car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

マツダ・プレマシーのフルモデルチェンジ計画、KODOとフルスカイアクティブ採用

投稿日:

次期プレマシーは魂動デザインとフルスカイアクティブ化でリニューアル

プレマシーのフルモデルチェンジが2016年に実施される見込みとなった。

(写真な現行プレマシー)
プレマシー

マツダは2011年の東京モーターショーでKODOコンセプトを発表した。このKODOのエクステリアデザインをベースとした市販モデルとして、これまでにCX-5、アテンザ、アクセラ、デミオ、CX-3、ロードスターをラインアップに加えてきた。

プレマシー リアコンビネーションランプ プレマシー 東京モーターショー

そして、KODOデザインとスカイアクティブテクノロジーの採用を主軸にしたマツダ車のリニューアルは、次は3列シートミニバンのプレマシーに向けられることになる。

次期プレマシーに2.2Lディーゼル有り、SKYACTIV-Dの採用が検討されている

現行プレマシーは2010年に発売されたモデルであった。そのエクステリアデザインは旧コンセプトのNAGAREデザインをモチーフとしたものとなっている。

開発中の次期プレマシーはCX-5やアテンザと共通するKODOデザインが採用されることになる。

(写真はアクセラ)
アクセラ ディーゼル スカイアクティブD

また、現行プレマシーのSKYACTIVグレードで、SKYACTIV-G 2.0とSKYACTIV-DRIVEが導入されているが、これはシャシーやボディなども含めたフルスカイアクティブには至っていない。次期プレマシーはフルスカイアクティブのアクセラをベースに開発されることになる。

(写真はスカイアクティブD 2.2)
スカイアクティブ-D 2.2L

次期プレマシーに搭載されるパワートレインとしては、SKYACTIV-D 2.2の採用も視野に入れられている。これはCX-5、アテンザ、アクセラで搭載実績のあるクリーンディーゼルエンジンであり、いずれも販売実績が良かった。6速ATのSKYACTIV-DRIVEと組み合わせられたプレマシーディーゼルとしての販売も期待できるだろう。

また、ガソリンエンジンのSKYACTIV-G 2.0も最新型の投入が予想される。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント