤサイズ(リア)

195/65R15 91H

195/65R15 91H

最小回転半径(m)

5.3

5.3

トランスミッション

6AT

6AT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

2,008,800円

2,268,000円

車名

プレマシー

プレマシー

代表グレード

20S−スカイアクティブ セレーブル

20S−スカイアクティブ Lパッケージ

発売日

2016年7月

2016年7月

型式

DBA-CWFFW

DBA-CWFFW

ボディ形状

5ドア ミニバン

5ドア ミニバン

乗員定員

7名

7名

全長(mm)

4585

4585

全幅(mm)

1750

1750

全高(mm)

1615

1615

ホイールベース(mm)

2750

2750

トレッド 前(mm)/後(mm)

1530/1520

1530/1520

室内長(mm)

2565

2565

室内幅(mm)

1490

1490

室内高(mm)

1240

1240

車両重量(kg)

1500

1500

エンジン型式

PE-VPS

PE-VPS

シリンダー配列

直列4気筒

直列4気筒

排気量(cc)

1997

1997

シリンダー内径(mm)×行程(mm)

83.5×91.2

83.5×91.2

最高出力

151ps(111kW)/6000rpm

151ps(111kW)/6000rpm

最大トルク

19.4kg・m(190N・m)/4100rpm

19.4kg・m(190N・m)/4100rpm

圧縮比

12.0

12.0

過給機

NA

NA

燃料タンク容量(L)

60

60

使用燃料

レギュラーガゾリン

レギュラーガゾリン

JC08モード燃費(km/L)

15.2

15.2

サスペンション(フロント)

マクファーソンストラット式

マクファーソンストラット式

サスペンション(リア)

マルチリンク式

マルチリンク式

ブレーキ(フロント)

ベンチレーテッドディスク

ベンチレーテッドディスク

ブレーキ(リア)

ディスク

ディスク

タイヤサイズ(フロント)

205/50R17 89V

205/50R17 89V

タイヤサイズ(リア)

205/50R17 89V

205/50R17 89V

最小回転半径(m)

5.3

5.3

トランスミッション

6AT

6AT

駆動方式

FF

FF

消費税込み車両価格

2,338,200円

2,419,200円

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先