car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

マツダMPVが販売中止予定、後継3列シートモデルとしてCX-9が発売か?

MPVは在庫販売のみ、現在のところ後継モデルの設定は無し

マツダの3列シートミニバン、MPVが2016年3月中にも販売中止となる見込みだ。既に生産は終了しているようで、在庫分のみの販売に切り替わっている。

(写真はマツダMPV)
MPV

マツダは近い将来にすべてのミニバン車種を廃止していくと見られ、このMPVだけでなくプレマシー、ビアンテも次期モデルは開発されず、カタログ落ちとなる見込みだ。

今後はCX-で始まるクロスオーバーSUVモデルのラインアップを充実させ、これらに3列シート搭載モデルを設定することで、ミニバン需要に応えていくことになる。

(写真はCX-9)
新型CX-9

特にMPVの後継モデルとされていたのが、昨年2015年11月にロサンゼルスオートショーで初公開されたCX-9である。既に2016年2月から広島の宇品第1工場にて生産がスタートしており、今春の北米発売に向けて準備が進められている。

CX-9は東京モーターショーで出品されなかった、日本発売は本当にあるのか

ただし、このCX-9が日本発売されるということはまだ決定事項では無いようだ。まず、ワールドプレミアとなったロサンゼルスオートショーと近い時期に開催された東京モーターショーではCX-9は出展されておらず、この段階ではCX-9の日本発売はあくまで可能性の一つに過ぎなかったと判断される。

CX-9 マツダ CX-9 リアコンビネーションランプ

また、正式発表されたCX-9のボディサイズも気になる。全長が5mオーバー、全幅も1969mmと2m近いサイズに仕上げられており、北米だけでなく日本で併売するモデルとしては大きすぎる。一回り小さい次期CX-7が開発中であるという情報もあったから、こちらが日本販売モデルの本命かもしれない。

コメントを書くことができます
名前(任意)
コメント

過去記事(2015/05/14)

マツダMPVは現行モデルで廃止、後継車種として次期CX-9が日本に導入される

MPVは次期CX-9へ引き継がれる、北米向け7シータークロスオーバーSUV

マツダのMPVが現行モデルを以って廃止となることが見込まれている。

(写真は現行MPV)
MPV

現行MPVは2006年に3代目モデルとして発売された。今年2015年は発売から9年が過ぎる時期に来ており、販売台数は月間50台に満たないレベルにまで落ち込んでいる。

そんなモデル末期のMPVに次期型についての情報がある。まず車名のMPVは継続されない可能性が高い。そして後継車種のモデル名はCX-9になるということである。

CX-9が日本発売、マツダの新型クロスオーバーSUVが2015年内にも発売か

(写真はCX-9北米モデル)
CX-9 CX-9 北米仕様

CX-9は北米、オーストラリアを中心に販売されてきたクロスオーバーSUVである。全長5071mmという大柄ボディに7シーター3列シートを装備する。

一方でMPVは全長4860mmというボディサイズとなっており、次期CX-9が後継モデルということであればクロスオーバーSUV化と大型化を受けることになる。ただし、次期CX-9にはボディサイズを抑えた日本仕様の設定も噂されている。

(写真はCX-5)
CX-5 上海モーターショー2013

やはり前述のとおりの販売台数では、MPVとしてのモデル名を継続する価値は無いと判断するのが妥当か。それよりも近年販売が好調であったCX-5の上位モデルとして認識されやすいCX-9の方がマツダとしても売りやすいはずだ。

スカイアクティブ-D 2.2L

次期CX-9への搭載が予想されるエンジンとしてはSKYACTIV-D 2.2が候補となる。これは現行CX-5に搭載される直4 2.2Lのクリーンディーゼルエンジンであり、CX-5の販売台数の大半がこのディーゼルモデルであった。次期CX-9についてもディーゼルモデルが人気となることが予想される。

新型CX-9は2015年秋の東京モーターショーあるいはLAオートショーで発表され、2015年内の発売が予想される。

過去記事(2011/06/16)

ミニバン2.3L~クラスの実用燃費ランキング

大型ミニバンの実燃費をユーザー投稿でランキング

1位:トヨタ エスティマハイブリッド 実燃費12.35km/L

(10・15モードカタログ燃費20.0km/L)
現在のところ最も室内空間が広いハイブリッドカーがエスティマハイブリッドである。
車体価格は376万円から。オプション込みで400万円を超える価格は少し手が出にくいか。
ノーマルのエスティマの実燃費8.63km/Lと比較すると、燃費削減効果は大きいと感じる。

2位:トヨタ マークXジオ 実燃費10.46km/L

(10・15モードカタログ燃費13.2km/L)
大型ミニバンのカテゴリーとしては室内が狭いが、2.4リッターエンジンの余裕の走りをもつ3シーター。
3列目は狭いので非常用と割り切りが必要である。
他の大型ミニバンと比べ車体が小さい分、燃費面では有利だ。

3位:ホンダ オデッセイ 実燃費9.39km/L

(10・15モードカタログ燃費13.2km/L)
かつてはミニバンを代表する車種であったが、低床低重心化によりステーションワゴン風になってしまった。
ミニバンとしては低めの室内高は広々感に欠けるが、燃費では有利。

4位:トヨタ アルファード/ヴェルファイア 実燃費9.18km/L

(10・15モードカタログ燃費11.6km/L)
車体サイズの割りに燃費がいいのには驚かされる。
ただし、足回りやハンドリング性能に関しては、あまり誉められない。

5位:三菱 デリカD:5 実燃費8.63km/L

(10・15モードカタログ燃費13.2km/L)
三菱車がスルーされる風潮が長く続いているが、デリカD:5は三菱の中では比較的人気車種。
意外にしっかりした走りで、所有してから良さがわかる車だ。

6位:トヨタ エスティマ 実燃費8.63km/L

(10・15モードカタログ燃費12.4km/L)
同じトヨタ車のアルファード/ヴェルファイアと比較して、エスティマの方がボディが小さいのに実燃費では悪い結果が出ている。
ドライバーの走り方の差が大きく反映していそうだ。

7位:日産 エルグランド 実燃費8.58km/L

(10・15モードカタログ燃費11.6km/L)
豪華さに加え、走りの性能にもこだわりを持った大型ミニバンで人気が高い。
2010年のフルモデルチェンジで、設計が新しい割には実燃費が良くなかった。

8位:マツダ MPV 実燃費8.47km/L

(10・15モードカタログ燃費12.2km/L)
MPV
豪華仕様になりがちな大型ミニバンの中、質実剛健なシンプルさが特徴。
車体価格が安く手に届きやすい。
マツダらしいしっかりとしたハンドリング性能が魅力だ。

9位:ホンダ エリシオン 実燃費8.43km/L

(10・15モードカタログ燃費9.9km/L)
2004年のデビューから時間が経っており、基本設計が古い。
燃費面では他車より劣る。
エクステリアはマイナチェンジしており、古臭さを感じない。

2.3L~ミニバンの実燃費ランキングまとめ

大型ミニバンを所有する時は相当な燃費の悪さを覚悟してしまうが、最近の車種では極端に燃費の悪い車種は無い。
最も悪いエリシオンですら8km/Lを超えるのには驚きである。
車種ごとの差が少ないので、ドライバーのアクセルの踏み加減で大きく燃費は上下しそうだ。
アルファード/ヴェルファイアなどの車種へのハイブリッドバージョンが待望されている。

過去記事(2011/03/23)

MPV(マツダLY3P)の口コミレビュー

マツダMPVの基本性能

ミニバンでもスポーティーな走り

マツダMPVはミニバンらしからぬスポーティな走りがアピールポイントとなっている。
2.3LのL3-VE型エンジンは回転フィールもスムーズで吹けあがりがいい。
現在のラインアップでは廃止されているが、初期モデルにあったターボエンジンも評判が良かった。
エンジンが元気なだけでなく、シャーシー、ボディの剛性が高いことも特筆すべき特徴。
引き締まったボディは車体を思った通りに操れる高いレベルのハンドリング性能をもたらしている。
直進安定性も抜群だ。
MPVのオーナーからもドライブフィールについての評価は高い。
ミニバンとは思えないしっかりした走りに満足感を覚えている。

