car-research.jp
自動車リサーチ

新車モデルチェンジ情報、燃費比較とモーターショー

LX570に2列シート5人乗り仕様追加、ラゲッジ拡大でアウトドアニーズに応える

レクサス・LX570が改良、ラダーフレームボディ+最新デザイン+大型ラゲッジ

レクサスのフラグシップSUV、LX570が2017年8月3日に一部改良となった。新たに2列シート5人乗りモデルが追加発売された。

(写真は新型LX570)
LX570 レクサス

LX570の車両価格は、2列シートも3列目シートも消費税込み1115万円

主力の北米市場では2007年から販売されている現行LXシリーズは、既にモデル末期の時期にきている。ただ、日本向けにはスピンドルグリル化された後期型が2015年よりラインアップされており、まだまだ新しいモデルといったイメージが与えられている。

LX570 2列シート仕様 3列目シート仕様

実際LX570のフロントエクステリアはレクサス最新のデザインルールが盛り込まれており、これは初代モデルからの度重なる改良で実現されてきた。レクサスの象徴でもあるスピンドルグリルは、横桟メッキ装飾と左右両縁に段を持たせた最新型。ヘッドランプについても、スクエアシェイプの三連LEDをメインに、L型LEDポジションランプとLEDシーケンシャルターンシグナルランプを組み合わせることで新鮮味が与えられた。

LX570

正直、ボディシェイプ自体には古さも見受けられるが、これがむしろフラグシップSUVらしい貫禄を引き出す要因となっている。LX570はトヨタ・ランドクルーザー200と基本構造を同じくする姉妹モデルという性格を持っており、このラダーフレーム構造からなる重厚感はモノコック構造のクロスオーバーSUVでは到底手にすることのできないことを証明している。

LX570 ヒッチメンバー

LX570のボディサイズは、全長5080mm×全幅1980mm×全高1910mm、ホイールベース2850mmとなる。日本で扱うにはちょっと大き過ぎるぐらいでもあり、3列シート仕様しか用意されていなかった。ただ、本格的なアウトドアの相棒として考えるなら3列目シートを廃してラゲッジスペース化した2列シート仕様も需要はあるのではないだろうか。パワートレインと税込み車両価格はシート配列による違いはなく、V8 5.7Lのフルタイム4WD搭載の1115万円となる。

#1 匿名さん2017/08/15(Tue)11:52:34
初めからスピンドルグリル前提で作られたフロントデザインではないから、フロントデザインには違和感がある
デザイン的な面白みはないけど、ランドクルーザーの方がまとまってるとは思う
#2 匿名さん2017/08/16(Wed)03:08:19
高額車!。
まったく高級感が無いフロントデザイン。
だっせえクルマ。
#3 匿名さん2017/08/17(Thu)20:55:22
おまえらはLEXUSの良さを知らない人。
LEXUSの流れるシーケンシャルターン 超かっこいい。
#4 匿名さん2017/08/18(Fri)01:05:53
割高な車だけど、意外と走ってるのを見掛ける。
景気のいい人が沢山居るんだな、と実感する。
#5 匿名さん2017/08/20(Sun)20:35:14
LEXUSの流れるシーケンシャルターン →→ダッサ!!、。。レクサス車すべてダサい。かっこわるいですよ。乗ってる野郎は恥ずかしくないのか。ワハハ。
#6 匿名さん2017/08/21(Mon)04:54:54
所詮トヨタ車!!。
レクサス=高級車ではなく
レクサス=高額車!。
#7 匿名さん2017/08/23(Wed)08:45:59
残念なクルマ。レクサス車って購買意欲わかないよな。
#8 匿名さん2017/08/29(Tue)21:35:54
最近のレクサスって何でこうも格好悪いんだろうか??
そんなにスピンドルグリル良いか??

