プレマシー新型三代目(マツダCWEFW/CWEAW)の口コミ評価

プレマシーは、ライバルのウィッシュ、ストリームに比べ販売実績が低いマイナー車種である。ただし、車自体の出来は非常にいい。
アイドリングストップシステムを採用するなど最新のエコ性能も装備しているほか、足回りはマルチリンクサスペンションを採用するなどハンドリングや乗り心地の評価が高いのが特徴だ。

プレマシーはこんな車

長所、短所欠点まとめ

長所 短所
車体価格が安い
コストパフォーマンスがいい
運転がしやすい
シートの仕上がりがよく疲れにくい
室内が静か
室内が広い
悪路でのショック吸収がいい
ボディー剛性が高くコーナーリングが気持ちいい
ブレーキの効きがいい
リアサスペンションにマルチリンク式を採用
このクラスで珍しいスライドドア
燃費が悪い
車体重量は電動スライドドアを付けると1.5tを超える
内装の質感が悪い
3列目が狭い
収納小物入れが少なく工夫が足りない
後方の視界が悪い

プレマシーは安い!

プレマシーの車体価格はライバル車種に比べ安いのが特徴だ。
プレマシーのなかで最も廉価モデルの20CSは2WDで¥1,799,000という価格設定だ。
例えば、ウィッシュの2Lエンジンモデル(2.0G)は¥2,260,000、ストリームの2Lモデル(2.0ZS)は¥2,240,000という価格設定。ライバル車はトランスミッションにCVTを採用したり、標準装備も豪華であるから単純に比較できないが、プレマシーは相当安い料金設定だと言えるだろう。
特に多人数乗車が多いドライバーであれば、1.8Lエンジンではなく、2.0Lエンジンを積極的に選びたいと考えるだろう。こういった場合は、2.0Lエンジン搭載車が安いプレマシーは非常に商品力のある車種である。
プレマシー

i-stop採用エンジン

新型プレマシーのエンジンは3タイプ用意されている。
1つ目が、2WD車用で最も廉価グレードのLF-VD型DOHC(DISI)。2.0Lでi-stop(アイドリングストップ機構)は付かない。
2つ目は、2WD車用で中間グレードのLF-VDS型DOHC(DISI)。これにはi-stopシステムが採用されている。
4WD車に採用されるのは全てLF-VE型DOHCエンジン。こちらはアイドリングストップシステムは付かない。
プレマシーはすべて、2.0Lエンジンで、同クラスライバル車のように1.8Lエンジンの設定は無い。
i-stopを採用していることが、プレマシーのセールスポイントではあるが、実際の売れ筋グレードは、i-stopが採用されていない廉価グレードの20CSである。
20CSと20Eの差額をアイドリングストップによる燃料代で埋める事は不可能だ。上位グレード20Eを選択する人は、i-stopよりも、むしろDSC(ダイナミック・スタビリティ・コントロールシステム:横滑り防止機構)やTSC(トラクション・コントロール・システム)、或いはサイドエアバッグ(カーテン、フロントサイド)の装備を目的にしているだろう。

リアにマルチリンクを採用

プレマシーをはじめとするマツダの車種は、足回りにコストを掛けた作りをしている。
車体剛性もしっかりしており、見えないところをしっかり作っているのがプレマシーの特徴だ。
ユーザーの口コミ評価でもハンドリング、コーナリングのしやすさなどの運転フィーリングに関しては高い評価がされている。
また、コストのかかった足回りは、乗り心地が良く、同乗者からも評価が高い。
このクラスのミニバンでは、路面の段差での突き上げが激しかったりするのはよくあることだが、プレマシーは悪路でもサスペンションが良く動き衝撃をしっかり吸収してくれる。

燃費性能は劣る

プレマシーの実燃費は街乗りで7~9km/L、高速で11~14km/Lという口コミによる報告が多い。
トランスミッションに他のライバル車種がCVTを採用しているのに対し、プレマシーは5ATだ。ライバル車種より1~2km/L程度は実燃費が悪い。
また、i-stopには過度の期待はしないほうがいい。アイドリング時にエンジンを止めても節約できるガソリンは大したことはない。「エコなことをしている」という自己満足的な要素が強い。大容量バッテリーを使っているので、バッテリー交換が通常より高価になることも注意しよう。

プレマシーはこういう人にお薦め

多人数乗車の多い人にお薦め

多人数乗車の多い人は2.0Lエンジンが欲しいところ。プレマシーなら安く2.0Lエンジンを手に入れることができるのでお薦めできる。
逆に多人数乗車の少ない人は、燃費重視で1.8Lエンジン、あるいはCVTを採用しているライバル車種を選択したほうがいいかもしれない。