ブレーキも素晴らしい

MPVはブレーキ性能も優れている。
しっかりした足回りも相まって、緊急時も安心してブレーキを踏み込める。
車の基本性能である、曲がる、止まるがしっかりできているので、安心感を持ってドライブできる。

実燃費

マツダMPVのユーザーの実燃費は、7~9km/Lぐらいの口コミ報告が多い。
特段燃費のいい車ではないが、ラージミニバンクラスでは標準的だと言える。
トランスミッションは5ATを採用していおり、燃費に有利なCVTではない。
それでも10・15モード燃費で12.2km/L、JC08モード燃費で11.0km/Lのカタログ燃費を達成しており、ライバルのCVT車と遜色ない燃費性能になっている。

メーカー マツダ
モデル MPV
グレード 23S
メーカー希望小売価格 2,700,000円
年式 2011年
型式 DBA-LY3P
駆動方式 FF
全長(mm) 4860
全幅(mm) 1850
全高(mm) 1685
ホイールベース(mm) 2950
室内長(mm) 2635
室内幅(mm) 1565
室内高(mm) 1210
車両重量 1740kg
最小回転半径 5.7m
サスペンション前 マクファーソン式
サスペンション後 マルチリンク式
エンジン 2.3L
L3-VE型
4気筒
DOHC
トランスミッション 5AT
10・15モード燃費 12.2km/L
JC08モード燃費 11.0km/L

MPV

マツダMPVの室内空間

室内はマツダ車の割には上質

これまでマツダ車の室内のインテリアは評判がよくないものが多かった。
ただし、MPVのインテリアに関しては、満足しているユーザーが多い。
インパネまわりや室内の上質感は車体価格を考えるとコストパフォーマンスに優れたものだ。

乗り心地がいい

MPVが選ばれる理由のひとつに乗り心地の良さが挙げられる。
単に軟らかいだけでなく、しっかりと路面に追従する足回りは、同乗者も安心感がある。車酔いもしにくい。
他社と乗り比べると、2列目シート、3列目シートと後ろにいくほどその違いを感じやすく、試乗でMPVの上質な乗り心地に気付いた人は、他のライバル車種は選択肢から外れてしまう。
このクラスのミニバンの購入を考えている人は、3列目の快適さにも重点を置いている。
MPVはリアのサスペンションにマルチリンク式を採用しており、コストの掛かった足回りとなっている。
エスティマなどライバル車は300万円程度するクラスの車にもリアサスペンションにコストの安いトーションビーム式を採用しているものが多い。

シートの出来がいい

MPVはシートの作りも評判がいい。
1列目はもちろんだが、2列目、3列目も大人が長時間のドライブを過ごせるものになっている。
2列目は左右セパレートのシートが基本形だが、シートアレンジで左右の座席を中央に寄せ3人掛けとして使うことができる。これは、マツダMVPならではのシートアレンジである。
他のミニバン車種の2列目は、分割シートか、ベンチシートにするかの選択を購入時にすることになる。
MPVの2列目シートなら臨機応変にセパレートとベンチシートの使い分けが可能だ。

ボディサイズの割に室内が狭い

MVPの短所は車幅が少し大きすぎることだ。
全幅は1850mmとなっており、日本の道路事情ではかなり大きいと感じる。
駐車場も場所によっては入りにくい。
他の車は大きくても1800mm程度に収まるサイズが多い。
全幅に加え全長も長いが、その割に室内空間はそれほど広くない。
3列目シート使用時のラゲッジルームも広いと言えるものではないし、単純な広さとしては3列目シートは大人が座るのにそれほど余裕のないものだ。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先