スピンドルグリルにする前の方が絶対格好良い!!って俺は思うけどな・・・。

俺はSUVは全く興味無いけど、SUV好きだったとしたらランクル買うわ。
#9 匿名さん2017/09/05(Tue)17:33:30
お前らLEXUSに謝れ
お前らは日本の恥だ
#10 匿名さん2017/09/05(Tue)17:34:27
LEXUSを馬鹿にする人はコメントをするな
#11 匿名さん2017/09/05(Tue)17:36:14
LEXUSを馬鹿にする人なんて所詮貧乏。
ワハハだって?
調子乗るんじゃねーぞ!
#12 匿名さん2017/09/05(Tue)17:37:21
↑特に、♯5
#13 匿名さん2017/09/12(Tue)15:50:44
お前らLEXUSに謝れ
お前らは日本の恥だ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
謝る必要なし!
表現の自由
『トヨタ車レクサス車のデザインこそ日本の恥』
『日本自動車メーカーの恥』
ってことに気付けよ!
#14 匿名さん2017/09/12(Tue)21:23:38
LEXUSを馬鹿にする人なんて所詮貧乏。
↑↑↑
アホか!
俺は
レクサス車を買う金あるから、
普通にメルセデスベンツやBMWを選ぶだろ。
あえてダサいレクサスを買わないよ!
レクサスは恥ずかしくて買いたくもないし、
助手席、後部座席に人を乗せたくないよね。
レクサス車に乗ってる人間ども気付けよ!
笑われていることを!
#15 匿名さん2017/09/19(Tue)17:14:22
謝る必要なしだと?
てめえら LEXUSの接客しらないのか?
BMWとベンツのるやつは、
ちょーーーーーーーー見栄っ張り。
ただ名前だけだろ?
非国民め
#16 匿名さん2017/09/19(Tue)17:19:07
いっとくけど、
BMWの一番高いやつi8は、約2000万
ベンツは、もっと高い。
じゃあ、LEXUS買うお金じゃ、ぜんぜんたりないよな?へ?
な。♯14 答えろよ。
#17 匿名さん2018/02/12(Mon)01:52:33
ここのサイト、ホントに民度が低いな
給料も低そうなのは文章からもわかるわ

アンチ輸入車
ミニバン乗り
アンチミニバン
アンチトヨタ
アンチレクサス

♯13・♯14は、俺が努力して昨年秋に「駆除」したような
最近見かけない・・・

名前(任意)
コメント

過去記事(2015/08/23)

レクサスLX570が9月に発売予定、V8 5.7Lエンジン搭載のフラグシップSUV

LX570が新スピンドルグリル採用で日本市場に導入、レクサス最上級SUV

レクサスはLX570を2015年9月14日より日本発売することを発表した。

(写真は新型LX570)
LX570 レクサス

レクサスのフラグシップSUVであるLXシリーズは、北米市場を中心に1996年から販売されるモデル。ランドクルーザーシリーズと姉妹車種の関係にもあり、LXシリーズではスピンドルグリルの専用エクステリアが与えられる。

LX570 LEXUS LX570 スピンドルグリル

現行型で通算3代目となるLXシリーズだが、今回はマイナーモデルチェンジということで、新型スピンドルグリルがフロントに設置されるリフレッシュを受けた。これと同時に日本市場に向けて初導入されることになった。

LX570 レクサス リアコンビネーションランプ レクサス LX570

レクサスのトレードマークとして確立してきたスピンドルグリルだが、これまで小さなデザイン変更を重ねることで新たな表情を見せてきた。LX570のスピンドルグリルもやはり新しい意匠が採用される。グリル内の横桟メッキパーツの両サイドは太くなり、糸巻き形状が強調されることで、より力強さを表現したものとなった。ヘッドライトもこの新型スピンドルグリルに合わせた新デザインが採用される。

レクサス・LX570は5.7L V8ユニットを搭載、トヨタ・ランドクルーザーと差別化

LX570に搭載されるパワートレインは、V8 5.7Lの1タイプのみが設定される。トランスミッションは8速ATを採用。JC08モード燃費は6.5km/Lを達成する。