ハンドリング、乗り心地重視の人にもお薦め

前車がスポーツセダンや欧州車に乗っていたドライバーなら、いわゆるミニバンの頼りないハンドリングとふわふわした乗り心地は受け入れたくない要素だろう。
しかし、欧州市場をメインとして開発されたプレマシーなら納得のいく足回りを得られるはずだ。
プレマシーのミニバン離れしたドライブフィールは、多くのユーザーが満足しているポイントである。

スライドドア付きが欲しい人

プレマシーはスライドドア付きが欲しい人にもお薦めできる。
実は、このクラスの7人乗りミニバンでスライドドアが付いているのはプレマシーだけだ。
小さな子供のいる家族にとっては、スライドドアは必須装備と考えることもあるだろう。
もう少し全高の高い、セレナやステップワゴン、ヴォクシーのクラスになれば多くの車種でスライドドアが採用されるのだが、全高の高い車を嫌がるドライバーも多い。
プレマシーは低い全高を持つミニバンの中では珍しくスライドドアを装備してるのが特徴だ。

関連するレポート

[ 2011/02/25 ]
コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント
コメント投稿

ホンダ・N-BOXフルモデルチェンジ画像公開、現行デザイン踏襲

アルファード、ヴェルファイアは今秋マイナーモデルチェンジで2.0Lターボ追加

新型ミライース発売、フルモデルチェンジでもJC08モード燃費の向上無し

トヨタ・アクアが6月19日マイナーモデルチェンジ、X-クロスオーバー追加

日産が次期リーフのティザー画像を公開、2017年後半フルモデルチェンジか

トヨタ・マークX実質的後継モデル、2017年1月デトロイトモーターショーで公開

マツダ次期ロータリー車はシリーズ式ハイブリッド、RX-9発売の可能性は

レクサスLSのフルモデルチェンジ発売、2017年10月19日スケジュール

レクサスNX300h、NX200t改めNX300が後期型へマイナーモデルチェンジ

トヨタが新型カムリ日本仕様を発表、2017年夏の発売を予告、販売強化

トヨタ、日産、ホンダ、マツダ、三菱、スバルのメーカーごとの特徴

レクサス新型UXシリーズは2018年春の発売見込み、プレミアムコンパクトSUV

新型シビックは今夏発売のスケジュール、4ドアセダン、5ドアハッチバック、タイプR

ホンダ・アコード次期モデルの日本発売は無し、Sport Hybrid i-MMDに貢献

ステップワゴンハイブリッド、2017年秋のマイナーモデルチェンジで追加

ホンダ・フィットのマイナーモデルチェンジは6月下旬、ホンダセンシング搭載

次期フォレスターが開発中、2017年秋東京モーターショーでワールドプレミア

ジュークのフルモデルチェンジは2017年末、東京モーターショー出展見込み

アクアがマイナーモデルチェンジでJC08モード燃費38.0km/Lに向上、6月予定

ホンダ・バモスに19年ぶりのフルモデルチェンジ計画、ミッドシップ廃止でFF化

三菱・エクリプスクロスの日本発売は2018年初頭、2.2Lディーゼル搭載

スバル・レヴォーグが後期型へマイナーモデルチェンジ、2017年6月予定

新型カムリ日本発売は2017年7月10日、マークX統合ミドルクラスセダン

フェアレディZが6月にビッグマイナーチェンジ(Nissan 370Z)

ランドクルーザープラドが2017年秋マイナーモデルチェンジ予定、後期型へ

リーフのフルモデルチェンジは2017年秋の予測、東京モーターショー出展か

CX-8の2017年内の日本発売が確定、マツダ社長が決算発表会で言及

ダイハツ・ミライースのフルモデルチェンジが2017年5月9日に予定

次期レクサスISが2012年発売、ハイブリッドIS350hも追加

フォルクスワーゲン車の弱点と選ばれる理由

次期スカイラインクーペ ハイブリッドのコンセプトモデルが発表、500ps超

トヨタ・C-HRの販売が好調、長引く納期、2017年生産モデル残りわずか

トヨタがFT-4Xコンセプトを発表、次世代コンパクトクロスオーバーSUV

マツダ新型CX-6が2017年秋に発売される見込み、プレマシー後継3列シート

エクストレイルが後期型へマイナーモデルチェンジ、プロパイロット搭載

ホンダ新型CR-Vハイブリッドが上海で発表、Sport Hybrid i-MMDを搭載

ホンダ・N-BOXのフルモデルチェンジは少し遅れる、現行型販売は好調

サイオンFR-SとトヨタFT-86Ⅱを比較

FT-86プロトタイプ、テスト走行のリーク動画

スバル新型アセント Ascent、トライベッカ後継を開発中、VIZIV-7 CONCEPT発表

メーカー/車種別

お問い合わせ
プライバシーポリシー
Copyright © 自動車リサーチ. All rights reserved.