5.7L V8エンジン レクサス

新型LX570の価格は1100万円に設定される。ちなみにトヨタ・ランドクルーザーがV8 4.6Lエンジン搭載で500万円前後からのラインアップであり、これと比較して二倍以上の価格差となる。

過去記事(2015/07/30)

レクサスLX570が8月後半に発売される見通し、5.7L V8ユニット搭載

レクサスLX570が今夏盆明けにも日本発売、V8 5.7Lガソリンエンジン搭載

レクサスに新たにLXシリーズが追加されることは前回レポートでお伝えした通り。その発売日が2015年8月後半頃となりそうだ。

(写真は従来型レクサスLX北米仕様)
レクサス LX570 日本発売

レクサスLX570は3UR-FE型搭載で最高出力386ps、最大トルク55.7kgfm、JC08モード燃費6.5km/L

レクサスLXシリーズはグローバル市場においては1996年からの販売実績を持ち、トヨタ・ランドクルーザーがベースのプレミアムSUVとしてラインアップされてきた。

LX570

今回日本に導入されるのは現行3代目モデルのLX570。同時にマイナーモデルチェンジも実施され、いくらかの化粧直しを受けることになる。スピンドルグリルはNXシリーズやRXシリーズで見られる最新SUVモデルのデザインが採用されることを期待したい。

レクサス LX570

現行LX570北米仕様のボディサイズは全長4991mm×全幅1971mm×全高1920mmで、ホイールベースは2850mmとなる。2m近い全幅は日本では敬遠されそうだが、日本仕様もこれに準じたものとなる。

(写真はレクサスNXシリーズ)
レクサス NX200t F SPORT

LX570に搭載されるエンジンは5.7LのV8ユニットの3UR-FE型で最高出力386ps、最大トルク55.7kgfmというスペック。姉妹モデルのランドクルーザー200では4.6L V8ユニットの1UR-FE型が載せられ318ps/46.9kgfmであった。

LX570のJC08モード燃費は6.5km/Lになる見込み。やはりLX570は大排気量エンジンを搭載するだけあって、ランドクルーザー200の6.9km/Lより燃費性能は悪くなる。

過去記事(2015/05/23)

レクサス・LX570が2015年夏に日本発売予定、5.7L V8エンジン搭載のSUV

LX570、レクサスのフラグシップSUVが日本でも販売される

レクサスのLX570が日本発売される見込みとなった。

(写真はLX570米国仕様)
LX570

LX570はレクサスのフラグシップSUVとしてラインアップされるモデルである。大柄のSUVボディにV8 5.7Lユニットを搭載。レクサスの日本導入車種の現行ラインアップでは、RXシリーズがフラグシップSUVとなっているが、LXシリーズはこれよりもワンサイズ大きい。メルセデスベンツGL550やキャデラックエスカレードといったプレミアムSUVをライバルとしており、主力の北米市場の他に中国、オーストラリア、中東などでも販売される。

レクサス LX570

LX570に搭載されるのは最高出力383psのV8 5.7Lユニット、ランドクルーザー200の高級版

レクサスLXシリーズは、トヨタブランドで販売されるランドクルーザー200の高級版としても位置付けられるモデルである。V8 4.7Lユニットを搭載するランドクルーザー200と比較すれば、LX570はより大きなエンジンが積まれることになり、ダウンサイジングの潮流とは逆行する。ただし最近では原油価格の値下がりの影響もあってか、大排気量モデルの需要が回復しつつあるという観測もある。

レクサス LX570 日本発売

LX570のボディサイズは全長4991mm×全幅1971mm×全高1920mmとなる。ホイールベースについては2850mmでやはりベースが同じランドクルーザー200と共通する。

LX570のスペックは最高出力が383ps、最大トルクが55.7kgmとなる。ランドクルーザー200の318ps、46.9kgmからボアアップされた分のパフォーマンスアップが盛り込まれる。

レクサスLX570の発売時期は2015年8月頃が計画されている。

 RSS

 自動車リサーチ お問い合わせ先